in there once

かつて花の色

315プロNight#214 2019/6/14

凡例

各人の発言は文字色で分けています。
笠間さん=黒
汐谷さん=
駒田さん=
※キャラクターの個人カラーに基づいています

太字=エコーがかかった部分
駒田さんの発言におけるイタリック表記=発音がいい

※有料放送のオフサイドについては個人的に記録していますが、公開はしません



315プロNight#214 2019/6/14

寸劇

手羽先、誰がいちばん綺麗に食べられるか選手権

オープニングトーク

汐:プロデューサーさんおはレジェ! 北村想楽役、汐谷文康です
駒:プロデューサーさんおはレジェ! 古論クリス役、駒田航です
笠:プロデューサーさんおはレジェ! 葛之葉雨彦役、笠間淳です


手羽

汐:は~~い
駒:出だしからね
笠:「3人ともぉ~!」
汐:「3人ともぉ~!」
笠:wwwwや、これ…
駒:これ新しい!
笠:新しいね
汐:そうね
笠:そうだよね、確かに
汐:なかなか見ないクリスさん

笠:だって、そんなにさ、こんな食べ物に対してさ、あったっけ? なんかそんな…
汐:あんまり食い意地張ってる印象ないよね
駒:うん! ない。基本的には、ほら何が起きてもさ「おやおや^^」みたいなさ
笠:そうだよね
駒:「もう、いけませんよ」みたいな感じの
汐:ね
駒:言うはずなのに

駒:たぶん相当おいしそうだったんじゃない?
笠・汐:あ~
汐:手羽先がね
笠:よっぽど食べたかったんだ、手羽先が

駒:ましてや他のふたりだって、オレの手羽先を取るような子たち…
汐:www
駒:ではあまりないわけだから
笠:そうだよね!
駒:よ・ほ・どおいしそうだったんだろうね?
汐:そうね
笠:うんうん、確かに

笠:だってね、みんな、3人ともが取ろうとしたってことだもんね、だってね
汐:そう
笠:wwwww
駒:プロデューサー…www
汐:3人とも食い意地張ってんだね

笠:なかなかそういう意味ではね、雨彦としても、想楽としても、ちょっと珍しいシーンだよねこれね
汐:まあまあまあ、確かに…
駒:これだからもう、僕がこうペチャクチャしゃべってるあいだに、みんなはもう自分の手羽先はもう食べ終えちゃって
汐:もくもく食ってんだね
駒:あまりにもおいしくて、手を出してきたってこと
笠:手を伸ばしちゃったと
汐:あー…まあわかるね、その気持ち


元より手羽先大好きLegenders

笠:まあ手羽先といえばね、我々…
汐:www
笠:中の、中の人間もね
汐:ねえ!
笠:わりと手羽先屋はいきますよ
汐:よく食べてるからね
笠:うん、そうそうそう

駒:ひとり20本くらいはふつうに食べるからね
笠:結構いくよね、ほんとね…いやほんと食べるんすよ
駒:けっこう…
汐:ぜんぜん平気! だって一口とかでいけちゃうし、なんなら
笠:もう無限にいけるよね、手羽先だったら
汐:いける
駒:まあ正直、ちょっと手順がめんどくさいポテチレベル
笠:ハハハwwwww 確かにそうだ
汐:そうだねwww 割ってね、みたいな

笠:そうだよね! だって真ん中でペッて割って
駒:折ってー
汐:割ったりとかね
笠:で、口に含み、ツルっと(駒:ズアアッ)と取りwww

笠:まあ確かにでもあれね、細いほうはねちょっと食べるの難しいよね
駒:そうね
汐:あ~そうね、手持ちのほうね
笠:そうそう手持ちのほう
汐:なんて言えばいいんだろうあれは
駒:あれはもうおしゃぶり用になっちゃうもんね
笠:wwwwwおwしゃwぶwりw用ねwww
汐:wwww
駒:なんか人の話も聞きながら「(モゴモゴ)ん~、わかる~。ん~」
笠:wwww
駒:残りのこしょうとかタレを味わうだけのアレですよね
笠:そうそうそうそう
汐:そうね、もったいないからね
笠:でもあそこはまたおいしいんだけどね
汐:そうなんだよ!


ワケミニイベント前日

笠:でね、翌日(6/15)ワケミニイベントだって
駒:え!!!
汐:あっ!
笠:ハハハwwwww
汐:そうだー!
駒:そっか!
笠:そう
汐:ワケミニイベントやってるんだね
駒:あ、わかった。こん中に誰か行く人いるんでしょ! 行く人挙手!
汐:…行きません www
笠:ハア……そうか……

笠:というわけで、神原さんと、土岐くんと、やまやんと、イトケンくんと、濱野くんが行くと
汐:うん!
笠:いうことで
駒:そういうことですね
汐:ほおほお
笠:楽しんできていただければ皆さんも
駒:きっと面白いでしょう
笠:はいはいはい


梅雨で調子が出ない

汐:いや。いいですよ
笠:うん…wwwどういう「いいですよ」ww
汐:いいイベントになりますよwww
笠:ハハハwww あれ? また用意してきた?
汐:いやwwww
駒:あ?
笠:wwwwww
汐:そんなことありません!
笠:ないすか?
汐:はい!
笠:はあはあはあはあ

駒:あれ? もしかして、梅雨時だからってちょっとテンション落ちてんじゃないの?
笠:wwwwそうなんです、今日も雨がシトシトシトシト降り続いてね
汐:ね~~~そうなのお~~…
笠:もうほんと…
汐:ほんとにボーっとする! 低気圧がほんとに天敵だから
駒:…おいおい気圧感じるとかおめえは神か!
笠・汐:……wwwwwww

汐:ちょっと待ってwww
笠:wwwww意味が、意味がわからな…www
汐:わかるでしょwww なんか、なんとなく、体がおかしい…
駒:そりゃわかるよ!
笠:うん

汐:あっ! あの、や、違うよ、「空が泣いてる…」とかそういうことじゃないよ
笠・駒:wwwwwwwwww

笠:別に言ってないよそんなこと!ww
笠・駒:wwwwwww

駒:「始めて」って!
笠:はい、締めちゃって。ふーみん
汐:はい、始めていきましょうね

汐:はーいそれではプロデューサーさん、今週も僕らと最高な夜を過ごしましょう! 315プロNight…
3人:スタートです!

笠:空が泣いている…
汐:www


315コミュニケーション

汐:それでは最初のコーナーは~?
3人:315コミュニケーション!!

汐:はい、こちらはプロデューサーさんからのメールをご紹介するコーナーです~
笠:はい、そうなんです
汐:はい、じゃあ読んでいきます
笠:うん!


韓国でのライブビューイング

※イラスト添付
駒:おおー!!
汐:可愛い~~
笠:かわいいね。このタッチいいよね!
汐:いいねえ
笠:うん

駒:え、しかもちゃんと46人、やっぱ特徴とらえるのがお上手ね~
笠:そうね
汐:想楽、すごいよなんか想楽。見てみて想楽
笠:ハハハwwww
駒:ほんとだ! ほんとだ!
汐:ほにゃ~~~って顔してる
笠:そうだね、なんかあのかん、あの、あの髪のさ、あのー造形もちょっと珍しくない?
汐:確かに
笠:こんなにこうさwww、おっきな感じの、この髪のwww
汐:www 大福みたいな…
笠:ねえ、大福みたいだもんね
汐:感じだね、食べちゃいたいねえ
笠:食べ…え?
駒:ほんとだ~
笠:wwww
駒:なんか言ったね、今ね
笠:え、空が泣いている?
汐:うん、空が泣い…空が泣いてるよ~
笠:wwww
駒:「空が泣いてるよ~」

笠:いやもう確かにね
駒:上手い!
笠:みんな特徴とらえていただいてて
汐:いいね~いいね~。可愛い

駒:韓国の方ということなのかしらね
笠:どうなんだろうね
汐:なんですかね?
駒:わざわざ、もう、「都内取れねえ!」つって「もう韓国じゃ!」 韓国に行って見てくださった…
汐:wwww ああ、韓国旅行も兼ねてみたいな感じなのかな
駒:日本の方かなあ

笠:いや、その行動力はもうね、すごいよww もしそうだったらねwww
汐:そうね
駒:すごいねー
笠:もしそうならね

笠:まあでもほんとね、もし韓国の方だったらね、まあその海を越えてこうやって応援していただいてる人たちがいるっていうことでね、ほんとに心強い限りですよ
汐:いや~ありがとうございます

笠:これさ、「海外のプロデューサーさんたちのことを配慮してくださったことが」っていうのはキャストたちがさ、けっこう、あのー、そちらのほうの、だから海外の言葉で挨拶もしていたし。あれってさ、字幕とかついてんのかな?
汐:たぶんついてない…
駒:あ、ついてないんじゃない?
笠:え~~~~…
汐:えーー…

笠:じゃあ、日本語を聞いて
駒:聞いて
笠:まあ、意味をわかる方もいらっしゃれば、ちょっとだけしかわかんないって方もいらっしゃるだろうから
汐:うんうんうん
笠:いや、そうなるとね…。ほんとにこの、テンションとさ、熱量でさ、そうやって応援してくださってる海外のプロデューサーさんたちに伝えられてるって、なかなかすごいことだよね
汐:すごいことだよね~…

駒:いやだって、洋楽が好きだから英語とかさ他の言葉しゃべれるようになるかとかさ、K-POP好きだから韓国語しゃべれるようになるかってそういうわけじゃないじゃない?
笠・汐:うんうんうん

駒:現にPさん、ほんとに、まあわかんないけれども、もし、まあ
汐:韓国の方
駒:韓国の方だったとしたら、この日本語すごくない?
汐:や、めちゃめちゃうまいと思う
笠:めちゃくちゃうまいよね
汐:うん
笠:ほんと

駒:うまいっつうかなんら遜色ないですよ
笠・汐:うん
汐:ほんとに
笠:こんな…
汐:綺麗ですよ。言葉選びが
笠:この言葉の使い方がね
汐:うん
笠:そうだよね
汐:ねえ
笠:確かに。…いやあ~ありがとうございます
汐:ありがとうございます

駒:オレだったらもう絶対「笠間! 汐谷! 駒田! おはレジェ!」って書いてる
笠・汐:wwwww

笠:そうだよねwww
駒:もう「さん」の概念すらきっと消えてるはずだもん
笠:うんうんうん
汐:wwww
駒:wwww 「男前!」みたいなww
汐:文章からも伝わってくる距離感の近さね
駒:www
笠:「お疲れ!」みたいなね
駒:うん、そうそうそう。や、だからそういうの付帯効果として、なんか勉強しようっていう気になってくれた?
笠:うん!
駒:材料になれたっていうのは
汐:うんうんうん、そうね。きっかけになったんであればね
駒:もう感激ですよ
笠:う~ん…ありがとうございました
汐:嬉しい限りですね
駒:すごいですねえ

笠:はいはい
汐:ありがとうございました
駒:じゃあ続いてのおたよりのほう行きたいと思います


メール:クリアファイルの匂いが大好き

P名が「ぶんぶん」さん
笠:あれ、これふーみんが出したの?
駒:自分で出したの? おまえ
汐:あ、えーと、わたし……じゃない、何、誰かを名乗る、わたしを騙る誰か…
駒:あ、もういいですwwww
笠:はい、はい、はい、空が泣いてるね~
汐:wwwww

Q. やめられない癖や習慣は?

汐:え~~~?
駒:要は
笠:(クリアファイルの匂いを)イメージできないんだけど
駒:あれでしょ、あの、買いたての靴パカッて開けたときの、あの匂いとか
汐:うんうんうんうん、あるね
笠:あー…新品の匂い
駒:新車開けたときの革の匂いとか
笠:ほおほおほお…

笠:あ、だからその、「新品の匂い」ってこと?
駒:ま、たぶん…
笠:だからその、クリアファイルと限定せず
汐:ま、そういうこと…
笠:だから「新品の匂いっていいよね!」っていう

駒:使いこむと、ほらやっぱ生活臭とかついちゃうけど
笠:あ~~まあ確かにそうだね
駒:新品は確かにいろんなものに独特な匂いがあるよね
笠:はいはいはい
汐:そうだね

駒:どんな匂いが好きですか!
笠:…え~~俺ね、ああでもさ
汐:うん
笠:俺けっこう、趣味がお香ってずっと言い続けてきてるから、やっぱねお香の匂いは好きなのよ。で、今、匂い系のことで何か話すことがあったかなって考えてみたらね、ひとつあって。俺車好きじゃんか
汐:うん
笠:車って、外車と日本車ってね、微妙に匂いが違うのよwwww
汐:へー!
笠:新車だとwww

駒:いや待って、まあでも、車の、そら使ってる中の素材によってもそりゃ匂い違うんじゃない
汐:あ、まあまあまあそうだよね
笠:そうだから、もちろん違うんだけど、たとえば向こうの車でも日本製のパーツとかぜんぜん使ってたりすんのよ
駒:ああ…
笠:だけど、たぶんねだからね、その…革とか?
汐:うん
笠:その布とか? に、そのご当地の匂いがついてんだろうなって思うんだけど。またね、ヨーロッパ車アメリカ車でも違う、匂いがwwww
駒:ほんと!
汐:へ~~~

笠:その違いね、なかなか…俺ちなみに、えっと所有したことはないけど、べ、ベンツの匂いがいちばん好きでした
駒:あっそう!
汐:あ、そうなんだ
笠:いちばんいい匂いだなって
汐:え、どんな匂いがするの? ベンツって
笠:金持ちの匂い
3人:wwwwwwwwww

汐:金持ちの匂いね
笠:金持ちの匂い
駒:もう
笠:うん
駒:スタッフ一同激わらですよ
笠・汐:wwww

駒:確かにね
笠:それはね、ちょっと匂いエピソードとしてあったかなって感じ
汐:うんうん
駒:なるほどね
笠:うん。そう

汐:匂い当てとかちょっとやってほしいよ今度
笠:wwwww
汐:「この車種はなんでしょう」って
笠:「ムム?」って
駒:いや車集めなきゃいけないじゃん!
笠:wwww
駒:大変じゃん
笠:めちゃめちゃ金かかるからwww
駒:都内でディーラー回るしかない
笠:そうねwwww
駒:「お願いしまーす」みたいな
笠:や、ヤナセさんとかもう全面協力みたいな感じでwwww
駒:wwww
笠:でやんなきゃいけない

駒:ヤナセってわかるぅ?
笠:wwww
駒:ガラスとかの品質保証とかしてるあの…
汐:うんうんうん
笠:wwwww
駒:もうたぶん、世界のシェアのほとんどを占めてるすごい日本企業だよ?

笠:ふーみんはないの? やめられない癖、習慣
汐:や~~~められない癖かあ…え、なんだろうなあ~?
汐:え~? 何だろう
駒:……いいんだよ、ピー入れるからさ
笠:ハハハwwwww …そうだよ、最近下ネタキャラと化してきた汐谷くん?
汐:wwww
駒:どうしたの?

汐:え、ま、でもね、あの足の臭い…かぐの…wwww
笠:ダハハwwwwww
駒:ウワーーーー!!!!

駒:ピーピピピッピッピーピッ!!!
笠:え、それはさ、臭くてもいいの?
汐:自分…wwww
駒:やば

汐:え、あの、臭くてもいいんです
笠:臭くてもいいの?
汐:自分の臭いだから。うん
笠:あ、自分の足の臭いをにおうのが好き!
駒:じぶ……うわ~その絵面見たくねえ~!

笠:たまにさ、なんか、あのーこれ男女…問わずかもしんないけどさ、耳の裏の匂いを嗅ぐのが好きとかっていう人いるじゃん
汐:あ~。うんうん
駒:いやもう犬じゃんそれ

笠:なんかさ、耳の裏の匂いは、その人の体臭がいちばんあるところらしいのよ
駒:え゛っ!
汐:へえ~そうなんだ
笠:そうなの、そうそうフェロモン的な
汐:フェロモン的な?
笠:出てるらしい
汐:ぜんぜんわかんないんだけど…www
笠:ヘヘヘ…ハハハwwww
駒:え、わかんない
汐:出てんの?

笠:ふーみんとしては足の裏がいちばんフェロモン出てんの?
汐:いいやwwwそんなこと!wwwww
笠・駒:wwwwww

汐:フェロモン感じない! まったく!
笠:俺の、「俺のフェロモン今日も調子いいな!」ってwwww
汐:いやwwww
駒:「今日も香ばしいな!

汐:違う、もう匂いチェックみたいな感じよもう、なんなら
笠:あ~~そうなんだ
汐:「今日だいじょぶかな」みたいな。「クンクン」みたいな

駒:でもさ、あのー、無論いっぱい歩いた日とかさ、蒸れた日とかさ、
笠:いやそりゃそうだよ
駒:当然人間ね臭くなるじゃん
笠・汐:うん
駒:まったくそれでも臭くならない日とかってたまにない? 当たり日
笠:wwwww
汐:当たり日?ww
駒:うん
笠・汐:あ~~……
駒:「あれ? オレ今日めっちゃ動いたよ!?」みたいな
笠・汐:あ~~うんうんうん
汐:まあ確かに確かに。そういう日もある

駒:で、「別に靴も新品のじゃないよ?」
笠:はいはいはい
駒:「え、なんで今日まったく無臭?」みたいな日あるじゃん
汐:食生活とかかな、もしかしたらね
笠:それもあるかもね!
汐:うん。食べてるものとか

駒:いや、待ってください。必ず朝、乳製品も食べてるし
笠・汐:うん
笠:で、毎日ホイコーローとチンジャオロース食べてるしwww
汐:wwww
駒:ハッハッハwwwww

笠:匂いを嗅ぎながらご飯3杯…wwww
駒:いやまあ、少なからず絶対脂系のは食べてるから
笠:そうだよね
汐:うんうんうん
駒:そんな、……そんなことない…
汐:「そんなことない」www
笠:wwwww

汐:え、1日でも食べない日ないの? 肉とか
駒:まあだから、たまーに「あ、そろそろだ」って言ってファスティングした時期、前もなんか別ので話したことあるんだけど
汐:うんうんうん
駒:ファスティングやったときとかは、まあ別としても
汐:あ、じゃあその時期じゃない? でも
駒:いや違う違う違う、それ全然関係ない
汐:あ、全然違うの?
笠:へ~~……
汐:そんな…www

駒:そのとき、もはや心配になるもんね。「えっ…?」
笠:あ、「俺もう無臭のまま人生を終えてしまうのではないか?」みたいなwwwww
笠・駒:wwwww
駒:そんな臭いは求めてない!
笠:うんうん…

汐:いいじゃん臭わないほうがね
笠:まあね
駒:ねえ
笠:うん

汐:…www
笠:ええ…?
駒:もう時間来ちゃったって
笠:ちょっと待って
駒:ふーみんがずっと自分の足の裏かいでっからさ…
汐:嗅いでないよ! そんな嗅いでないゆうて別に…

笠:ちょっと油断しちゃったね? なんか。前回までさ、たくさん読めてただけに
汐:そうだそうだそうだ、うん、リーディング・ドール
駒:ねえ、なんか前回…7、8通くらい読んでたもんね
笠:ハハハwwwww そんなには読んでないけどwwww
汐:俺の足の裏の話いらなかったな
笠:うんまあ…
駒:wwww
笠:これは切らないで使ってください
汐:いや!wwwww
笠:wwwww

汐:は~い…www そんな感じですかね?
笠:うん
汐:はーい、ということで315コミュニケーションでした! プロデューサーさんからのメールお待ちしております!


NEWS315

駒:みなさんこんばんは! 今週も始まりましたNEWS315、こちらはサ・イ・コーなニュースをいち早く皆さんへゆるくお伝えする番組です。わたくし、キャスターの駒田、航、です。よろしくお願いいたし、ますッ
笠:同じく、キャスターの笠間あつこです。よろしくお願いします。そして本日のコメンテーターは、汐谷文康さんです
汐:ええ、よろしくお願いします。…あ、いいですねえ、いい骨格をしてますねえふたりとも、うんうんうん…

駒:汐谷さんは浅草にお店を構える似顔絵屋さん、ということで、
笠:ええ
駒:その分野からの貴重な意見を伺いたいと思います
駒:それでは最初のニュース…です

モバ:Blessing Garden Wedding※省略
ステ:青天の315エール※省略
(キャスターが読み上げている最中、笑い声が聞こえる)

駒:このニュースについて汐谷さんはどうお考えですか?
汐:ええ、いやいい絵が描けていますよ今www
笠・駒:wwwww

汐:いい絵が描けていますよ!ww
駒:ほ、ほんとに描いてるですねえ!
汐:腕が進む進む! いや~いい…
笠:おも、思った以上にヤバいわ
駒:思った以上にwww
汐:いい八の字眉毛ですねえ
駒:wwwwww
笠:なかなか、まゆ…ww 眉毛がヤバいわ
駒:眉毛すごい力入れるねえ
汐:生命力を感じますよ
笠・駒:wwwww

笠:続いてのニュースです

音楽情報:THE IDOLM@STER SideM WORLD TRE@SURE 08 CANADA
ライブ情報:ランティス
ライブ情報:ANIMELO SUMMER LIVE 2019 -STORY-

笠:このニュースについて、汐谷さんはどうお考え?
汐:ええ…いいですよ~…髪が、髪の毛が生きているような
笠:カッカッカwwwww
汐:心地がしますねえ、いやこれはいいですよ、いいものが描けている
笠:ずいぶんリアルね、でもわたし欲しいわそれ
汐:これですか?
笠:もらって帰っていいかしら?
汐:もちろんですよ~
駒:汐谷さんの絵は時価総額500から1千万…
汐:ええ~そうです
笠:1千万ヌ
駒:ペンとスクラップの紙に描いたえ~こちらが、500万から1千万
笠:まあ~すごいわね
駒:いつでも描けるこの絵が完成したようですね
汐:ええ、はいこちらです

(画像表示)
駒:Uhh………
笠:wwwwww
汐:このね、特徴的なこの鼻!(笠間さん) 今にも飛び立っていきそうなこの彼の鼻はすごくね、いいですよ
笠:ヒャヒャヒャwwwwww

駒:かさ、……笠間淳は、すごくいい
汐:はい
笠:これ、こまwwwww
駒:こま、駒田航は
笠:駒田航はwwwwwwwww
駒:ヤバいwwww
汐:wwwwwwwww
笠:これは、今にも、魂が抜けてしまい、天国へ昇っていきそう
汐・駒:wwwwww

汐:え~……
駒:眉毛に全部使われた
笠:眉毛にすべての栄養がとられた
汐:そうですよ

駒:そんな感じでNews315、そろそろお別れのお時間です。皆さん315な週末をお過ごしください。それでは、
笠・駒:また来週!


雨彦さんの「お掃除お願いします」

汐:さて! 次のコーナーは?
3人:雨彦さんの「お掃除お願いします」!

~BGM「Sweep Your Gloom」~

汐:こちらはプロデューサーさんから送られてきた怖い話やお悩み相談を紹介して、供養していくコーナーです
笠:はいはい
汐:は~い

汐:いやね、そろそろこれも、最終回?
駒:ああ!
汐:近くなってきたわけですけど
駒:やめてそんなこと言わないで!
笠:ねえ
汐:ねえ、めちゃめちゃ来てるのでね
笠:すっごいたくさんいただいててね
駒:ありがたい!
汐:ありがとうございます!
笠:ありがとうございます

駒:まあちょっとね、さっきんところで足の裏の話したらすごい時間食っちゃったんでね
笠:そうだよ
汐:そうですね、もうサクサクっといきましょ
駒:ガーンといきましょ。お、サクサクって今言いました?
汐:サクサク!
駒:プロデューサーネーム・さくさんから頂戴しました!


耳の奥に…?

メール:耳掃除をしていたら綿棒の先端が消えた

笠:(スーッ)掃除屋の力が必要かい?(ピシャッ)

汐:wwwww
笠:…耳掃除ってこと?
駒:そういうこと…
笠:ハハハwwwww
汐:そういうことねww

汐:耳掃除がしたい…
駒:「ちょっと横になって~」
笠:怖くない?! これ…
汐:これ、ヤバ…
駒:ちょっとあの耳鼻科行ったほうがいいよね
汐:どこいったの…うん病院、病院にすぐさま行ってほしい

笠:や、でもそれ以後別にね、お体の不具合は起きてない…んでしょ?
汐:なかった?
駒:いや、まだわからない
汐:ない?
笠:www
駒:「ついさっき」だから。起こったのが
笠:あ、そっか! は~…
駒:今もしかしたら、もうこの世に…
汐:そうね! 「さっき私の身に起こっ…」
笠:えええ、ちょっと待って待ってwwww
駒:wwwwww
汐:うそでしょうそでしょ
笠:勝手に、勝手に天に召すなってww
駒:もしかしたら遺言になってるかもしれません
笠:wwwww

笠:ああでもね、もしかしたらね、
駒:はい
笠:「聞こえない。聞きたいはずの315プロNightが聞こえない!」ってなってるかもしれない
駒:ああ~!
汐:え~!!↑ あ~…↓

笠:ああ、大丈夫ですか? Pさん…
汐:だいじょぶかな~マジで…
駒:よほど強く掘ったんだね
笠:ん~~…
汐:相当ね、相当こねくり回さないとなかなか折れないよね
笠:いや、うん、そうだよね

駒:で、耳はでも勝手に基本的には耳かすは出てくる構造になってるらしいから、あんまり掘り返さないほうがいいらしいですよ
笠:いや~…。だって結構あんまりやりすぎると痛くなっちゃうし、で中耳炎みたいなののたぶん原因にもなるんでしょ、やりすぎたら
汐:なんかね、毎日はよくないって聞くよね
笠:うんうんうん、確かにね
汐:やっちゃうけどね

笠:まあ…綿棒で耳掃除気持ちいいもんね
汐:ん~
駒:はい
笠:そうやって耳掃除してたらさ、「あれ…? 先がない…」みたいになってるってことでしょ? これ。怖いよねwww

駒:お耳に何か住んでいるやもしれませんな
汐:あっ
笠:おじさんが?
駒:おじさんが
汐:食べてる? 食べてるのかな? おじさんが
駒:「あ! ごはん来たあ!」つって
笠:…wwwww
駒:食べてるかもしれませんな
笠:ちょっと待ってwwww
駒:「あ! ごはんじゃあ!」つって
笠:「今日は」www「今日はあの綿棒のコクがあるのう!」みたいなwww
汐:「今日はいいなあ」みたいな
駒:「こやつ綿棒白から黒に変えよったわ!」つって
笠:wwwww
駒:wwwwww
笠:あの、耳垢がわかりやすいやつね。たくさんとれたからっつってねww

駒:すいません、また小ネタを挟み過ぎて時間が…
笠:すいません
汐:wwww

汐:はいww じゃあもう1通いきますかね


大学からの帰り道

メール:夜、大きなイノシシに出会った

笠:(スーッ)掃除屋の力が必要かい?(ピシャッ)

笠:我が名はアシタカ!!!!!

笠:wwwww
汐:おおお???
笠:これ怖いよね
汐:乙事主さま…
笠:wwwwww
駒:おっことちゃんがね
笠:これ…これあれでしょ?
汐:ヤバくない? ふつうに…
笠:倒したら「けがらわしい人間ども…」ってやるやつ…wwww
汐:ハハハwwww

駒:イノシシってでも結構サイズあるやつってマジで結構危険らしいからね
笠:ちょっとマジで命の危険あるからね。確かに
駒:強いんだってあいつら
笠:うん
汐:ま、そうだよね

笠:ふつうにたぶんね、もう打撲じゃすまないよ。だからほんとにね、おっしゃってる通り、そのふつうに走って追いかけられていたら、確実にね、後ろからボーン! ってやられて、グキ! みたいな
汐:グルグルグルグル! ってね
笠:くの字にこうウッてなって、ビュウンッて飛んでって、そのままウッてこうエスカレーターにプッてこう…wwww
汐:ガ~~って
笠:ハハハwwww そうそうそうwww になってたよ、おそらく


野生との遭遇

笠:いやでも、ある? 野生動物とエンカウントって
汐:野生動物う? エンカウント…
駒:ないね。こういう感じ、オレたぬきしかないわ
笠:あ~~
汐:あ~でも俺…ああたぬき? かわいいね

笠:え、それこそ岩手とかさ
汐:あるある! あ、でもあるわ!
笠:自然が豊かだったらある、いるんじゃない?
汐:なんか山の中とか車走らせてると、シカとか、道歩いてたりとか
笠:あ~~シカよく出てくるよね

汐:シカとあとね、カモシカっていうね、あの…
笠:えっ?
汐:動物がいるんだけど
駒:えっ
笠:ニホンカモシカじゃなくて?
汐:あ、ニホンカモシカかな?
笠:それ天然記念物じゃんそれ
汐:なんかね、岩手ってけっこうカモシカがいる…っぽくて
駒:へ~~~
笠:え、そうなんだ

汐:なんか地元の小学校 山の上にあったのね。だからなんかその校庭のすぐ隣がもう山なのよ
笠:は~…。はあはあ
駒:へ~
汐:そこにたまに顔出してきたりとか、カモシカ
笠:え~…
駒:「ウィス」って?
汐:「こんちは!^^」みたいな
笠:wwww
汐:「あ、カモシカじゃん!」みたいな
笠:あ、そう
汐:のはね、あった

笠:え、そういうときはさ、放っておくの?
汐:あ、ぜんぜん放っておく!
笠:あ、そうなんだ
汐:別にこっちに来ないから
笠:へ~~

(画像検索)
笠:そう、ニホンカモシカだとこれだよ!
汐・駒:へ~~~~
駒:ふつうにいるんだ!
汐:そう。このね、種類なのかちょっとわかんないんですけど
笠:うん
汐:ま、いる、いるんですカモシカ

駒:なんかヤギっぽい感じだね
汐:そうね
駒:かわいいよねなんか
汐:ツノが生えてて、そうそうそう…
笠:これ、ツノはこれ以上おっきくならないのかなやっぱ
汐:え、どうなんだろう…
笠:だって、ねえ
駒:これで喧嘩するんじゃない? やっぱ
笠:シカとかだったらさ、オスはすっげえ立派なツノ生えてるじゃんか
汐:うんうん
笠:でも…あれも「これでぶっ刺されたら終わるな」って思うもんね
汐:確かに

駒:シカとカモシカがエンカウントしたらどうなるんだろうね
笠:あ~
汐:えー…どっちが上なのかな
駒:一発バトんのかな
笠:「一発やっときます? 先輩」みたいな?
駒:うん。ちょっと…www
汐:wwwww
笠:「シカってついてる者同士いきますか」みたいな
駒:「カモシカが!」つって。「こっちは純正や!」つって
笠:ワハハwwww

笠:…ああ、でもけっこうそれなりに…
汐:あ~!/span>
駒:なるほどね!
笠:伸び、でもなんか殺傷能力、…ああでも思いっきり下向いたらすっごい…
駒:アッパー食らわしたら終わりだね
笠:そうだね。うわ怖いな

汐:岩手で見るのはこの手のほうかもしれない/span>
笠:あ、そお…
汐:うん。ちょっとケモノっぽい感じ/span>
笠:へ~。いやいやケモノは…ww
汐:顔つきが/span>

駒:ほんもんのシカに出会ったら結構「あっラッキー!」みたいな?
汐:シカ…いやでも別にわりとよく見るよ。シカは/span>
笠:ふ~ん!
汐:夜とか。うん、ぜんぜん


ボケ殺し

駒:たまに100匹に1匹の確率でトナカイだったりする?
汐:え、どうなんだろうね? でもほぼシカだと思うよ。トナカイ…トナカイ?
駒:いないですよ

駒:何言ってんすか
笠:なにマジレスしてんだよ!
汐:俺いまボケ殺ししたね?
笠:wwwww

駒:いないですよ
笠:今のはボケ殺しだったよ
汐:「シャンシャンシャンシャン…」つって
笠:盛大な。そうそうそう
汐:いるわけ、いるわけねえだろ!

笠:ハハハハwwwwwww
駒:さあ! さあ~時間だ!
笠:さあ今日はねwww ほんとにwwww 油断しっぱなしだからね
汐:ヤバいですね~…。ちょっとね、はい!

汐:まあというわけで、以上「雨彦さんのお掃除お願いします」でした。プロデューサーさんからのメールお待ちしております!


エンディング

~BGM「String of Fate」~

汐:さて、315プロNightはそろそろEnd of Fateです。番組ではプロデューサーさんからのメールを募集しています。詳しくは番組ページのコーナー紹介をご覧ください
駒:315プロNightは毎週金曜21時から。次回の放送は6月21日になります。もしその日は?
笠・汐:無理!!!
駒:というプロデューサーさんは、ぜひタイムシフトをご利用ください!

笠:315プロNightではチャンネル会員を大募集。会員になるとこのあと放送されるオフサイドを聞けたり、我々が書くブロマガ、Insideレポートも読めちゃうので(駒:Inside Report…)、よろしくお願い致します~。なおオフサイドは(駒:Offside…)最初の5分はお試しで聞けちゃいますので、ぜひ聞いてみてくださいね!

汐:ラジオ放送終了後から1時間の間、営業で上がる信頼度が1.5倍アップ中です!
笠:はい!
駒:イッテンゴバァイ…
汐:お気に入りアイドルをマイデスクに入れて営業しましょー!
駒:My…Desk……

笠:…なんなの?www さっきから
駒:や、だからどうしてもこのエコー、エコーごっこ
笠:ああエコーごっこ
駒:エコーごっこ
汐:やりたくなっちゃうよね
笠:楽しいもんね、うん。「Desk Desk Desk...
汐:Yeah…
駒:まあそんな感じで
笠:「Side Side Side...
駒:毎度のことですけど
汐:うん
駒:ねえ30分は短いですね
汐:短いね~
笠:はいはいはい

汐:ほんとにやりたい、3時間くらい
笠:3時間
汐:リアル、リアルタイムでさ、手紙とかもらってさ
笠:ああ、いいね。それで言うんでしょ? 「3時間プロデューサーさんついてこれる~?」って
汐:「ついてこれるぅ~?」つって
笠:wwwwww
駒:うわウゼエ~~~
笠:ハハハwwwww
駒:絶対ついて行かねえ~~~!!
3人:wwwww

汐:ついて来いよ!
笠:ww

汐:はい、というわけで本日の315プロNightはここまで! お相手は北村想楽役、汐谷文康と
駒:古論クリス役、駒田航と!
笠:葛之葉雨彦役、笠間淳でした! それではみなさん、

3人:おやスピ~~~~~

315プロNight#213 2019/6/7

凡例

各人の発言は文字色で分けています。
笠間さん=黒
汐谷さん=
駒田さん=
※キャラクターの個人カラーに基づいています

太字=エコーがかかった部分
駒田さんの発言におけるイタリック表記=発音がいい

※有料放送のオフサイドについては個人的に記録していますが、公開はしません



315プロNight#213 2019/6/7

寸劇

九郎くんの茶道講座で足がしびれる

オープニングトーク

笠:プロデューサーさんおはレジェ! 葛之葉雨彦役、笠間淳です
汐:プロデューサーさんおはレジェ! 北村想楽役、汐谷文康です
駒:プロデューサーさんおはレジェ! 古論クリス役、駒田航です




足のしびれ

笠:wwwwwなかなか楽しいドラマだったね!
汐:wwww
駒:楽しい
汐:今回もまたね、なんかね、ふだんなかなか見ることのできない
笠:そうだよね
汐:3人の…おちゃめな
笠:我慢してるところとかさ、で、また雨彦もさwww ちょっと悪戯心で「フッ」「ホッ」みたいなwww
駒:もう「フッ」程度であんなしびれてんだから、相当やばいよね
笠:そうだよww
汐:そうね

笠:そういえばあの、3人でさ、高尾山にお焚き上げに行ったときもさ
汐:行っっった~!
笠:3人であのー
駒:はい!
笠:正座してたじゃん
汐:護摩祈祷…
笠:護摩祈祷か!
汐:祈祷してもらったんだよね
笠:したときに
汐:うん。しびれたわあれ~

笠:あのときも、あのときちょっとヤバかったwwww
汐:ヤバかったヤバかったヤバかった
駒:ヤバかったマジで…

笠:あれいちばん食らってたの誰だったっけ?
駒:いやオレでしょ
笠:そっか
汐:駒ちゃんだっけ
駒:正座はやっぱりもう…天敵ですから
笠:wwww 確かに、あのとき駒ちゃんなんかさ、ふつうだったら「あ~~痛い痛い痛い…」って立つけど、もうなんか動けずにもうコロン…みたいになってたもんww
駒:コロン?!
笠:wwころりん、みたいな
駒:コロン?
笠:wwww

駒:今、素で出ましたね
笠:え、なにがなにが?
駒:「コロン」って狙って言ったんですか?
笠:え、全然狙ってないよ?
駒:あ、そうだよね…
笠:え、何?
駒:え、あれ、あ、狙ったな
笠:そういうギャグ的なやつ?
駒:そうギャグ的なやつ
笠:ってこと? あ、じゃあ狙ったことにしといてください
駒:クーーッッ
笠:wwwww


しびれやすい駒田さん

駒:でもあのね、あのツンとかされてもまず「イヤーーッッ」てなるレベルは、オレの中でステージ4なのね
笠:あ、そうなんだ
駒:ステージ5はもう、足に感覚がないから動かない
笠・汐:あ~~~
駒:あたしゃ年中ステージ5になる
笠:あ、えーと、正座をしてしまうと?
駒:正座をすると

駒:みんなが段階的に1・2・3・4・5いくじゃん。オレはもうすでにスタートがレベル3から
笠:wwww
駒:で、すごい速やかにステージ4に入って、「この野郎…無理だ!」って言ったらもう最後白目むいてステージ5
笠:アッハッハwwww もういろいろ抜けた状態で、魂とか抜けた状態で「ホォーーーーーー…」みたいな
駒:自分の足とか触ってみても、ゴムみたいになるなんか
笠:あ~
汐:感覚が
駒:もうほんとに感覚ない
汐:通ってないからね


しびれあるある

笠:でもたまにさ、寝てるときなんない?
駒:なるね!
汐:うそ!
笠:寝てるとき…自分…
駒:腕とか!
笠:そうそう、腕を
汐:あ~!
駒:わかる!
笠:自分の体でひいてたりしたときに、
汐・駒:うんうんうん
笠:夜な夜なこうパッて目が覚めてさ、「うぉっ………」
駒:そうそうそう!wwwww
汐:わかるわかるわかる!
笠:「ぜんぜんない! 手の感覚…」
汐:「このままこの腕、壊死するんじゃねえか」みたいな気持ちになるよね
笠:アハハハwww そうそう、あるある
駒:「え、何これ冷たいし…」みたいになるやつだ

笠:そう、で、もうなんか自分でこう振ってみてもさwww
駒:wwww
汐:わかるわかる!
笠:自分でこう手を持って、振ってみても「ぜんぜん振ってる感覚がしない!」みたいなのあるよね
駒:あるあるある!
汐:血が流れていく感覚がわかるよね、じわあ~~って
笠:wwwwあるある

汐:あるわ…
笠:あれはほんとにね、ヤバいっすよね
駒:みんな、でも一度は絶対それ経験あるよねやっぱ
笠:絶対あるよ、プロデューサーさんたちもね、あると思う
汐:ね~


息をするようにケツドラムの話

駒:自分の体がやっぱ寝返り打ったときの衝撃がすごいからさ
汐:うんうん
笠:www
駒:どっかの部位を踏みつけようもんなら、もう自重ですごい血とめるのよ
汐:支えがね

笠:でもそれで踏まれてたんでしょ、ふーみんは
駒:wwwww
汐:あー押しつぶされてたよ俺はもう
笠:wwwww よかったね…
汐:マジで埋め尽くされてた
駒:全身壊死させるとこだった

笠:ほんとに、ほんとにだから命をなくさなくてよかったね、そのとき
汐:ほんとに、壁と駒ちゃんの体でもうなんか
笠:ねえ
汐:ギュギュッ、ムギュッてなってた

笠:だからその、ちゃんと感覚を取り戻すための、ドラミングかじゃあ
駒:そう、あの、ケツドラム
笠:ああそういうことか
駒:「バンッ、バンッ」「血が…血が…」
笠:じゃあ、これからも変わらずwwケツドラムはさせていただきますので
汐:う…わかりました
笠:はい、よろしくお願いします

駒:どっか遊びに行かないといけませんね、そのために
笠:そうだね!
駒:やっぱり
汐:富士急、富士急
笠:あ、富士急
駒:富士急でケツドラムすんですかあ?
汐:www
笠:あ、いいじゃんいいじゃん
汐:www富士急でケツドラムすんの?

笠:富士急で、えーっとその、FUJIYAMAに乗る前に、「じゃあとりあえずまあふーみんも、ちょっと緊張してると思うから」
駒:乗る前にやんの?www
笠:そうそうそう
駒:乗ったあとがいいんじゃwww
笠:「おしり出しな」つって、「は~い」って、パッパカパッパカ…
汐:パッパカパッパカつって

笠:で、たぶん、戦慄迷宮に入る前は駒ちゃんにやったほうがいいだろうから
駒:やめろやめろ
汐:あ~そうだね
駒:やめろやめろ、もう何をしたってオレは動けないわ
笠・汐:wwww

駒:戦慄迷宮か~~~!!!
笠:だからまあね
汐:行くでしょ!
笠:あのーこの夏になるのか秋になるのかわかんないけど、まあ行ったあかつきにはプロデューサーさんたちにもなんらかの形で
汐:そうね
笠:お伝えしていければいいなと、いうふうに思いますね
駒:はー…

笠:はい、というわけでプロデューサーさん、今週も僕らと最高な夜を過ごしましょう! 315プロNight…
3人:スタートです!


315コミュニケーション

笠:(ロボット風カタコト)それでは、最初のコーナーは!
3人:315コミュニケーション!!

笠:こちらはプロデューサーさんからのメールをご紹介するコーナーです!
汐:はい
笠:(カタコト)はい。それでは、どんどん、ご紹介していきましょう。リーディング・ドール1、笠間淳です


メール:カラフルチアフルトレジャーを着たLegendersのイラスト

笠:ドワ~~~!
駒:上手い!!!
汐:おわ~~~

笠:すごいwwww
汐:美麗
笠:リーディング・ドールが思わず素に戻ってしまう…すごいね
汐:wwwさっそく魂…
駒:うめえ!!

笠:これまた配色がすごいよね
汐:うん、綺麗! かわいい
駒:これなんか水彩っぽいすね
笠:そうね
駒:手描きかね、これは。さすがに
笠:これどうですか?
駒:どうすか? 先生
笠:先生
汐:これね、でもね、デジタルだと思いますよ
笠:あ、ほんと
駒:ヘェーー?!?
汐:うん、デジタルで水彩っぽい感じに
笠:あ、水彩っぽい感じで塗ってんだ
駒:フェーー
汐:たぶん…塗られてるんだと思いますね

駒:みんな顔がいいね!
笠:これでも嬉しいね! あの俺たちのキャラもさ、あの旗を持たせてもらって
汐:そうね
笠:だって今回4thで旗持ててたのはだってふーみんだけだったからさ
汐:北村想楽だけだったからね
笠:いやー…
汐:確かに

駒:旗の持ち方にこだわりを感じる!
笠:ね、キャラクターが出てるよね! これなんかね。これ、あの、ふーみんどういう感じで持ってる?

汐:これね、「旗だよ~」って持ってる
笠・駒:wwwwwwwwww

笠:オーーイ!
汐:wwww
駒:「旗だよ~」って
汐:旗だよ~って
笠:オーーイ!

笠:まあそうだねww 雨彦も「旗だよ」って持ってるからね
駒:「旗ですよ~」って
笠・汐:wwww

笠:はい、というわけで今回もね
駒:素晴らしいなあ
笠:すごく素敵な感じで、今回の衣装も再現していただき、ありがとうございました
汐:ありがとうございました。綺麗
笠:神絵師ばかりと定評のあるLegendersPの

駒:ゴリちゃん(※P名)はこれもう職業じゃないの?! これ
笠:ゴリちゃんwwww
駒:ねえ
笠:本職かもしんないね
汐:ゴリちゃんね、本業っていわれてもね、遜色ない
笠:いや~
駒:いやほんとだよ、「これ趣味です」って言われたらオレはもう引くぜ!!
笠・汐:wwwww
駒:趣味でこんな描けるのかい!

笠:まあね、まあ素敵な絵を送ってくださるプロデューサーさんですが、まあ毎度毎度ありがとうございます
汐:ありがとうございます
駒:ありがとうございます!
笠:また次回以降もお待ちしております!
駒:ハイ!!

笠:というわけで、リーディング・ドール2、駒田航くんでございます
駒:はいいきます!


メール:海辺バカンス

笠:(カタコト)はい、語りたいと思います
駒:任してください、海、行きます!
3人:wwwwww

笠:オワリ!
笠・駒:wwwwww
笠:ダメだ! さすがにリーディング・ドールとは言えない!

汐:理想の、理想
駒:いやースケジュールをね、縫うのも至難の業なんですけれども
笠:う~ん
駒:やっぱ夏は夏の恒例行事をしなければいけないということで、むろんこのふたりも犠牲にはなりますよ海の

笠:「理想の海辺バカンス?」
汐:うん
笠:なんだ?


駒田プラン

駒:やっぱ、
?:どんなことしたい?
笠:とりあえず江の島?

駒:まず早々に繰り出して、炭酸とかふつうのソフトドリンクを飲みながら海でバッチャバッチャ汚れて遊び、そのあと夕方にさしかかったところでいったんシャワーを浴びて、あのハワイアンシャツを着て、海の家で瓶のビールとかあおってガンガン飲んで
笠・汐:はいはいはいはい
駒:そこで初めてアルコール入れるの! 要は日中に入れると、かなり体が発熱するから
笠:めっちゃ語るwww
汐:そうなんだ
駒:そう! あんまよくないんすよ、熱中症のリスク上がるから
汐:ああなるほどね、体にめぐっちゃってね、アルコールが
笠:へえ~~
駒:そう
笠:はいはいはい

駒:夕方くらいになってきたほうが、マジ飲みどきなのね
笠:なるほど?
駒:で、そこで飲んで、今度はちょっとサンセットビーチでサップとかしながらね!
笠:サンセットビーチ…

汐:さ、サップって何?
駒:あの、ボディボードみたいな、このボードの上に乗って、
汐:うんうん。ぷかぷか
駒:ぷかぷか
汐:浮かぶやつ?
駒:に、仁王立ちしてこう
汐:仁王立ち?
笠:え…?
駒:オールみたいのをこぐ
笠:あ~はいはいはい
汐:あ~~~
駒:サップっていうのがあるんですよ
笠・汐:へ~~~~
駒:あれをね。ちょっとやりたいな、みたいな感じ
汐:は~楽しそう

笠:去年俺と駒ちゃん海行ったときやってる人いたねえ
駒:いたでしょ?
汐:あ、いた?
笠:いたいたいたいた


※これ↑はサップと無関係

駒:去年ふーみん来れなかったじゃん(やさぐれ)
汐:夜から合流したんだよ俺!

駒:もうオレたちがバンバン…
笠:バンバン○×※…
駒:飲んでるときには来れなかった
汐:そ~~~……

笠:ま、カレー食って帰ったけどね
汐:ね! カレー食って3人でね!
駒:おいしかったね
笠:おいしかったね

駒:まあ今年もかましたいと思いますけど
汐:そうだね。行きたいなー
駒:僕の(プラン)的にはそういう、計画的な海エンジョイ

笠:まあでも俺たちふたりからしてもさ、海のことはまあ駒ちゃんに任せておけば間違いないから
汐:そうね。うん
笠:まああるっちゃあるかもしれないけど、その上をいくのが駒田航のプランだからね
駒:まあね!
汐:確かに


今年やりたいこと

駒:今年はどんな奇抜なことやろうかね
笠:wwww
汐:え~何があるんだろうね

駒:その場で遊んでる子どもたちみんな交えて、突然のビーチフラッグ大会でもやろうか

汐:あービーチフラッグ大会とか
笠:www「みんなやるよー」って言って?
汐:バレーとかちょっとやってみたいかも
駒:「ビーチフラッグやりたい人ー!」とか言ったら結構集まりそうじゃない?
笠:あ~そうね
駒:ね

笠:ビーチフラッグ、えーとビーチバレー?
汐:ビーチバレー
駒:いいねえ
汐:ビーチバレーやってみたいな
笠:「やりましょー!」つって?
汐:うん

駒:子どもたち差し置いてガンガンやりますよ
笠:wwww
駒:「どけーー!!!」
笠:wwww
汐:おとなげねえ
笠:ハッハッハwwww

駒:大変なことになりますね
笠:まあね
汐:??しないと

駒:あっだめだ。こんなにいっぱいしゃべったら
汐:ヤバイヤバイヤバい
笠:今年の夏も楽しそうですね

駒:次のリーディング・ドールいってらっしゃい!
汐:はい!
笠:リーディング・ドール3、汐谷文康くん
汐:はい! ヨミマス!


メール:プロデューサーにかける言葉

笠:なるほど~
汐:ふんふんふん
駒:じゃあこれはリーディング・ドールらしく
汐:リーディング…
駒:もうポンポンポンと
笠:そうだね
駒:コメントして
笠:もうインプットして、アウトプットをすると
駒:次にいきましょ
汐:そうですね、そうですな
笠:いう感じで


雨彦の言葉

駒:じゃあいつものあいさつの順番からにしますか
笠:俺からいく?
汐:笠間淳、俺、駒ちゃんね

笠:はい。…wwww

笠:ちょっと待ってwww
汐:ととのってないの? まだ?
駒:ととのってないの~?
汐:ととのってないのお~?
笠:ちょっと待って待って待って、お疲れ気味のときでしょ?
汐:「笠間さん」北村想楽の声だ!!!!)
笠:「どんなふうに声をかけると思いますか?」ね
汐:そうそうそうそう
笠:オッケー

駒:あくまで我々の、予想ですよ
笠:俺の、俺たちの
笠・汐:考える、
駒:3人の
笠:想楽・雨彦・クリスが、お疲れ気味なプロデューサーにかける、言葉ね。はいオッケーです

笠:「よう、疲れてんのか。仕方ねえな、肩でも揉んでやろうか? …飲みに行く方がいいか? じゃあ、どっちもってのはどうだい?」

駒:なるほど
汐:うん
笠:以上
駒:あ、でもねえ、リアリティあります
汐:いいですね
笠:はい
駒:雨彦言いかねませんね
汐:「どっちも」っていいですね
駒:まるで「俺が行きたいんだよ」っていう雰囲気を出しながら、確実に顔色をうかがって
笠・汐:wwwwww

汐:分析していく!
笠:あ~なるほどね
駒:頭いい感じ出てます
笠:はいはいはい


想楽の言葉

笠:続きまして?
汐:じゃあ僕が
笠:しょらきゅん!
汐:はい

汐:「プロデューサーさん、お疲れさまー。ふふっ、頑張るのもいいけど、ほどほどにねー? プロデューサーさんが風邪引いちゃったら困るからさー。はい、差し入れどうぞー」

笠:なるほど!!
駒:ふむ…確かに
汐:はい

笠:なんかやっぱり…ね! 我々が今までやってきた…その…キャラの役作りのたまものか、「言いそう!」って思う
汐:言いそう
駒:言いそう
汐:なんかね、セリフでこういうっぽいセリフね、録ったような気がすんですよ
笠:おい!
汐:こんな近い…
笠:おおい!ww
駒:おや~~?
汐:あ、でもね、まったくのパクリではない
笠:パクリではないね
汐:たぶん、たぶん大丈夫なはず
笠:ちょっと、こう…
汐:ちょっと僕のアレンジ
笠:アレンジが入ってんだね
汐:効かせてますね
笠:なるほど
駒:なるほど

汐:なんかまあ、そのーなんだろな、はっきりと言わないけどちゃんと心配してて、ものを買ってくるあたり、なんか想楽くんぽいなって
駒:なるほど
笠:あ~~ なるほど


クリスの言葉

笠:はい! 続きまして
駒:はい
笠:クリスくんの一言

駒:「プロデューサーさん、頑張っておられますね。ただ、無理はしないでください。あっ、そうだ。もし気分転換が必要なのであれば、この海なんてどうでしょう! あっこちらも! 実は先ほど海の雑誌を買ってきたんです。一緒にちょっと見ませんか?」

笠:んなるほど!!
汐:ふんふんふん
笠:言う言う!
駒:言いそう
笠:言いそう
汐:いいねえ

駒:押しつけレベルは限りなく低い…
笠・汐:うんうんうん
駒:「自分も楽しくなるからプロデューサーさんどうだろう?」みたいな
笠:そうだね!
駒:塩梅

汐:ちゃんと…
笠:海のプレゼンはもう外せないもんね、クリスとしてはね
駒:外せません。やっぱり
笠:あ~~
汐:ちゃんとリードしつつ相手を尊重してる感じが
笠:はいはいはい
汐:クリスさんらしい感じしますね
笠:そうでしたねえ~

駒:クリちゃんもね、あの可愛らしいけど大人なんでね!
笠:そうね! 確かに確かに
汐:うんうんうん

笠:はい!
駒:まだいける?!
汐:まだ行けない?
笠:ハッハッハwwwww
汐:終了です…

笠:まあでも、画像を入れると…
汐:3通だよ3通!
笠:あ、3通か
汐:3通
笠:ああそうだね

汐:4通までの道がちょっと程遠いですね~…
駒:いや、上出来ですよ!
笠:よしよしよし

笠:というわけでありがとうございました~
汐:ありがとうございました、綺麗にととのいましたね
笠:はーい、というわけで315コミュニケーションでした! プロデューサーさんからのメールお待ちしております!


NEWS315

汐:みなさんこんばんは、今週も始まりましたNEWS315、こちらは315なニュースをいち早く皆さんへお伝えする番組です。わたくし、キャスターの汐谷文康です。よろしくお願い致します
駒:同じく、キャスターの駒田こうこです。よろしくお願いします。そして本日のコメンテーターは、笠間じゅんこさんです
笠:アッハッハッハ~~~↑↑ よろしくwwwwお願いしますwwwww
駒:ん、ん?

汐:笠間さんは、今メディアで大注目の節約のプロフェッショナルということで
笠:あ~そうなの!! ンフ!
駒:ミニマリスト!!
汐:その分野から貴重な意見を伺いたいと思います
汐:はい、それでは最初のニュースを

モバ:来て見て触れ合おう! アニマルサファリパーク※省略
ステ:WORLD TRE@SURE in RUSSIA※省略

汐:このニュースについて、笠間さんはどうお考えですか?
笠:ああ私? ウフフ、アニマルサファリね、アニマルサファリは大事ww
汐:はい、アニマルサファリです
笠:そしてね、ロシアに行くのも大事ww だからね、その、ふたつに行こうとしたらやっぱり節約っていうのは大事だと思うの(早口)
汐:そうですね
笠:だから、節約をするための、今日はアイテムを持って来たのね!
汐:お、なんでしょうか
笠:節約棒ね、これ! 節約棒! 節約棒…
汐:節約棒
笠:節約棒をプッてやるとこれ節約になっちゃうから!
汐:おおおお
笠:wwwぜひ使ってみて!
汐:プッてやると…
笠:そうポッてなるの!ww はいwww

駒:じゅんこさん、夜のプールサイドでナイトサファリの棒ってなんですか?
笠:ぼう…
駒:ぼう…
笠:ポッ?
汐:…wwwww

笠:なによ。早く次にいきなさいよ
駒:クーーッ……続いてのニュースです!

笠:その笑いを節約しなさい! 節約棒よ! 棒よ! 棒でピュッとやる…棒でプッとやる…せつwsj節約できるわよ?

音楽情報:THE IDOLM@STER SideM WORLD TRE@SURE 08 CANADA
ライブ情報:ランティス
ライブ情報:ANIMELO SUMMER LIVE 2019 -STORY-

駒:このニュースについて、笠間じゅぅんこさんはどうお考えですか?
笠:ああ私? あれどうしたの? なんか「ハア~」とかってお疲れ? お疲れでしょ? お疲れのときにはやっぱりね、あの節約大事よ?(早口)
駒:はっ、疲れにも節約…?
笠:節約を大事にするために私は新しいアイテムを持ってきたのよ!
駒:どんなの?
笠:節約…ロボットっていうのがいてね!
駒:おおロボット!
笠:今からボタン押すわね! 「rrrrrrrrrrrセツヤク、セツヤク、セツヤクスルタメニハ、コチラヲ、ドウゾ」 ほら可愛いでしょww ほら、「セツヤク、セツヤクrrrrrr」
駒:うーん…
汐:wwwww
駒:クーリングオフ
笠:wwwwwwww

汐:NEWS315www、そろそろお別れのお時間ですwww
笠:いいでしょ? これロボット。「rrrrrセツヤク」
駒:クーリングオフ!!!!
汐:廃棄です。皆さん315な週末をお過ごしください。それでは、
駒:また来週~~
笠:マタ来週、rrrrrr


雨彦さんの「お掃除お願いします」

駒:さて! 次のコーナーは!!
3人:雨彦さんの「お掃除お願いします」!

~BGM「Sweep Your Gloom」~

駒:こちらはプロデューサーさんから送られてきた怖い話やお悩み相談を紹介して、供養するコーナーです
笠:はいはいはい…
駒:というわけで
汐:来ましたな
駒:この、定番のね、おもしろいコーナーでございます
笠:うん
汐:はい

駒:早速、いっちゃっていいすか?
笠:どうぞ!
汐:お願いします


インゲンが落ちてると思ったら…

メール:つまんでみたらアオムシだった

笠:(スーッ)掃除屋の力が必要かい?(ピシャッ)

汐:ん~~~~~~
笠:www
汐:これはちょっと…
笠:ていうかさww もうあの、「あ、インゲンが落ちてる!」ってwww
汐:そこからだよ! 突っ込みどころとしては!

笠:まあでもね、確かにね、あのー、このときどういう状況だったかわかんないけど、疲れてるときとかって、なんかほんとに見間違いしたりするときって確かにね、あるんだよ
駒:あるね
汐:あ~…


笠間さんの見間違い体験

笠:俺が、一回、これいちばん見間違いで、ほんとにそういうふうに見えて恐ろしかったことが高校時代にあって
汐:うん
笠:高校時代に、あの普通にこう授業受けてるわけよ。たぶんそれ昼休憩で飯食ったあとの授業だったかな? でこうやって授業受けてて、パッて見たら、人のね指が落ちてんのよ
駒:え、ヤバ…
笠:「ええ?!」って思って
駒:殺人事件やん…
笠:「これ人の…えっ、大丈夫? 大丈夫?」って思って、もう明らか、中指くらいの太さの指が落ちてるって思って、「うわ…」って思ってよく見たらソーセージだったことがある
汐:wwwwww

笠:ソーセージっていうかウインナーね
駒:あ~。まあでも
汐:ウインナーがね、落ちてたのね
駒:まあウインナーとかよくね
汐:お弁当とかにね
駒:子どもたちがネタでよく遊んだり
笠:そうねwwww ほんとにそのときは指に見えて!
汐:うんうんうん
笠:あれはさすがに「うわ~…だ、誰の指…?!」って思ったらまあ…ウインナーだったっていう話だったんだけど
汐:一瞬ヒヤッとするね


虫が苦手

笠:まあまあまあ見間違いで、まあ今回はインゲンに見えたんでしょうね、アオムシをね。ハハハwww
駒:…これさwww ほんっとにそういう発想だったらめちゃめちゃいい子だよね
汐:そうね?

駒:いやでもオレアオムシ握るの無理だよもう…
笠:いやでもふたり「うぉ~!」って言ってたけどー…そんなにやっぱ気持ち悪い?
駒:気持ち悪いよぉ~!
汐:あ~~どうだろうね? いやまあ小学校とかだったらたぶん平気だったかもしんないけど
笠:あ~
駒:わかる!
汐:今はちょっとね、もう触りたくない…/span>
笠:まあよりリアルになっちゃうか。こう…掴んでふにって、しかもインゲンだと思ってつまんだものだもんね、だってね
汐:そうそうそう
駒:そうだよ…
笠:うん…

駒:いや、あれはヤバいよ。やっぱ虫はダメだ!
笠:wwww
駒:虫はダメだ!
笠:ほんとにそういうのに弱いよね
駒:も~~ダメなんだよ…
笠:虫とかさ
駒:ダメ…
笠:wwwwwww

笠:虫苦手?
駒:ダメッ

笠:www乙女か!
駒:カブトムシとクワガタはいけるよ
笠:あ、いけるんだ
駒:あいつらは小学校んときにいっぱい戯れたからさ
笠:あ、ほんと
駒:(ささやき)…それ以外の虫はキッツイわもう…

笠:え、小学校の時ってまだドイツ?
駒:いや、1年生から4年生頭まではいる
(汐:ヒエ~~~)
笠:へえ~…なんかふーみん「ヘエ~」って
汐:いやもうなんか作家さんが…作家さんがなんか画像検索して
駒:ウワーーーッッッ!!!!

(画像検索)
笠:あ~~…
駒:なん、なんだこれ、背中から生えてるみたいなこれよお!
汐:アオムシ調べてる…

笠:このタイプのアオムシ見たことないけど…
汐:なんかアオムシの背中にサボテンみたいなのボボボボボッて生えてる
笠:これなん…なんの…
駒:アオムシのSSRやこれ…
笠・汐:wwwww

駒:すごい気持ち悪いわ
笠:SSRアオムシ?www ヤバい、出て来てほしくないけどねSSR
駒:ね、やだよお~…
笠:「わ、虹色!」って思ってパッて出てきたらさ、このタイプのアオムシなんでしょ?

駒:ちょっと…ちょっと…
笠:あれ上に何つけてんだろ? あれ
駒:え、なんだろね。花?

汐:あ~! き、…キセイバチ…?

笠:あ、やっぱそっか。やっぱ寄生されてんだね
汐:ウエ~~~…見れない無理…
笠:いるいる

駒:ちょっと、話の話題変えてくれよ!
笠:ああ、じゃあ続いていきましょ
駒:すっきりした供養しようぜ!
汐:そ…そうすね…
笠:次はスカッと、スカッとするものでしょ?
駒:頼む! いってくれ!
汐:スカッとしたものを読んでいきますね…
笠:頼むよ!
駒:スカッとしたのでな!

笠:ふーみん、よろしくお願いします


麻酔をせずに…

メール:注射が嫌いなあまり、やけどした皮膚を麻酔せずに切除

汐:「(前略)『深くまで損傷してるから、皮膚を切除したほうがいいです』」
駒:アーーーーッッッ!!! アーーッッ アーーッッ

汐:「そう言った先生が取り出したのは、麻酔の注射器」
笠:ほう
駒:…ちゅうしゃ!!!!
笠:wwww

汐:「(中略)私は何よりも注射が苦手で」
駒:オレも!!!!

汐:「避けられるものは避けてきていました」
駒:オレも!!!!!!

汐:「たとえ麻酔とはいえ注射はしたくない」
駒:アア!!!

汐:「注射は絶対に嫌だ!」
駒:イヤだ!!!!!!!!!!
笠:wwwwうるさいよwwww

汐:「(中略・結局麻酔はせず、)皮膚をハサミで切り取ってもらいました」
駒:アーーーーッッッ!!! アーーッッ アーーッッ

※後略

笠:(スーッ)掃除屋の力が必要かい?(ピシャッ)

笠:www
汐:いや~…
笠:これ薫先生(案件)でしょこれ
汐:ああそうね、これ薫先生のほうが
笠:「外科医の力が必要かい?」でしょこれ
汐:そうだよwww
駒:ほんとだよ
笠:wwww

駒:ええーっ!
笠:え、でもさあ…これ…
駒:これ「麻酔をした方がいい」、いいってことは…痛かったってことだよね
汐:いやそりゃそうでしょ…
笠:そりゃそうだよ
駒:いやいやいや…

笠:でもすごいね…メスじゃないんだよしかもハサミなんだね
汐:うーー……

駒:なんかさ、肌ってさ、この、全然神経通(かよ)ってないし肌くらいじゃ血出ないじゃん
笠:うんうん
駒:でもさなんか、はがしたりさ、なんかあかぎれみたいになってるとこピュッてやるとすっごい痛みがあるじゃない
笠:そうね
汐:確かに確かに

駒:あいつらなんなん?

笠・汐:wwwwww
笠:ちょっと待ってwww なんで急にwww なに…ww 駒田航青年みたいの出て来て「あいつらなんなん?」wwww
駒:ほんと
笠:wwww
駒:ほんっとに!
汐:あ~…

駒:血も出ない分際でよお! なんであんなにじかに痛みが伝わってくる
汐:確かにねー…
笠:確かにね
駒:それをハサミで切ってるってことだよね?
笠:そうそうそう、そうだよ
駒:うわ~もうちょっと無理、もうギブギブ。あげる!
汐:あげるww
駒:あげる! しゃべってしゃべって

笠:え~~~~足首のあたり…?
駒:痛いよ…
笠:で、しかも、これまあ、そういうね、病院の先生ってわりとね、なんかサラッと言うんだよねこういうこと。「あ~深くまで損傷してますから、皮膚切除したほうがいいっすね」
駒:アーーーもうそんな笠間先生キライ!!!!
笠:wwwww

笠:って言ったんだろうよwww
汐:うんうん
駒:アー…
笠:で、麻酔の注射器をボッと出してきてね
駒:ウウウウ…

笠:うーん…うわ~~これは怖いけど…結構このコーナー、わりと体的に痛々しい…お便りも多いね結構ねwww あの、角膜を剥がしてしまった疑惑から始まり
汐:でもあの、あれじゃない? 「痛いの痛いのとんでけ~」ってやりながらすれば、きっと痛くないよ
駒:え、舐めてんの? おまえ

笠:どういうこと?
汐:ほら、言ってみなよ
笠:あ、じゃあ、とりあえずじゃあふーみんに、「痛いの痛いのとんでけ~」って
汐:いや俺じゃない俺じゃない! これだって雨彦さんに掃除してほしい…まあ笠間淳でもいいですよ?
笠:ちょっと待ってww「痛いの痛いのとんでけ」って
汐:「とんでけ~」って言えばねきっとね、もうね、注射の痛みとかね、忘れてもう注射できるようになる! これから!
笠:wwwww
駒:そうだな! そうだわ!
汐:そういう暗示あるから!
駒:それある!
笠:ああそうなの?
駒:頼んだ!

笠:じゃあここはまあ、あの、俺でいきますよ
汐:OK!
笠:俺でいきます

笠:「痛いの痛いのとんでけ~」だよ~

汐:wwwwちょっと!
駒:おい! ふーみんやめろよ!
笠:wwww ふーみん!
汐:いやwww
笠:今フリだったのか今!
駒:じゅじゅんがやるって言ってんだからなんでふーみんやんだよ!
笠:そうだよ! なんでやるんだよ~!

汐:なんなんだよこいつら…
笠・駒:wwwwwww

笠:wwwはい、というわけでね! そろそろお時間ということで
駒:はい! ということで、以上「雨彦さんのお掃除お願いします」でした。プロデューサーさんからのメールお待ちしております!
笠:います!
汐:へえい!


エンディング

~BGM「String of Fate」~

笠:さて、315プロNightはそろそろEnd of Fateです。番組ではプロデューサーさんからのメールを募集しています。詳しくは番組ページのコーナー紹介をご覧ください
汐:315プロNightは毎週金曜21時から。次回の放送は6月14日になります。もしその日は?
駒:むりぃ!
笠:むりぃー!!
汐:というプロデューサーさんは、ぜひタイムシフトをご利用ください!

駒:315プロNightではチャンネル会員を募集中。会員になるとこのあと放送されるオフサイドを聞けたり(笠:Off side…)、我々が書くブロマガInsideレポート(笠:Insideレポート…)も読めちゃうので、よろしくお願いします
笠:Yeah…
駒:なお、オフサイドは最初の5分はお試しで聞けちゃいますので、ぜひ聞いてみてくださいね!

笠:ラジオ放送終了後から1時間の間、営業で上がる信頼度が1.5倍アップ中です。お気に入りのアイドルをマイデスクに入れて営業しましょー!

汐:はい~
駒:お掃除がどちらも駒田的にはつらかった~…
笠:wwwwそうね まあね、まだ読めてないおたよりもありますので、もしかしたら駒田航を悶絶させるものが、ある、かも、しれませんけど
駒:モンゼツ!
汐:はい!

笠:はいはいはい、というわけで! 本日の315プロNightはここまで! お相手は葛之葉雨彦役、笠間淳
汐:北村想楽役、汐谷文康と
駒:古論クリス役、駒田航でした! それではみなさん、

3人:おやスピ~~~~~

315プロNight#212 2019/5/31

凡例

各人の発言は文字色で分けています。
笠間さん=
汐谷さん=
駒田さん=
※キャラクターの個人カラーに基づいています

太字=エコーがかかった部分
駒田さんの発言におけるイタリック表記=発音がいい

※有料放送のオフサイドについては個人的に記録していますが、公開はしません


315プロNight#212 2019/5/31

寸劇

歌番組のリハーサル

オープニングトーク

駒:プロデューサーさんおはレジェ! 古論クリス役、駒田航です
笠:プロデューサーさんおはレジェ! 葛之葉雨彦役、笠間淳です
汐:プロデューサーさんおはレジェ! 北村想楽役、汐谷文康です

笠:はい!
駒:はじもた
笠:今日もたくさん、おたより読むよ
汐:wwww
笠:wwwww

駒:すごかったじゃん、いっぱい読んだ回なんて
汐:前回はねー
笠:そうだよ!
汐:めちゃめちゃ読ませてもらいましたね!
笠:うん
駒:みんなが「えっ何通…何通…?!」
汐:あ、そうそうそう
駒:「レジェが!」みたいな感じだった
笠:wwww
汐:「えらい!」「えらい、すごいよ!」ってすっごい褒めてたみんな
笠:まあでも、その代わり…コーナーはなかったんだけど
汐:そうなんですよね
笠:wwwww


おたよりを3通以上読めない呪い

汐:コーナーを潰したからね
笠:だから、今回はその潰さず、がんばる
汐:そうね!
笠:いつもはだから2通だっけ?
汐:いつもは2通で、前々回は1通しか読めてないから…
笠:wwww
汐:その呪いをね、やっぱりね、払拭していかないといけないわけですよ
笠:そうだね

笠:じゃ、今日の目標は?
汐:今日の目標は3通?
笠:3通?
汐:3通読みたい!
駒:わ、余裕~!
笠:余裕だし!
汐:ほんとかあ?
駒:(真似して)ほんとかあ?
笠:wwww
汐:いけんのか? おまえら
駒:今のテンションwww 久々だなあ
汐:wwww

笠:なに、また(コメント)用意してきたの?
汐:今日は違いますよ!
笠:wwww
駒:今日は仕込んできたの~?
笠:今日も仕込んできた?
汐:まあまあ、多少はね
笠:「ふたりがこう言うだろうな」と思って、「(真似して)ほんとかあ~?」って言ってwwww


暑い

駒:いや、そんなことよりだ!
笠:はいはい
駒:きみたち。頭もおかしくなるくらい暑いよ
汐:いやほんとに!
笠:そうねえ…
駒:なんだよこれ
汐:もうどこもかしこも暑いですよ
笠:今日も30度超えですか、外は
汐:超えてんのかな?
笠:ねえ!
汐:ねえ
笠:どうなるの?
駒:温泉地に来てるみたいだもん
笠:ああちょっと待ってwww たとえが温泉地?
駒:wwwww
笠:なに、「サウナの中に入ってる」とかじゃなく
駒:そうwww温泉地ww
笠:wwwww
汐:温泉地?ww

笠:温泉地でも涼しいとこあるでしょ!ww
駒:温泉地ってなんか暑いイメージなんだけど
汐:あー、各所で湧いてるからね
笠:まあまあまあね、水蒸気がいっぱい上がってるからね、硫黄の
駒:ちょっとジブリの見過ぎだなオレ
笠・駒:wwww
汐:そうなの?
駒:そうなのかな?ww

笠:まあでもね、毎年「どうやって俺はこの夏を乗りきったんだろうか」って毎年思うけど
汐:わかる
笠:今年もたぶん思うことになるね
汐:いやあ~… だって去年はさ、なんだかんだ寒かったでしょ? 雨が多かったから
笠:そうだっけ?
駒:寒かったあ?!
汐:寒いっていうか、冷夏?
駒:なに冗談抜かしとるんですか?!
汐:いやいやいやいや
駒:は?! 大丈夫ですかあ?!
汐:wwww


かれシャツ

駒:まあそれは今、この我らの中でひとりだけね、長袖着てますからね
笠:そう確かに
汐:まあまあまあ、そうね
笠:いつものあの、駒ちゃんサイズのいつものオーバーサイズのシャツを着て
駒:ねえ、彼シャツ状態にしてくれてるんでしょ?
汐:wwww
笠:あらあ~…そうなの?
駒:あら~~
汐:これ1枚しか着てないんですよ今日
駒:飽きたら全部もらいますからね
笠:wwwww
駒:wwww
汐:そうね、しわしわになったらあげる


古着屋ふーみん

笠:でもさ、ふーみんから受け継いで駒ちゃんが着てるところ1回も見たことないけど
駒:だってくれないもん!
笠:www
汐:あげてないもんww
笠:1枚くらいちょっとあげてみなよ
汐:あー…OK、なんかあるかな
笠:すっごいふーみんが今までイベントとか、あのーそういうの着て
駒:wwwww
笠:ツイッターで自撮りしてたやつを
駒:あえてもらうwwww
笠:あえてもらう!
汐:あー、あるよあるよ全然いっぱい。おおきいやつ

駒:最終回どれか着よっかな、じゃあ
笠:あ、そうする?
汐:あ、じゃあ持ってくるね
笠:じゃあ俺もwww 俺もちょっと、じゃあ貸して!
汐:じゅじゅんも?
駒:wwww
笠:ふーみんが着てたふーみんの服を、俺たちふたりが、トップス、着ていく
駒:OK
汐:あ、わかった
駒:古着屋ふーみんね
汐:ん?
駒:古着屋ふーみんでしょ
笠:そうそうそうww
汐:わかった
笠:よろしくお願いします
駒:楽しみにしてます
汐:洗濯して持ってきますねちゃんと

笠:よし!
駒:相変わらずまとまりのねえスタートで申し訳ねえ
笠:だいじょぶだいじょぶ!
駒:楽しんでいこう
笠:なんとなく落ちたから大丈夫
駒:そうだね www
汐:OK

駒:んじゃあプロデューサーさん! 今週も僕らと最高な夜を過ごしましょう! 315プロNight…
3人:スタートです!


315コミュニケーション

駒:それでは! 最初のコーナーは?
3人:315コミュニケーション!!

駒:こちらはプロデューサーさんからのメールをご紹介するコーナーでぇす!
笠:よっしゃ!


メール:イラスト添付(4th衣装の中レジェ)

汐:すご~い!
笠:でもこのタッチなんか初めてじゃない?
汐:確かに!
笠:なんかこの色遣いとさ
汐:うんうん
駒:どうやって描くんだよこれ
笠:wwwこれ、て、手描き? どうですか、イラストが…
汐:これデジタルだと思う
笠:あ、デジタルなの? これ
汐:これデジタルだと思いますね
笠:へえ~~
駒:へーーー

汐:でもどうだろう、もしかして手描きで線画描いてから、取り込んで、色だけデジタルでやってる…
笠:あ、色だけデジタル?
汐:このタッチは。もしかしたら
笠:へえ~~

駒:毎度、まあイラスト系ご紹介させてもらってるけどさ、きみらはプロなのかい?
笠:いやほんとだよ。神絵師が多いよね
駒:なんか仕事に…仕事にしててほしいレベルだよ
汐:確かにめちゃめちゃうまいよね。手の感じ、めっちゃうまいよ手のこのしわの感じとか
駒:すごくね

笠:これしかも俺たちのこないだの衣装(カラフルチアフルトレジャー)でしょこれ。よくぞここまでね、ちゃんと
駒:いやわかる!
笠:イラストに落としこんで
汐:ね!
駒:完璧だよね
笠:描かれたなっていう

駒:ちゃんとオレたちがさ、第一ボタンまで閉めてるのまでわかるよね
笠:wwwそうだね!
駒:開けてねえ
笠:確かに確かに
汐:細かいところまで
笠:確かに細かいところまで
汐:見てくださってる

笠:はい!
汐:いやありがとうございます!
笠:ありがとうございます!
駒:ありがとうございます!

笠:よし、まだまだ行くぜ!
汐:行くぜ!
駒:お! ペースいいぞ!


メール:イラスト添付(両脇からしおやくんを押しつぶす写真の模写、新人Pさんからのメール)

3人:wwww

笠:いいね、なんかノスタルジックを感じるタッチじゃない
汐:味があるね

笠:これ…あの、オールナイト放送っていうかオールナイトイベント、いつかレジェだけでやらせてくださいwww
汐:ほんとにやらないんですかね?!
駒:ほんと。どうにかしてくださいよ
笠:wwwww

汐:5周年ですからね
駒:あのー、別に台本なんかなくたって6時間くらいはいけますよ
汐:ぜんぜんしゃべれるね
笠:そう!
駒:ただ、やるってなったら台本は用意しなきゃいけないでしょうね!
汐:www
笠:ええ、お願いしますね!
3人:wwwww

笠:急に日和るwwww
駒:お願いするスタイルwww

笠:いやーでもね、ありがたいよね! こうやって、しかも楽曲を経て、Legendersに惹かれていただき、そして今回、俺と駒ちゃんが抱きしめている(イラストを)
駒:そうあの、宣言通りね
汐:はいはいはいはい
駒:ごあいさつの
笠:送っていただいたと

汐:これ抱きしめてるって言っていいのかちょっと謎だけどね
駒:ちょっとね、あの、ぴよが混ざってるもんね
笠:wwwほんとだ!
汐:ちゅんちゅんがね
笠:あ、そうだね

笠:いやでもね俺もぶっちゃけね、あの写真を撮るときはね、抱きしめるつもりじゃなくて、押しつぶすつもりでやってたよ

駒:オレも…
汐:そうよね
駒:抱きしめるなんて概念はなかった
笠:そうね
駒:挟んで潰す
汐:閉じ込められてる感じだった
笠:そう、挟んで潰すって感じだった
汐:そうだよね
笠:wwww

汐:世間一般の考える「抱きしめる」とはちょっと違うよね
笠:そうね
駒:オレのこの、腕の
笠:wwwwww
汐:なんかすごいよ、盛り上がり方が。上腕のここ、ここは何?

笠:そういう意味で言うと、ほんとにかなりよく見られて
汐:うん
駒:そういうインパクトあったんだね
笠:再現していただいてるよね
汐:まあね、ありがたいっすね


アンチエイジング放送

駒:まあでも日ごろからこのスタンス変わってないですからね
笠:そうそう
駒:営業のためのこの感じではないんですね
笠:www で、そのスタンスでラジオやってたら、毎回、まあね、ここにも書いていただいてる通り「体感時間がたいへん短く」って言っていただいてるので
駒:せやねん

笠:なんかよく言うやつですか? これもしかして。「体感5分」とかいうやつ?
汐:じゃない? なんかしかもね、やっぱ人間ってそうやって体感時間が短いと、なんかその…なんていうの? 歳とる感覚が遅くなるんだって。ちゃんと
笠:へえ~~~~~
駒:どゆこと? 体感が速いと
汐:体感が速いと
駒:歳とるのが遅いの?
汐:うん。らしいよ
笠:へーーーー
汐:ちょっと詳しいことはわからないですけど

笠:だから、与えられた、その一生がもし100だとするならば、体感時間が長ければ100をたくさん消費し続けていくけど、体感時間が短ければ文字通り
汐:そうそうそうそうそう…
笠:本来だったら30のところを15くらいになっちゃうんだ、消費が
駒:なるほど。充足感で満ちている…
汐:そういうことね。まあたぶん、実際そういうことなんじゃないすかね
笠:へーーーーー

駒:なるほど
汐:満足感みたいな
駒:つまりオレたちは人生を謳歌してるってことか
汐:そういうことですよ
笠:wwwww

汐:Legendersのおかげで、あのー…歳とりにくくなるっていうことですよ
駒:マジか!
汐:アンチエイジングだよ!
駒:すげえ!
汐:俺らはアンチエイジングなんだよ!
笠:そういうこと?
駒:315プロNightアンチエイジング放送になってるわけだ
汐:うん

笠:ちょっとこれ、うしろのBGMなんかエイジングwwww
(いつものBGMがスロー再生になる)
汐:ヒーリングミュージック流してもらって、この
笠:wwwwwwwwwそうそうあの、権利関係フリーのね
汐:うんうんうん、OKなやつをね
笠:もしね

駒:オレたちいちばん最初の初回から見てても、なんか若返ってるもんね
汐:俺らが?
笠:初回放送の
駒:うん。若々しくなったよ
笠:ラジオの、写真からってこと?
駒:そう。たぶん。わかんないけど
笠:ちょっと待って、前回あの…3人がヒゲ面になったやつをあげたばっかりなのにwwww
駒:wwww

駒:あ、あれね!! あれよかったよねやっぱり!
汐:あれね…
駒:ふーみん外国人すぎwwww
笠:カッカッカwwwwww
汐:いやヤバかった、あの変わり方はすごかった

笠:いやあれひどいよ!
汐:違和感なかったねしかも
笠:マジで。違和感…で俺と駒ちゃんほとんど変わってない
汐:www
駒:ま、オレは多少、少し…
笠:ああ、ああ
汐:ちょっとね
駒:四角くなってたけど
汐:ゴリみが、ゴリみが増してた

笠:でもあれやっぱりさ、ちょっとこう、四角くなって首が太くなって、あごのラインもこうゴツッと…「このコーナーあと4分」って書かれてるwww
汐・駒:wwwww
(BGMが元に戻る)

笠:よし! というわけでね! ありがとうございました!
汐:ありがとうございました!
駒:ありがとうございました!!
汐:次いきましょ、ヤバいヤバいヤバい
笠:はい、行けぇーー!!
駒:行くよ!


メール:メンバーを動物(海の生き物)に例えるなら?

笠:はあーーーー海の生き物!
駒:海の生き物
汐:えーなんだろな

笠:駒ちゃんはね…
駒:来い来い来い来い! さあ来い! メジャーどこ来いよ!
汐:駒ちゃんはなんだろ、やっぱデカいやつだよね
駒:来い来い来い来い!
汐:シャチ感ない?
笠:シャチ…シャチ強いもんね
汐:うん

笠:メガロドンでもいいけどね

www.cnn.co.jp

汐:メガロドン
笠:wwww あの、ホオジロザメの超デカいやつ
汐:あ~~
駒:あの超デカいやつ
笠:そうそうそうwww

(画像検索)
笠・駒:アハハハwwwwww
汐:ヤバいヤバい、ヤバい画像出てる
笠:今メガロドンの画像出していただいてます
汐:メガロドン、うん
駒:ワハハwwww

駒:じゃあオレがじゃあシャチとか、まあメガロドンだとしましょう
笠:メガロ…www

駒:ふーみんは?
汐:俺なんだろうね
笠:なんだろう…

駒:ふーみんもうあれ、シロイルカだよね完全に
汐:シロイルカ
笠:あ!
駒:完全にもう
笠:ああわかるわかるわかる!
駒:ベルーガベルーガ
汐:ベルーガ

www.youtube.com

駒:もうきみはマジのベルーガ
汐:お!
笠:あの水の輪っかをポンて出すやつでしょww
汐:あ~!
笠:あのシロイルカって。ポワ~ンみたいなやつ
駒:そうそうそう!
汐:なんか愛情表現のやつだよね!

(画像検索)
笠:あ~
駒:似てるわ! 顔も似てるんだよ!
笠:似てる似てる似てる。シロイル…wwww
駒:ほら! そっっくり!!
笠:シロイルカだよww
汐:あ~

笠:で? 俺は?
駒:いやじゅじゅんは…
汐:じゅじゅんは、タコ?
笠:え…?
駒:あ、でも言いたいことはわかる
汐:タコ感…
駒:一回巻きついたら離さない
汐:いや見た目とかじゃなくて!

笠:え、クラーケンにする? じゃあ

ja.wikipedia.org

汐:あ、クラーケン! クラーケンいいよ!
笠・駒:wwwwwwwww
笠:これまた作家さんがクラーケンのたぶん、あの写真はないから、きっと。伝承みたいなやつに書かれたクラーケンが出てくるww

(画像検索)
笠・駒:アッハッハッハwwwww
汐:やべえやべえやべえ!
駒:これじゅじゅんか!ww っぽいな! クラーケンみはある!
笠:クラーケン
汐:クラーケンみありますな

笠:じゃあというわけで、えー駒田航くんがメガロドン
駒:はい
笠:えーっとwww ふーみんが
汐:ベルーガ
笠・駒:ベルーガ
笠:まあシロイルカで、わたくしがクラーケンということでwwww
笠・駒:wwwww
汐:何とぞ
笠:よし! 何卒www

駒:まだいける!
汐:いけますか?
笠:そういうあの、画像を送っていただいてもいいよ!
汐:え、もういけない?!
駒:いけない?!?!
笠:え、ダメ?! うっそー…

笠:まあでも3通いったから!
駒:いったいったいった!
汐:まあ一応ね!
笠:とりあえず
汐:一応3通いったね!

笠:よし
駒:ハイ!
汐:はい!

駒:ということで315コミュニケーションでした! プロデューサーさんからのメールお待ちしております!
汐:はい!


NEWS315

笠:みなさんこんばんは。今週も始まりましたNEWS315、こちらは315なニュースをいち早く皆さんへお伝えする番組です。わたくし、キャスターの笠間淳です。よろしくお願いいたします
汐:同じく、キャスターの汐谷ふみよです。よろしくお願いいたします
笠:よろしく
汐:そして本日のコメンテーターは、駒田航さんです
駒:ゥン……よろしくお願いシャッス

笠:駒田さんは女性から絶大な支持を得ている恋愛ポエム作家ということで、その分野からの貴重な意見を伺いたいと思います
駒:アーイ
汐:すてき♡
笠:よろしくお願いします。それでは最初のニュースを

モバ:Devil's Rock ライブ※ところどころデスボイスで読む笠間さん
汐:wwww
笠:なにわろてんねん?
ステ:WORLD TRE@SURE RUSSIA※省略

笠:このニュースについて、キャッチャー・イン・ザ・ライ駒田さんはどうお考えですか?
駒:ン~… 恋は、天使に見えて、悪魔だよね………wwww
笠:…はい、ありがとうございます

汐:はい、続いてのニュースです

アソビストアにて理由Miniがプレミアム会員向けに配信中

音楽情報:THE IDOLM@STER SideM WORLD TRE@SURE 08 CANADA
ライブ情報:ランティス祭2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG
ライブ情報:ANIMELO SUMMER LIVE 2019

汐:このニュースについて、駒田さんはどうお考えですか?
駒:…みんな、理由(ワケ)のある恋をしてるんでしょ
汐:ええ
駒:…でも、すべての出会いにARIGATO
汐:ハッ………すてき♡♡
駒:wwwwww
汐:すき♡♡

笠:wwwwNEWS315(汐:すき♡)、ニュース…wwww(汐:だいすき♡♡♡)、NEWS315、そろそろお別れのお時間です。皆さん315な週末をお過ごしください。それでは、
笠・汐:また来週

駒:イェア…
汐:ちゅ♡


伝説の偉人をプロデュース

汐:さて、次のコーナーは?
3人:伝説の偉人をプロデュース!

~BGM「Flowing Freedom」~

汐:こちらはプロデューサーさんと僕たちLegendersで新しい偉人をつくりあげていこうというコーナーでございます~!
笠:はい! 現在募集中の偉人はどなた?
汐:島国 波奈南(とうごく・ばななん)さんですー
笠:はい!
駒:クーーッ
汐:世界にバナナという果物を伝えた人物!
笠:なるほど!
汐:で、ございます
駒:スバラシイ。ありがとういつも世話になってる

汐:ありがとうございます。これもね、なんかほんとにいろいろ、個性豊かなメールをいただいたのでね
笠:画像もいただいてたみたいね!
汐:そうなんですよ
笠:はいよ!

汐:はい、ちょっと気合の入ったメールをね! 早速読んでいきたいと思います
笠:wwww
駒:頼んだ!


波奈南の伝記1

汐:こちら画像ありですね。はい! 僕たちが描いたやつをね、綺麗に
笠:清書やな!
駒:メッチャうめえじゃん
汐:綺麗に清書してくださってますねえ
笠:ああ…これありがたいね

汐:綺麗にしてもなお漂う、あの…ヤバいやつ感
笠:そうねwww
駒:そうすね
笠:確かに

メール:真の名は「甘実芭蕉

笠:はあ~!
汐:はい!
駒:よく考えたね!
笠:よく考えたねえ。これだから、もともとは「甘実芭蕉」(かんみ・ばしょう)っていう方で
汐:そうそうそう
笠:えっと日本人だったんだけど、体を鍛えあげたあと、海外に行かれてたわけね
汐:そうね、両親に勘当されて

笠:で、それで帰ってきたと
汐:帰ってきて。そう、鍛えて帰ってきて
笠:はあ~~~なるほど

駒:まあ大筋オレが考えてた設定とおんなじかなあ

笠:wwww
汐:おうおうおう
駒:さすが、スムージーに助けられたね

笠:じゃあ、ということはこれ、えーと、どこ…海外はどこに行ってた設定で思ってた?
駒:海外?
笠:うん

駒:んー… バハマ
笠:ワハハハwwwwww

汐:いま適当に考えただろ! 絶対
笠:バハマ
汐:バハマ
笠:急にwww
駒:語呂、バナナと語呂がwwwww
笠:wwwwww

笠:なるほど? もとは日本人だが、ムキムキに体を鍛え上げ、両親に勘当されたあとバハマに行き
汐・駒:うん
笠:そして、バナナを持って帰ってきたと!
駒:wwww
汐:持って帰ってきたけど
駒:すごいね

笠:まあでもね、髪を上げてた人がおろすっていうギャップはね
汐:確かに
笠:まあいつの時代も…
汐:ありますな
笠:あるんだと思いますから
駒:そうだね、こういう事例を聞くとオレたちも髪の毛あげとけばよかったね
笠:wwww あ、基本はね
汐:あ~
笠:???あげといて
汐:あ~~~
駒:クーーーッ

笠:さすがになかなかそこまでのセルフプロデュースは難しいよね
駒:そう、いっつもあげてなきゃいけないもんね。まあ、寝起きのままでいればいいんですけどね
笠:wwww きみの場合はね!
駒:wwww そうwwww
笠:そうね、そうですね

笠:はい、というわけでね、ありがとうございました
汐:ありがとうございました
駒:どんどんいきます!
笠:はい、どんどんいきますよ!


波奈南の伝記2

メール:波奈南の子孫

駒:自分使ってくスタイル?!
汐:すごいね!
駒:めっちゃおもしれえ
笠:ちょっと新しいタイプだよね
汐:うんうんうん

駒:え、これあれじゃん。あの「耳にタコができる」って最初あのビックリしたクラーケンの話かと思った
笠・汐:wwwww
笠:そうね!
駒:「え! 頭に笠間淳?!」
笠:要素を詰め込んできたね
汐:耳に笠間淳だね
笠:耳に俺ができるまで話を聞いたんだろうね
汐:なるほどね
笠:どういうことよwww どういうことだそれ

笠:で、えーと? 俺読むことに集中してまったく内容が入ってきてなかったんだけど
駒:先週の写真を見る限りでは完熟前のバナナなんだね
笠:そうだったんだね。これだいぶ…だいぶすごい人だよね、特殊体質で。ということはだから、あれか、あのバナナを全部採り終えたあとも、自分で「ばななん、新しいバナナよ!」ができるわけね
汐:そうだよ。自家栽培できるってことだよ
笠:そういうことだ。そういうことだよね
汐:頭の上で自家栽培してる

汐:先祖なんだね
笠:しかし島国さんもさ、この頭をかいたらさ、甘い香りがするって、すご…どういうこと?
汐:これでもめっちゃよくない?
笠:え?
汐:体質としては
笠:バナナの匂いがする?
駒:要はさ、歳とってって臭くなるとかじゃなくて、甘い香りがするようになればいいよね
汐:甘い香りがするってことでしょ?
笠:じゃあもうなんか、果物が熟すかのように、どんどん匂いがこう…芳醇な匂いになっていくわけ
汐:甘い香りがふわぁ~ってたぶん周りに広がってくんじゃない

駒:でもこれからの季節ヤバいんじゃない?
笠:ヤバいんじゃない?
駒:頭にカブトムシとかめっちゃ飛んでくんじゃん?
笠:そうだよ
汐:あ、確かにそうかも
笠:おお
汐:それ困んなあ
笠:www
駒:ねえ! シャワーとか浴びたらどうなるんだろうね。こう、ゴシゴシゴシって洗ってたらさ、もう…ね! それこそ、あんまり水分与えてゴシゴシしたらそれこそスムージーだよね
笠:wwwww
汐:確かに。洗ったあとの水でスムージーできるんじゃない?
笠:牛乳で洗ってほしいね
駒:牛乳…wwwww めっちゃ飲みたい
笠:牛乳で
汐:すげえじゃん!
笠:牛乳風呂に入って、牛乳で洗ってもらって、
汐:ああそうだ
笠:で、おいしい…
汐:バナナのスムージーができる
笠:バナナのスムージーができるwww
駒:とんでもねえなその絵面

笠:東国さんちょっとマジ来てほしいね、この…
汐:そうね!
笠:収録現場に
駒:そうだね! オレずっときみの頭触るよ!
笠:wwwwww
汐:どんな香りがするんでしょうな

駒:もうね、二度と毛髪が見えないくらいにオレはこするよ
笠:wwwwwそうね。まあだから今回、まあ出させていただいた島国 波奈南を見て、まあ遠いご先祖様だったということで
汐:なるほどね~
駒:でもほんとにずっと「島国」さんだったの? その、名前が
笠:お名前が? いや、あり得るからね、島国さんて
汐:ま、そうだよね。あり得るか…ね
笠:もしかしたら島国さんあるかもしんない

駒:オレ「ばなお」って言ったっけどっかで
笠:えっとね、「ばなお」とは言ってなかったはず
駒:なんかどっかで「ばなお」っぽいこと言ったのか
笠:すごい間違え方がね、おもしろくかつ可愛かったのよww えーっと、『島国ななまん』とか言ってた
汐:「ななまん」とか言ってた、ド忘れしたんだよね
笠・駒:wwwww

笠:なんでwww なんでバナナをもたらした人なのに数値が出てくるんだみたいなww
駒:ホントすいません。しくじりましたね、自分で考えたのにね
笠:そうそう、まあでも今回まあ、島国さんは「ばなお」という新しい名前を…ww 名前をつけてきてくれたということで! ありがとうございました
汐:ありがとうございました

笠:うん、まだね、他にもあるんですよ!
汐:はい!
笠:だけど、新しいお題を
駒:お!
汐:そうね! 紹介していきたいと思います
笠:はい! 我々のこの、「伝説の偉人をプロデュース」、おそらく最後を飾ることになるのかな?
汐:最後のプロデュースになるかもしれないですね
笠:もしかしたら! プロデュースになるのかもしれない最後のお題!
駒:発表しましょう
汐:そうなんです
笠:はい!
汐:心して聞いてくださいね


次回のお題「サキュバ・スザリオ」

汐:じゃ、名前…
笠:誰が言うんだっけ?wwww
汐:どうしようね
駒:じゃあ生みの親いっていいですか?
汐:生みの親から発表してください
笠:生みの親から言ってみてください

笠:はい、では、次プロデュースしていただく伝説の偉人は?!?!

駒:初めて日本に女子校を作った
笠:おお!?
駒:サキュバ・スザリオさんです!

笠・汐:wwwww
笠:…あの、かっこいいと思うよ!
駒:でしょ?

笠:で今回、今まで外国の方がいなかったと
汐:そうね、いなかった
笠:いちおう日本人、ということで、えー今回はなんとなく設定としては外国の方
汐:外国人

駒:これ男性ですから
汐:これ男性ね
笠:だよね?
駒:男性です
笠:あ、でも設定としてはけっこうグッとくるかもね。いわゆるだから、あの、あの妖魔の
駒:そうです
笠:血を引く、とても見目麗しい男性かもしれないです
汐:あ~
駒:そうです

笠:で、その男が日本で初めて女子校をつくる!
汐:ドラマが始まる…
駒:「女子だけが集まっている園がない! What's the hell?!」みたいな。「つくらなきゃ!!!!」みたいなwwwww
笠・駒:wwwwwwwww

汐:ちょっと待って待って、またキャラがちょっとつくり上げられてきてしまったよ!
駒:これ以上明かすことはできない
汐:そうそうそう

笠:今回はまったくイラスト描きませんので
駒:ゼロスター
汐:お願いします
笠:ゼロスタートで、ご自分の思うサキュバ・スザリオを描いてきていただければと
汐:描いてきていただきたい
笠:いうふうに思っております
駒:いろんなサキュバ・スザリオを見してほしい
笠:よろしくお願いします!

汐:はい、ということで、以上「伝説の偉人をプロデュース」でした! プロデューサーさんからの情報お待ちしております!


エンディング

~BGM「String of Fate」~

駒:はい、315プロNightはそろそろEnd of Fateです。番組ではプロデューサーさんからのメールを募集しています。詳しくは番組ページのコーナー紹介をご覧ください
笠:315プロNightは毎週金曜21時から。次回の放送は6月7日になります。そしてもしその日は~?!
汐・駒:むりーー!!
笠:はいありがとう! というプロデューサーさんは、ぜひタイムシフトをご利用ください!
汐:はい、315プロNightではチャンネル会員を募集中。会員になるとこのあと放送されるオフサイドを聞けたり(駒:Offside…)、我々が書くブロマガInsideレポート(笠:Inside Report…)も読めちゃうので、よろしくお願いします

笠:www

汐:なお、オフサイドは最初の5分はお試しで聞けちゃいますので、ぜひ聞いてみてくださいね!
笠:ぜひぜひ…

駒:ラジオ放送終了後から1時間の間は、営業で上がる信頼度が1.5倍アップ中です。お気に入りのアイドルをマイデスクに入れて営業しましょう!
笠:よし!
汐:イエ~イ

笠:ということで、毎回の収録ではね、このエンディングを録る時点ではいつも大幅にオーバーしてるんだけど
駒:はい!
笠:今回はまだ!
汐:残ってる!
笠:残ってる!
汐:時間がまだ残ってる
笠:すげえぞ! あ、残り1分だって
汐:とはいえ残り1分
笠・駒:wwwww


熱い自画自賛

駒:や、でも完璧じゃないですか
汐:いい
笠:完璧よ!
汐:いいタイムキープでしたな!
駒:いいペース、コーナーもやったし
笠:そうだよ!
駒:読んだし!
笠:ちゃんと読んだし。そう。まあだから…
汐:すごく
駒:ポエムも言ったし
笠:wwwww
汐:スマートな
笠:そうね
汐:スマートな回だったんじゃないですか

笠:いや~いいねえ。いやだからほんとに、そりゃなんかね、ちゃんと尺に収めようと思ったら、ちょっとどっかでこう…なんか強制的にぶった切ったりとかね
駒:ええ
笠:なんか強制的に進めたりっていうのがありそうなもんですけど、まあそういうのはやっぱりね、なく。どうにかここまで駆け抜けてこられたので
汐:いや~やっぱり
笠:まあ横でスタッフさん笑ってますけど
笠・駒:wwww

汐:やっぱりここが違う、腕が違いますからね、僕たちね
笠:ほらほらほら…
駒:そうですね。もうふーみんがここまで言うってことは
汐:やれば、やればできる

駒:まあね、いろいろしゃべってるとね、余裕で我々また50分しゃべっちゃうんで
笠・汐:そうですね
駒:こんくらいにしとくか!
笠:オーケー
汐:OK!

駒:おまけのほうに突っ込みたいと思います! つーわけで本日の315プロNightはここまで! お相手は古論クリス役、駒田航と
笠:葛之葉雨彦役、笠間淳
汐:北村想楽役、汐谷文康でした! それではみなさん、

3人:おやスピ~~~~~~~

315プロNight#211 2019/5/24

凡例

各人の発言は文字色で分けています。
笠間さん=黒
汐谷さん=
駒田さん=
※キャラクターの個人カラーに基づいています

太字=エコーがかかった部分
駒田さんの発言におけるイタリック表記=発音がいい

※有料放送のオフサイドについては個人的に記録していますが、公開はしません



315プロNight#211 2019/5/24

寸劇

お芝居のレッスン→お昼ごはん(Pの手作り弁当)


オープニングトーク

汐:…俺か! プロデューサーさんおはレジェ! 北村想楽役、汐谷文康です
駒:プロデューサーさんおはレジェ! 古論クリス役、駒田航です
笠:プロデューサーさんおはレジェ! 葛之葉雨彦役、笠間淳です


4th感想

汐:…ウェ~~イ!!
駒:ふーみん?
笠:wwwウェイ!
汐:え、ちょっと…笠間淳に見とれちゃった☆
笠:wwww絶対違うやろおまえww
駒:全然なんも見てなかったよ、虚無の目だったわ
笠:思いっきり、思いっきりオフってたね!
汐:オフってた?
笠:ダメダメ!
汐:俺だと思ってなかった、焦った焦った

駒:まあそんな感じで! まあ実質4thが終わってからの初の
笠:初の!
駒:収録という感じになります!
汐:イェーイ!
笠:そう、前回は終わったていでやってましたけど今回はマジで終わってるっていうことで
駒:はい
汐:ね

汐:いや~どうでしたか? おふたりとも
笠:wwwwwwちょっと待って
駒:オイオイオイ
笠:自分が出とちったダメージを引きずるんじゃないよ!www
駒:むしろ挽回しようとしているけど
汐:挽回しようとしてる

笠:なるほどね、いや~でもね、楽しかったね 毎回周年ライブはすっごい楽しいけど
駒:ya
笠:今回は特にあのWORLD TRE@SUREの曲もたくさんやらせていただいたし、なんかね、コンセプトが決まってたじゃん そのー「旅に出る」っていうさ
駒:空と海と!
汐:そうだね
笠:そうそう、だからこっちもなんかその感じのワクワク感でプロデューサーさんたちと一緒に楽しめたんじゃないかな
汐:うんうんうん
笠:思っておりますが

汐:今回ね、そうSMILE PASSPORTに1日目Legenders出させていただいたんですけど
笠:はいはいはい
駒:はい
汐:まさに楽曲のセトリもスマイルがあふれる曲が多くて、今までとはまたちょっと違ったセトリっていうか……え、なんでそんなにピンときてない感じ?
笠・駒:wwwwww
汐:え、そうだったでしょ?!
笠:いや、いやいや
駒:いやまあ、全然間違ってないんだけど
笠:間違ってないけど、なんか説明的だなと思って
汐:wwwwあ、なんか「用意してきたな」みたいな?
笠:用意してきたんだろ!
汐:違うちがうちがう、ほんとに思ってるよ!
笠:ああそお?
汐:うん

汐:だってさ、ムンナイとかやってないじゃん
笠:確かに確かに
汐:ムンナイとかサマホリとか
駒:そだね
汐:ふだんだったらやってる曲をやってないこととかもあって、まただから今回は、いつもとはまた違った方向性のライブなんだなっていうのをなんとなく感じながら
笠:そうだね だってSMILE PASSPORT初日のほうは、えーっと全体曲歌ったあと、のっけからエタファンだったしね
汐:ね!
笠:そう
駒:そうよ 特別構成だもんねあれ
笠:そうそうそう まあww、マリア(児玉卓也さん)がひとりでさびしくやってましたけどwww
汐:真ん中でね
笠:まあ2日目はね、CafeParade全員そろってっていうことで やってましたが

汐:逆に笠間淳はどうだったの? あのー2日目ひとりだったわけじゃない
笠:へ?
駒:確かに
汐:エタファン…ね ひとりで、Legendersやって
駒:ぼちレジェだよ
笠:あのね、ぶっちゃけね、めっちゃさみしかったよ
駒:やっぱぁ?
汐:ほんとにぃ?
笠:もちろん全体的なことを言うと、まあ315プロダクションの仲間とやってるっていう一体感はあるんだけど、でもやっぱり、そのー隣に同じユニットの人間がいないっていうのってけっこうね、ちょっとさみしいな…って思った

笠:でもやっぱそれはでも、今回まあ(寺島)惇太くんもだったし、榎木(淳弥)くんもそんな感じだったし、まああとはゆうゆ(中田祐矢さん)か
汐:浦尾(岳大)っちとかもひとりだった
笠:まあそれは初日…
汐:初日は
駒:まあ何組かもうちょいいましたね
笠:何組かね、ひとりメンバーいたけど まあだからある意味、そのひとりメンバーの子たちと一緒に、そのドアラのときなんかも、回ったりしたほうがいいなっていうふうに思ったし

笠:やっぱね、リアルに…さみしかったね
駒:お!
汐:そうでしょうね
駒:お、ロス?! 感じてる?!
汐:そうでしょうね!
笠:wwww

駒:いやーやっぱこういう思いを味わわしてやんないとダメですなー
汐:ねー
駒:やっぱりなー
汐:そうそうそうそうそう!
笠:wwwww
駒:我々の重要性ってのをなあ
汐:いかにね! 俺たちふたりがこうね、支えになってるかってことを

笠:wwwいやほんとね、特に初日「Symphonic Brave」をやってからの2日目、っていうのもけっこうあったんだよ
駒:…え、2日目ひとりでトロッコ乗ってないよね?
笠:乗ったよ
駒:エ?!
笠:ドアラのときに
汐:あ、乗ったの?
駒:乗ったのォ?!
笠:ドアラのときに山谷(祥生)くんと、あ、そうそう山谷くんもひとりだったの 2日目
汐・駒:あ~
汐:そうだそうだ、ソロル
笠:そうそう、ソロル…何ソロルってwww

駒:じゃあ2日連チャンで…トロッコったってこと?
笠:そう!
汐・駒:へえ~~!!!
笠:そうそうそう
駒:いーなあ~~~~
笠:あの、変わらず光の速さのトロッコだったけど
汐:wwwww
駒:2日目トロッコ押してんのはオレだよ 気付いた?
笠:wwwwwwうざwww

笠:実はいたんだwww
3人:wwwwwww
駒:「ライブ出ろよ」って言われ、ほんとだよwwwww
笠:wwww確かにね
駒:はー…
笠:はいはいはい

笠:というわけで
汐・駒:はい!
汐:そんなわけでね、始めていきましょう
笠:はいよ!

汐:それではプロデューサーさん、今週も僕らと最高な夜を過ごしましょう! 315プロNight…
3人:スタートです!


315コミュニケーション

汐:それでは最初のコーナーは?
3人:315コミュニケーション!!

汐:こちらはプロデューサーさんからのメールをご紹介するコーナーです!
笠:はい! 今回はとってもたくさんいただいておりますので、我々いつもとは違い、「Legendersお手紙読む機械」としてやらせていただきます! というわけで! プロデューサーネーム…www
駒:できるのか?!?!?!
笠:wwwwwww
汐:もうダメじゃん!!
笠:もうダメだwwww


メール①:ライブ初参加、隣のプロデューサーが助けてくれた

笠:Pさんありがとうございました! というわけで次の…
駒:wwwwww
汐:待って待って待って!
笠:サラッとしすぎた! ダメだダメだ
駒:早い早い

笠:ありがたいよね!
汐:ありがたいですね
笠:こういうね、新人プロデューサーの方がね
駒:「初参加」っていいね!
汐:いいね!

笠:で、さらにこの初参加で、「私大きい声やるんで一緒にノッてください!」ってね
汐:うん!
笠:なんかよくSideMのプロデューサーはみんな、まあそもそもアイマスのプロデューサーさんか、みんな優しいと、いうふうに話は常々聞いておりますが
汐・駒:うん

笠:やっぱこの新人のプロデューサーさんに対してね、こうやって先輩プロデューサーとして「ここはこうだよ」「ここのコールは…」って、微笑ましいよねもうね
汐:いやね、なかなかね、できることじゃないよね
駒:なんかさ、長く続いてるからこそさ、オレの感覚的にはなんかもう「それを応援してるんだったらコレできて当然じゃない?」みたいな感覚になってもおかしくないけど
笠:まあね
汐:うんうん
駒:そういうのがなくさ、やっぱ、「新しく…初めてなんだ!」って感じでこの、たとえばなんか聞いたことあるけど、サイリウムも貸してくれる方とか
汐:ね!
笠:はいはいはい
駒:そういう…そういう優しい人に満ち溢れていると
笠:いや、そうだよね
駒:いうのがたいへん、なんかコンテンツ的にすごく、安心するね!
笠・汐:うん
駒:ありがたいね


1stをライビュ鑑賞したしおやくん

汐:なんか俺もさ、1回ファーストのライブをライビュで見に行ったことがあるのよ
駒:ほお!
汐:まだその、(オーディションで役が)決まる前に
笠:はいはいはいはい
汐:あのたかぴ(高塚智人さん)が出てるから応援しに行こうって言ってライビュに行ったんだけど、俺まだそのときは初心者だったから、コールとかもぜんぜん詳しくなかったんだけど
笠:なるほど

駒:すると隣でたかぴが言ってきたの? 「俺、大きな声でやるから」
汐:wwwww

汐:違うたかぴは、スクリーン側だからwww
笠:wwwwww
駒:あ、そうか! あ、そうかwwwww
汐:ライビュ側じゃないから、よくネタにされてるけどたかぴは! 「たかぴはライビュだね」ってよく言われてるけど
笠:ああ、ああ
汐:演者側で出てて、それを応援しに行ったときに、なんかコール集みたいな冊子を作って配ってる方がいらっしゃって
笠:今回もいらっしゃったよ
汐:いらっしゃったんだ!
笠:プレゼントでいただきました
汐:あ、ほんとに?
笠:「コール集です」っていうやつ
汐:そっかそっか、毎回そうだ 入ってる
笠:そうそう毎回いただいてる

汐:そうそう配ってる方が現地にいらっしゃって
駒:ふうん
汐:それを見ながら、「ああこういうふうにコールするんだ!」って思いながらやらせてもらったことがあって
笠:すごいいいよね、ほんとあったかい現場でね
汐:すごいよね、わざわざね 冊子もさ、なんかこだわってて
駒:そうそうそう!
汐:イラストとかも細かく…キャラクターがね、ちゃんと
駒:ちゃんと業者使ってるよね
汐:そう
笠:いやほんとそうなんだよ
汐:書いてあるんだよ すごいなあと思って
笠:すっごい立派な冊子作ってくださってるよね、毎回
汐:ねー

汐:ありがたいほんと
笠:ありがとうございます
駒:ありがとうございます

笠:これからもね、新人プロデューサーということですけど
汐:ん!
笠:プロデュースしていただけるように我々も頑張りますので、ぜひよろしくお願いします
汐:よろしくお願いします

駒:おっ! 今日の笠間は一味ちげえぞ!
笠:だろ?!
駒:今日は!
笠:もうリーディング…リーディング・ドールだからね今日はwww
汐:wwww
駒:今日の笠間は一味ちげえ!
笠:さ~~あ、次は行けえ!駒田!!
駒:オレだ!


メール②:「POKER FAITH」の最中、かさまさんを見て微笑んだこまださん

テンションを上げすぎて途中で詰まる

駒:「笠間さん汐谷さん駒田さんおはレジェ!!!」
笠・汐:おはレジェ!!!!!!
駒:…………wwwww

笠:だろ?! もうダメになるだろ、最初から
駒:わかる けっこう最初意気込むとこうなるww
笠:そうなんだよwww はい行こう!

メール:あのときの笑顔の理由は?

汐:どうしてどうして?
笠:どうしてどうして? 俺これ気づいてないよ

駒:後ろ向くじゃん
笠:うん
駒:あれさ、あの会場めちゃめちゃでかくなったあるあるだけどさ、ほらリハんときからさ、音がすごい
笠:ああ
駒:じゃん?
汐:うんうんうん
駒:すごい、あの、「わあ~おっきいとこでやってる!」っていう音じゃん
笠:ああ、そうだね
汐:反響とかがね

駒:そうだから、オレたちも音を拾うのにこう集中力を高めたりとか、してるじゃない?
汐:そうね
駒:一緒に向いて、まあ当然笠間淳…よくよく知ってる男ですから、隣向いて、

駒:「オワここ真後ろでっせ笠間はん…!」って横向いた感じwww
笠:wwwwwwwwwww

笠:wwwww井戸端会議か!
駒:「今オレらいちばんうしろでっせ!」/span>
笠:あーまあそうだよね、ポジション的にはいちばんうしろのところで、っていうことだもんね
汐:あーなるほどね
駒:「いっちゃん近いでっせここ~」つって
笠:wwwああ、そういう感じだったんだ

駒:あのね、そんなに美しい理由じゃなくてごめん
笠:え?
駒:ただただ、ただただ仲良かっただけ
笠・駒:www
汐:テンションが上がっていたとwww

駒:「間にあいついねえなあ」つって
笠:あーなるほどなるほど
駒:「髪サラサラのやついねえなあ」と思って見てた
笠:はいはいはい、その前にピョコピョコやってたからね、かわいい曲をね
汐:スマイルやってましたよ
笠:スマイルをね、そうね

駒:ちゃんと虚無の目になってなかった? 大丈夫だった? キラキラしてた?
笠:www
汐:…うん、大丈夫だったと思うよ!
笠:大丈夫だった?
駒:お、さっすが!
笠:ほんと?
汐:パフォーマンスしてるときは楽しいですから


属性曲について

笠:属性曲
駒:ポカフェはね、なんかそれこそ、直近で我々インテリチームがやってた、あのープロミのときにもやってるから
笠:はいはいはい
駒:意外とこの、なんていうんだろうな、「馴染み感」はいちばん強かったよね今回
笠:あーそれはあるね
汐:うんうんうん
笠:体にも馴染んでるし、で歌詞なんかも馴染んでるし、ちゃんと
駒:そうそうそう
笠:確かにそれはあったね

駒:なんかあれカッコイイよね
笠:www
駒:歌ってて思うわ、「この曲色っぺーなー!」と思いながら
笠・汐:うんうん
汐:サビかっこいいよね、なんかあの…何? 腕組んでさ、足、片足
笠・駒:ああー、「ゼニスブルーの♪」
汐:そうそうそう!
駒:「頂き~へ♪」ね
汐:あそこ好き

笠:あのー…、手を、マイクの前でグーで出して、くるりんぱってやって
汐:あー!
駒:あー!
笠:顔を隠して横移動するじゃんか
汐:はいはいはい
笠:あれがまさにね、その手の奥から、インテリメンバーの鋭い視線がww見えそうな感じがして
汐・駒:あ~~
笠:あそこってね、すごい好き
汐:「俺やぞ」つって
笠:そうそう、「俺やぞ」
汐:wwww
笠:「出てきたで」
駒:カメラ抜かれてんのかなー…

笠:でもね、まさに俺と駒ちゃんがいたあのポジションって
駒:目の前にドでかいカメラが3台
笠:目の前にね、ほんと抜き用のカメラが3台あるわけだから、ちょっとあれはぶっちゃけちょっと緊張したけどね、あそこは

駒:だってさ、あのカメラマジバズーカみてえな形してんじゃん
笠:いやもうほんとそうだった
汐:確かにおっきかった

駒:しかもさ、撮ってる人の持ち方がさ、ほんとにシューティングゲームみたいな感じだから
笠・汐:wwwww
駒:あの人がたぶん右手のスイッチ押したらマジでなんか出るんよアレ
笠:ああwwww
駒:ドーーン!! みたいな 「ああオレ撃たれる~;;」とか思いながら
笠・駒:wwwwwwww
笠:何を考えとんねん!

駒:そちらの属性曲はいかがだった?
笠:うんふーみんはどうだったの?
汐:「Friendly Smile」もねー、でもやっぱりね、ふだんやってこなかった曲調の振付だったから、馴染んできた感じはよりあって
笠:ふーーん
汐:なんかいい感じに肩の力を抜いて、あの、できたような気がしますね

駒:だって1カ月半くらいだもんね、プロミからね
笠:そうだね
駒:すごいよね、よう攻めたよSideM、コンテンツとしてはけっこう
笠:そらそうだ
汐:確かに短いスパンでのやつだったけど、まあでも逆に
笠:まあね! モチベーションが高いまま臨めたっていうのもあったからよかったね、そういう意味ではね
汐:そうそうそう 楽しかったです

笠:というわけで?
駒:次のメールにいきましょう
笠:次のリーディング・ドールは
駒:さあ汐谷がアップを始めている!
笠:次のリーディング・ドールはふみやさんです


メール③:Symphonic Brave+トロッコ

笠:消しカスになってんのにこんなエモいことを!
汐:ねー!
駒:ほんと消しカスになってんのに、相当こすられたんでしょう紙の上で!
汐:そうだよ
笠:wwwwww
汐:擦っちゃった、集めてまた消しゴムにしなきゃ

駒:あなたがあんな変なコール&レスポンスするから影響されてるのだよみなさん
汐:www
笠:そうだよびっくりした 何があったのかな
汐:いやいやいや、ありがたいっすね

笠:いやでも確かに、あのコール&レスポンスをやりたい気持ちはわかる
汐:やりたいよね?
笠:うん
駒:確かに
汐:しかも…
駒:「消しカスちゃーん」「削りカスくーん」
汐:wwww
笠:wwwダメだよ削りカスくんはダメ
汐:ボロボロになってるじゃんみんな
笠:ボロボロじゃんww
汐:会場ボロッカス
笠:wwwww

汐:いやだから、しかもライブ後に、あのー東急ハンズさんが
駒:えっ?
汐:なんかアカウントで
駒:えっ??
汐:ネタをやってくださったみたいで
笠:あ、そうなの?
駒:えっ???
汐:そうそう ちょっとね、話題になってたんですよ
笠:へーー

駒:東急ハンズが?
汐:東急ハンズさんが、なんかねツイッター
笠:え、それなに「消しゴムちゃんと鉛筆くん」のことをネタにしててってこと?
汐:なんか、「5階には鉛筆くんと消しゴムちゃんが沸いてます」みたいな
笠:マジ?www
駒:えーっ!
笠:マジで?
駒:マジで!!
汐:マジです

駒:どこ店?! どこ店?!
汐:どこ店だったかなあ~ 渋谷店とかだった気がするんだけど確か
駒:ほんと?
笠:渋谷店さんってけっこう…
汐:なんかコラボとかも
笠:SideM系のコラボやってくださってるよね
汐:そうそうやってくださってるから、それで触れてくださったのかなって思いながら
笠:ああ~

駒:え、じゃあコラボしてほしい
汐:コラボしてほしい
駒:Legendersと文房具のコラボしてほしい~
笠:wwwww

駒:あ!
汐:ほら14日付の渋谷店さんのアカウントから

笠:そうなんだ!
駒:す~ごいトレンディに攻めてくるね!
笠:すごいね
汐:そう嬉しい! と思って
笠:確かに
汐:そうなの


エスコートされるしおやくん

笠:まあでもそれもね、俺たちこうトロッコに乗って、でプロデューサーさんの傍に行って、やっぱ俺たちってトロッコに乗る曲ってなかったからさ
駒:ない!
汐:そうだったね
笠:今までさ だからこう…どうだったんですか、消しゴムちゃんとwww鉛筆くんたちを間近で見て

汐:いやね、まずさ、ふたりにエスコートしてもらって先頭に乗せてもらったじゃん
笠:あーはいはいはい
汐:そうあれさ、あのー俺ふつうに、エスコートされると思ってなくて
笠:ほお
駒:え?

汐:や、先頭にいれるっていってたのは、知ってたていうかさ、打ち合わせはしてたけど、ああいうふうにやってくれるとは思わなくて
笠:あ、ほんと?
駒:嬉しかった?
汐:うれしかったうれしかった
笠・駒:ほお~ん?
汐:すごい…すごいなんか、ねえ
笠:お姫様になった気分でした?
汐:wwwww…お姫様になった気分でした
笠:ヒャヒャヒャwwwww

駒:ああでもなんか、
汐:「ご苦労さま」みたいな
駒:確かに「最初に入れるから」っていう話はしてたけど
汐:そうそう「最初に入れるから」
駒:どう入れるかまでは確かに詰めなかったね
笠:確かに確かに

笠:でもあのときさ、あのー…イヤモニしててもプロデューサーさんたちが声をあげてくださってるのがね聞こえたのよ あのとき
汐:うんうんうん
笠:「わーっ」つって あの、開けてエスコートしたとき
駒:あ~あの瞬間ね
笠:そう、だから俺的に、まあその「ふーみん先に入れるね」とは言ってたけど、まあどういうふうにやるのかってのは決めてなかったけどさ、「…いや、だって、まあね、ふーみんが歌ってるしまあ…
駒:wwwww
笠:そうやってエスコートしたほうがいいよね!」つってやったから、なんで声あげてくださったんだろうと思ったwwww
汐:うんうんうん
駒:まあ確かにね

笠:まあでも今回のこれを見ると、そういうLegendersの関係性みたいなのを、僕らを通して見ていただけて喜んでいただけたのかなって思って
汐:よかったですね
笠:まあ嬉しかったよね

駒:「Symphonic Brave」のなんか新たな形を見せられた気がするよね
笠:うん確かに確かに、そうだね まあ今回新しく、コメントも新しくしたしね
駒:確かに! ちゃんとさいたまスーパーアリーナ風にね
笠:そうそうそう
駒:「スーパー大きくなりました」って言ったから
汐:wwwww
笠:「ああ、綺麗だ…」って俺もやったからね
汐:「ここまできたねー」つってね

笠:あれもまあ、これからもね、ほんとにあの曲もすごく大切な曲なんで、これからもどんどんグレードアップさせて、皆さんに喜んでいただけるように磨いていけたらいいなと思いますね
汐:SSAの海でね、泳げましたね

笠:というわけで
駒:次のメールです!
笠:次読むよ! 次読みますよ! …よっしゃ!!
汐:よっしゃ!
笠:4通目いける!!
駒:4つ目のメールを読むぜ!!! フゥーーーー!!!
汐:フゥーーーー!!!
笠:よしリーディング、リーディング・ドールとしていきます!


メール④:四銃士の振付

自作ペンラポーチの画像つき

笠:まずは、写真のこちら!
汐:いやあ~すごい!
笠:いや~すごいよね…
駒:かわいいなあ
笠:かわいいww これほんとに裁縫経験なしですか?!
汐:いやほんとに!
笠:すっごいよね
汐:びっくりだよ~ なんかもふもふみたいのもね、ついてるしね
笠:ねえ! つけていただいて
駒:ね!
汐:すっごい細部までこだわっていただいているのがうれしい

笠:いやすごーい…よねー でもなんか僕たちのね、315プロNightの冒頭のドラマで、ボイストレーニングに励んでいる姿を見て、頑張ってくれたんだって
汐:うん!
笠:ありがとう…
汐:まあなによりでございます
笠:ありがとうね
駒:頑張ってたもん、古論
笠:wwww「頑張ってたもん古論」www
汐・駒:wwwww
笠:みんな(頑張ってた)! レジェみんな!
汐・駒:wwwww


「守りたいのです」の振付

笠:ていうことで、振付、あそこ(「守りたいのです」)はですね、確かに、えーと変えました!
汐:なんかより力強くなってたよね
笠:たぶんね、4人とも変えてたと思う
汐:あ、そうなんだ!

笠:うん ま、もちろん、ダンスの先生から教えられた振付ってのはあるんですよ
でもやっぱり、3rdで披露させていただいて、今回4thでまた披露させていただくってことで、やっぱりこう…、その、グレードアップさせたいっていう思いがきっとこの4人の中にもあって、やっぱその、抱きしめる、この守るときの、抱きしめる振りっていうのも、やっぱ各々のキャラクターを、なんかまあ自分のね、解釈でね、出していけたらいいなっていう思いがあって、きっとみんなああいうふうにしたんだと思います

笠:ただぶっちゃけこれはね、4人で、あのー申し合わせてたわけじゃないです
駒:あそこは統一…の振付ではなくて
笠:そう!
駒:個人の表現に任せられたみたいな
笠:そうここは、基本的にはフリーの振付のところがわりと多いところなんだよ だからその「四銃士~♪」って歌ったあと剣をどう振るか、とかさ
汐・駒:うんうん

笠:どういうふうにターンをするかとか、どういうふうに階段を下りてくるかとか
けっこうそのへんね、フリーのところも多くって、まあやっぱそのへんは、自分たちのキャラクターをプロデューサーさんに見ていただけるために、自由にしていただいているところもあるので
笠:まあ雨彦に関しては、やっぱ雨彦って基本的にその、「ふだんのとき」と「ほんとにヤバいとき」っていうのの違いって、かなり彼はわかる人だと思うから、やっぱああいう仕事してるしね
笠:彼ってかなり空気感の違いとか、そのー状況の違いわかるような人間だと俺は思ってるから
汐:確かに、あえてギリギリまでそう見せないみたいな
笠:そうそうそう
汐:ところありそうな感じするよね

笠:だから、あの「守りたいのです」のところも、ほんとに、そのー守る場合、もう「何から守る」っていうところも含めて、あのーほんとに彼の、「誰かを守りたい」とか、「誰かを守らないといけない」みたいな使命を出すような振付にしたいって思ってああなりました

汐:なるほどねえ
笠:背中をこうウッて向けて
汐:ウッてなってたね
笠:そう ただ抱きしめるだけじゃなくってこう、抱きしめかけてグッて敵の攻撃だとか、何かから守る
汐:守る
笠:みたいな

笠:まあどちらかというと雨彦はそういうところで、「自分の慈しむものを自分が盾になってでも守りたいっていうふうに思う人間じゃないかな、違ってたらごめんね雨彦☆」 って感じでww
汐・駒:wwwww
笠:まあ僕のね、そういう役作りの中であれはさせていただいたので、まあそれがけっこうプロデューサーさんの目に映って、喜んでいただけたんならありがたかったかなっていうふうに思いますが

駒:まあ男らしい4人組だからね
笠:そうだね
駒:すごくでも、4thのあの表現のがいちばんかっこよかったんじゃないかなって思うよね
笠:んー…ありがとうございます

汐:確かに、雨彦は自己犠牲が似合うからね
笠:そうなんだよね
汐:似合う男だよね


ノブレスオブリージュ

笠:そう あとはプラス、これたぶんね〝ノブレスオブリッジ〟ってやつ?
汐:あー
駒:〝ノブレスオブルージュ
笠:オブルージュか (※「ノブレスオブリージュ」が正確ですが、「ルージュ」と発音しているのでその通りに表記しています)
汐:うんうんうん

笠:その、なんか「力を持っている者が、慈しむべきものを守らないといけない」っていう思い それはね、たぶん四銃士4人とも持っててやってたと思います
笠:というわけで、四銃士のテーマは〝ノブレスオブリージュ〟


今日はたくさん読めた

笠:よっしゃ! 頑張って4つ読んだよ!
汐:読めましたー!
駒:やったー大満足ー!
汐:イエーイ! というわけで…ww
笠:やればできる子!

汐:やればできる子Legenders、というわけで315コミュニケーションでした! プロデューサーさんからのメールお待ちしております!


NEWS315

駒:みなさんこんばんは! 今週も始まりましたNEWS315、こちらは315なニュースをいち早く皆さんへお伝えする番組です! わたくし、キャスターの駒田航です。よろしくお願いします!
笠:同じく、キャスターの笠間じゅんこです。よろしくお願いします
駒:べっぴん!
笠:そして本日のコメンテーターは、汐谷文康さんです
汐:ホ~~~~~~~~!

笠:誰…?!
駒:はい! 汐谷さんはね、マダガスカルでナイトサファリを経営しているということで(汐:ホ~~~~~~!!!)もう半分サファリ!
笠:なるほど~!
駒:その分野からの貴重な意見を伺いたいと思います それでは最初のニュース!

モバ:名探偵アーロンの事件簿~チェスピースの指し示す真実~※省略
ステ:スチームバトラーズ※省略

駒:このニュースについて、汐谷さん、いやジャングル汐谷はどうお考えですか?
汐:フ~~~~! しんぱ~いないさ~~~!!!
笠・駒:…wwwww

笠:続いてのニュースですwww
汐:ホ~~~~

ライブ情報:ランティス
ライブ情報:ANIMELO SUMMER LIVE 2019 -STORY-
※自分の名前のところで「イェイ!」と合いの手を入れる駒田さん

笠:このニュースについて、ネアンデルタール汐谷さんはどうお考えですか?
汐:ホッホッホッホッ サイッコ~~~~~!!!!
汐:ア~~ア~~~~!
笠:ア~~~ア~~~~!!

駒:NEWS315、そろそろお別れのお時間です~~~↑ 皆さん315な週末をお過ごしください。それでは、
3人:また来週~~~~!

笠:ア~~ア~~~~!
駒:ア~~アア~~~!
汐:ア~~~~~!


エンディング

~BGM「String of Fate」~

汐:さて、315プロNightはそろそろEnd of Fateです。番組ではプロデューサーさんからのメールを募集しています。詳しくは番組ページのコーナー紹介をご覧ください
駒:315プロNightは毎週金曜21時から。次回の放送は5月31日になります。もしその日はム~リ~! というプロデューサーさんは、ぜひタイムシフトをご利用ください!

笠:今の「無理」…(汐:むり!)あっ言ったwwww

笠:315プロNightではチャンネル会員を大募集。会員になるとこのあと放送されるオフサイドを聞けたり、我々が書くブロマガ、Insiteレポートも読めちゃうので、よろしくお願い致します
笠:なおオフサイドは最初の5分はお試しで聞けちゃいますので、ぜひ聞いてみてくださいね!

汐:はい、ラジオ放送終了後から1時間の間、営業で上がる信頼度が1.5倍アップ中です! お気に入りアイドルをマイデスクに入れて営業しましょー!

笠:ふんー!
駒:ふんー!
汐:ふんー!

笠:ということで、我々がリーディング・ドールとなって
駒:はい! がんばった
汐:史上初
笠:今までの倍は読みました
駒:4通!
笠:今まではね! 2通…

汐:ま、よう読めましたけどそのぶんコーナーはなく…
笠:wwwwwまあ致し方ないということでね
駒:はい

汐:まあ他にもね、読み切れなかったやつをね、オフサイド
笠:ありますのでオフサイド
汐:読んでいきたいと思います
駒:聞いてくださーい

汐:はい、というわけで本日の315プロNightはここまで! お相手は北村想楽役、汐谷文康と
駒:古論クリス役、駒田航と!と
笠:葛之葉雨彦役、笠間淳でした! それではみなさん、

3人:おやスピ~~~~~~~!!

315プロNight#210 2019/5/17

凡例

各人の発言は文字色で分けています。
笠間さん=黒
汐谷さん=
駒田さん=
※キャラクターの個人カラーに基づいています

太字=エコーがかかった部分
駒田さんの発言におけるイタリック表記=発音がいい

※有料放送のオフサイドについては個人的に記録していますが、公開はしません



315プロNight#219 2019/5/17

寸劇

美術館のPRの仕事→散歩をしながら帰る
ウッ…仲良くなって……;;

オープニングトーク

駒:プロデューサーさんおはレジェ! 古論クリス役、駒田航です
笠:プロデューサーさんおはレジェ! 葛之葉雨彦役、笠間淳です
汐:プロデューサーさんおはレジェ! 北村想楽役、汐谷文康です


時空の歪み

笠:はー……すごかった
駒:…やばかったね
汐:いや~~いい景色だったね~
笠:さすがSSAだったね…
駒:登場がすごかったよ!
笠:すごかったね


ド派手演出

駒:オレはヘリで、ふーみんはジェットコースターから
笠:そう、雨彦はほうきに乗って

汐:wwww
駒:ね!
笠:空を飛んできた
汐:魔法使いかな?
笠:wwww
駒:すごかったねーもう

駒:プロデューサーのみんながね、こう地下からドーーンッてねこう
笠:そうだね
駒:飛び出てきてね
笠:そう たぶんだからプロデューサーさんも大変だっただろうなと思うよ 普通にね、席に着こうと思ったら係員さんに「こちらへどうぞ」って言われて
駒:ねえ地下に通されてね
笠:「あれ…地下…? 地下か…」って思って 座ってたら急に

笠・駒:ドーーンッッて

笠:wwwwww
駒:「サイリウムはしっかりと手に握っていてください」だよね
笠:そうそうそう 「気をつけてください! ショックが来ます!」つって ドーンッ!
駒:エスエスエー!
笠:で俺たちが もうすぐ前にいるみたいなね

駒:感動だよね
笠:感動だったと思う
汐:いや~まさかね ジェットコースターから登場するときが来るとは思わなかったね~
駒:ねえ あの直滑降から
汐:ねえ!
駒:よく飛び降りたよね
汐:飛んだよ
笠:そうね、FUJIYAMA的なね


汐:そう、もうねでも、ボーンッて席が浮くのよ こっちも
笠:ああ!
汐:下るよってなって、下ってる瞬間にボンッて席が浮くからと、と、飛ばされるの 体が…wwww
笠:wwwwwww
汐:投げ飛ばされて、あとはもう頑張って、腰のあのー…何? ミッションインポッシブルみたいな
笠:ハングライダーみたいなね
汐:ハングライダーみたいな感じでバーンッつって、ステージに降りていくみたいな
笠:はあはあ

汐:初めてだったからねー…
笠:それからどうしたの?
駒:そうだね そのあとは?
汐:そっから、
笠:降りて来て?
汐:そっから歌いだしたよすぐ
笠・駒:wwwwwww

笠:はい、まあ、というわけでね
駒:そうなんですよ
笠:聞いてくださってるプロデューサーさんおわかりだと思いますが
汐・駒:wwww
笠:…まだSSA前なんですね
汐:wwww
駒:そうなんです
汐:録ってるときはまだなんです

駒:オレたちも実際どういう登場になるのかは
笠:さっぱりわからない
駒:わからない
汐:そうそうそう

駒:いやでももしかしたらマジかもしんないよ
汐:いやほんとにこうなるかもしれない
笠:マジでほんとに?
駒:ワンチャンヘリだよ SSAって上開いてんだっけ?
笠:開いてないwwww
駒:開いてないwwww じゃキツイなwwww
笠:wwwww

笠:いや俺ももしかしたらね、ほうきに乗って登場するかもしれないから あっデッキブラシだよだから!
汐:そうだね!
駒:あ! すごいじゃん
笠:そうそうそう
駒:問題はそのデッキブラシが新品なのか、もしくはきったねえ、大衆浴場を洗ったデッキブラシなのか
笠:そこはたぶんね、某魔女の宅急便でキキちゃんが乗ってた感じのデッキブラシ…
駒:いやもう某になってないよ!
笠・駒:wwwwwww

汐:デッキブラシじゃないしね!
笠:俺歌っちゃうよもう 「やさしs…~♪」
駒:はいーーーーーー!!!!!!
汐:ダメーーー!!!

駒:ちょっと待って! ねえみんな、これオープニングトークだから
笠:あ、そうそうそう!
汐:そうだね!
駒:時間ないからいくよ
笠:すいません 行きましょ

駒:ほんとに…それではプロデューサーさん、今週も僕らと最高な夜を過ごしましょう! 315プロNight…
3人:スタートです!


315コミュニケーション

駒:ほいじゃあ最初のコーナーは?!?!?!
笠:はいよ!!!!
汐:えっ、うっ………

駒:「はいよ」じゃないよwwww タイミングわかんなくなっちゃうじゃない!wwww
笠:ワハハハwwwwww
汐:ねえしょっぱなで息合わせるのやめてくれる?!
笠:ごめんごめんww

駒:いくよ!?
笠:いいよ

3人:315コミュニケーション!!

笠:(マイク割れ)はいよ!!!!
汐:イエッッ!!!!
駒:だっしゃい!!!
汐:イエッッ!!!!

駒:こちらはプロデューサーさんからのメールをご紹介するコーナーです!!!
汐:イエッッ!!!
笠:ダッハッハッハwwwwww
駒:さあ誰だ紹介するのは!! …俺だ!!!!

笠:早いwwww早いwwwwいつも「長い長い」って言われるからwwww わりと駆け足気味にいくよつってwwww
駒:そう駆け足だよ!


メール:4th Anniversary曲

笠・汐:いや~~~
笠:実際これがオンエアされてるときには、Pさんにもお会いしてると
汐:そうだね
駒:ま、そういうことですね
笠:いうことですよね

笠:きっとだからすごいたくさん予習をしていただけて、「サイリウムをここでこういうふうにやって」みたいなことも、たぶんなんか、いろいろ予習されてから来られて、僕たちにすごい最高の景色を見せていただいたんだと思いますけど
駒:はい!


振りの難易度と成長

笠:いや~…これね、「LIVE in your SMILE」「DREAM JOURNEY」、ちょっと毛色の違う、ってか
汐:だいぶ…
笠:いちばん最初「DREAM JOURNEY」って俺聞いたときに、もっとね、アゲアゲかなと
汐:うんうんうん
笠:「LIVE in your SMILE」けっこうアゲアゲじゃんか
汐:そうだね
笠:「DREAM JOURNEY」ももっと、「行こうぜ! 夢の旅路へ!」みたいな ウェイッていう感じかと思ったら、しっっとり…
汐:すごいしっとり
駒:いや そうそうそう しっとり…

汐:あれめちゃめちゃいいよね
笠:うん ただあれね、振りがね、めっちゃむずいの
汐:あー そうなんだ
笠:あれ、確かにひとつひとつの振りはそんなに難しくないんだけど、全部を通して曲の中でやるとね、すっごいこんがらがるのあれ
汐:へー

駒:今回でも、ふたつともけっこう
笠:わりと難しめ
駒:ね、難しめだったね
汐:小技が効いてる感じの…
笠:そうそうそう
駒:小技が効いてる…
汐:振付だよね
笠:(ええ声)小技が効いてる…
駒:どういう?
笠:wwwww
汐:なんか、派手な動きとかはそんなにないんだけど
笠:ああ、そうそうそう
汐:しっかりひとつひとつちゃんとやらないと、映えないというか
笠:だよね ちゃんと見えないみたいな
汐:ほんとにそれこそ今まで僕たちがレッスンとかやってきた上で見せられるダンスというか
笠:もうほんとそう
汐:いろいろ勉強…レッスンで培ってきたものを、今やっとできるような、なんかちょうどいいというか 僕たちも成長させてもらってるような
笠:そうだね
汐:ダンス、みたいな

笠:だって、たぶんいちばん最初のさ、レガスピと「String of Fate」を歌って…振り入れするときの俺たちじゃ絶対踊れないと思うもん
汐:うん!
笠:あの振り
駒:いやあ ほんとなんか、まあおのずとね、曲数も増えていくし、まあ当然っちゃ当然かもしれないけれど、難しくなってるよね
笠:ほんと どんどん難しくなっ… まあそれだけやりがいもあるんだけど、ほんとね「DREAM JOURNEY」はね、すごい振り入れするのに苦労したなっていう記憶があります


タイトルの略し方

駒:これ…どうやって略してるの? 「DREAM JOURNEY」
汐:wwww
駒:ドリジャン?
汐:ドリジャン?www
笠:ああー… なんて略してんだっけ
汐:これ確かに、略し方どっちも難しい
笠:難しいよね

駒:〝ドアラ〟とかさ
汐:〝ビヨドリ〟とか
駒:「Reason」は「Reason」か
笠:その点だったらプロデューサーさんのほうが詳しいんじゃない? むしろ
駒:なんて略すんだろ
笠:なんて略すんだろね

汐:DJ?
駒:おっ!!!!!!
笠:DJアハハハwwwwwwwwww
駒:wwwwww
笠:なるほど!!
駒:DJ!!!!!!!! ヤバ!!!!!!!
汐:DJじゃない?!

駒:でもすげえしっとりしてんでしょ?
汐:wwwwwそうそうそうwww
笠:wwww
駒:ヤバ!

汐:字面はすごいアゲアゲだけどwww
笠:そうだね、〝DJ〟だねこれ! え、「LIVE in your SMILE」は?
汐:なんだろね、「LIVE in your SMILE」は…
駒:〝ライスマ〟じゃない?
汐:ライスマ…?
笠:なんだろうね…

汐:ライス… ライス、ライス!!
駒:おまえ腹減ってんだろ!!
笠・汐:wwwww

駒:おい!
笠:さっき、ねえ 肉まんみたいの食ってたけど
駒:肉まん食ってた
汐:特製肉まん食べた♪
笠・駒:www
汐:おいしかったよ、歯ごたえがあって
笠:wwwあ、そうwwww

笠:確かにこれふたつとも難しいよね
汐:難しいねー
駒:まあ今後決まってくんだろうけども
笠:教えてくださいぜひ
駒:期待しております
笠:はい期待しておりますので みなさんほんとにスーパーアリーナありがとうございました
汐:ありがとうございました
笠:あの、まだww
汐:www
駒:すごいこの時間差が難しいけどね!
笠:そう、時間差があるんですけど、とても、とてもありがとうございました
駒:とてもありがとう
駒:では続いて!
笠:続きまして!


メール:お店の選び方

駒:おっす!
汐:…イェッ!

笠:あれ? ちょっと肉まん食べたくせに力出てないんじゃない?
汐:なんで!ww なんで…俺に…叩かれてんの俺…
笠:wwwwwwwwww
汐:どういうこと?!
笠:じゃあいきますよww

メール:誕生日のお祝いなどでつかうお店を選ぶコツについて

駒:基本的には「行ったことなさそうな派手め」で狙ってる
笠:あー はいはい
汐:そうだね、なんかいつもは行かないようなちょっと特別感のある、内装のお店だったりとか
笠:そうね、確かに
駒:だって今まで行ったとこ全部ド派手じゃない?
笠:ド派手
汐:うん
笠:わりと、「えっ…すご! 絶対これ自分じゃ来ねえよ!」みたいな
汐:はははwww
駒:いやそうなんだよね


誕生日の思い出(1年目)

駒:しかも、いちばん最初の一周目、みんなの誕生日祝ってる一周目ぐらいのときは、あのー選んだチョイスのお店がさ、めっっっちゃ女性ばっかりのお店とかも確かあった
笠・汐:あーーーー
駒:「お?」みたいな

笠:俺さ、俺いちばん最初の一周目ってさ、ローストビーフ食べ放題
汐:あーそうだ!
笠:が一周目俺だった
駒:あーそっか!
汐:ローストビーフのところで!
駒:そうだそうだよ!

笠:そうだよね? で、ふーみんはだからあれか
汐:なんだったっけ…
笠:店を取ったわけじゃなかったんだっけ…
汐:あっそうだそうだそうだ! お店は取ってないや
笠:VRのところ…
汐:そうそうそう
笠:で
汐:新宿にあるVR
笠:渡したんだよね?
汐:うん、バンナムさんがやってる
駒:あ、そーだそーだわ!
汐:そうそうそう、あそこのフードコートみたいなところで
笠:そうだよね
汐:遊んだあとに
笠:今使ってくれてんの?
汐:水筒もらった…
笠:使ってくれてんの?
汐:家にはあります
笠・駒:…うーわー……
汐:wwww
駒:どうせこういうやつだよ!
笠:wwwww
駒:ほーんと…マジで…
汐:いや違う、マジで最初のほうはちゃんと使ってたよ
駒:オレそういうのけっこう根に持つよ
汐:wwww
駒:wwwww

笠:で、駒ちゃんのとき一周目どこだったっけ
汐:駒ちゃんのときはー…
笠:あげたプレゼントは、カメラのストラップだったよね?
駒:カメラのストラップがたぶんしょっぱなだった
汐:あ、そうだそうだ、えーとサムギョプサルのお店だ
駒:あ! そうだギョプってた!
汐:うん


駒:そういう意味じゃ一周目はわりかし…
汐:一周目は…
笠:一周目はわりかし…あのー…飲みに行く可能性もあるかもしれないところ
駒:そうだね
汐:そうだね
汐・駒:二周目ぐらいからか
汐:派手になってきたの
駒:すごいド派手になったの
笠:wwww
駒:そこで女の子しかいないようなお店とかもあったけど
笠:あったあった…wwww
駒:僕らも過ごしているうちにそういうところに平然と入れるようになった
笠:入れるようになったww
汐:wwww
駒:もう96パーセントぐらい女子しかいないけどね
笠:www男3人がね
汐:女子かカップルしかいない中に男3人1組…

笠:で、だいたいさ、ふーみんも最近よく食べるようになったから、で俺もだし駒ちゃんもだから、周りガールズばっかりで、とてもつつましやかに飲んだり食べたりしてんのに、俺たちの卓だけ
駒:めちゃめちゃ飯ある!
笠:机に乗りきらないくらいのwwww
汐:バイキングかな? みたいな

駒:ファーストオーダーの量が半端じゃなくて
笠:そうなんだよね
駒:完全に食いきるんだけど、まあすごいよね 最後デザートとか一丁前にめっちゃ食べてね
笠:そうそうそう いっぱい食べるしね


お店を選ぶ際のポイント

汐:どういう…?
笠:お店、コツね!
汐:コツね、なんだろうね

汐:オシャレ…
駒:なんか、「みんなが喜ぶ」とかって考えると難しいから、例えば幹事とかでやらなきゃいけないんだったらまず明確に予算で決める
笠:そうだね
駒:のは大事かもね
汐:そうだね
駒:飲みほ食べほとかつけていくらっていうのを明確にして、そん中で探す

笠:あとは、急に人数が増えたり減ったりとかしても、対応してくれるところ
駒:そうね、事前に聞いたほうがいい! トラブルの元(MO・TO)!
笠:そうだよね わりとそのへんをフレキシブルに対応してくれるところとか
汐:なるほどね
駒:席予約ですむか、コースで頼まなきゃいけないかとかもちょっとチェッキン…Checkingしといたほうがいいかもね アラカルトで頼めたほうが楽だと思うけど
汐:人数が多いんだったらコースのほうがでも楽そうだよね
駒:そうだなー 準備、提供長くなっちゃうからね
笠:そうだね

笠:まあもちろんいい店とか、おいしい食べ物とか、いい景色っていうのも重要かもしんないけど、わりと…「トラブルなくできそうなところ」?
汐:そうだねえ
笠:がいいんじゃないかな 特に歓送迎会とか…だったらね
汐:確かに おっきいところ…広いところがいいね!
笠:そうだね

笠:まああとはケーキとか出してくれるか、とかも必要かもしんないね
駒:そうだね、オレみたいなやつがいたら「座敷はキツイ」とかね
笠・汐:www
駒:椅子ないとダメだよみたいなね
汐:なるほどねww
笠:座敷…座敷キツイんだwww
駒:座敷キツイ…
笠:あ、そう
駒:足痛くなっちゃう
笠・汐:wwwww
駒:この足折りたたむの大変なんだよ

汐:うんうんww
笠:なるほどね
駒:そういう人もけっこういるからね!
笠:そうだね! 確かに確かに
汐:そういうのも考えながらねー

駒:幹事って大変やと思う!
汐:大変だね! そう考えると
笠:大変だと思いますけど頑張っていただければと思います
駒:頑張って!
笠:僕たちの、そういう意見が活きればいいかなっていうふうに思いますが
汐:うん!
駒:うん!

笠:よろしくお願いします、ありがとうございました!
汐:はい!
駒:ということで315コミュニケーションでした! プロデューサーさんからのメールお待ちしております!


NEWS315

笠:(たどたどしい)みなさんこんばんは、今週も始まりましたNEWS315、こちらは315なニュースをいち早く皆さんへお伝えする番組です
駒:シャキっとせい!
笠:はわわ…わたくし、キャスターの…kk、kkkk淳ですッッ(裏返る)
汐:がんばって!
笠:よろしくお願いいたします…
汐:同じく、キャスターの汐谷ふみこです。よろしくお願いします。そして本日のコメンテーターは、駒田航さんです
駒:(低い)よろしく、お願いします!

笠:kkkk駒田さんは、ファンから「釣り師」と呼ばれている神対応ソロアイドルということで、その分野からの貴重な意見を伺いたいと思います
駒:一本釣りじゃい!!!!
笠:wwwそれでは最初の一本釣りを!

モバ:深緑のGymnasium※省略
汐:淳、がんばって!
笠:はい!

ステ:未知なるシャイニースペースライブ
笠:博物館で宇宙をテーマにした特別展のPRライブを行うことになった北村想だよ~、天道輝(汐:ん?)、舞田類、蒼井享介は(汐:ん?)、ライブに先立ち、博物館で宇宙の魅力を学ぶことに。イベント限定でスカウトできるアイドルは舞田類と蒼井享介です! また、スペースアドベンチャーガシャでスカウトできるアイドルは、北村想だよ~と天道輝。どちらも期間限定アイドルとなっていますので、ぜひ、スカウトしてみて、ください!
汐:よくできました♡
笠:ありがとうございますッ

笠:このニュースについて、カツオ一本釣り漁師・駒田さんはどうお考えですか?
駒:…いい出汁が取れるばい!!!!!!
笠:…wwwww
汐:はい、続いてのニュースです!

音楽情報:THE IDOLM@STER SideM 4th ANNIVERSARY DISC 「LIVE in your SMILE / DREAM JOURNEY」
駒:(ふみこのアナウンスに)エレベーターガールみたいだ!
汐:ありがとうございます♡

ライブ情報:ランティス
汐:(出演者を読み上げるふみこ)
駒:ドドドドドド!!!
汐:…駒田航の
駒:オウイェ!!!
汐:10名です♡

ライブ情報:ANIMELO SUMMER LIVE 2019 -STORY-
レジェメンバーの名前が読み上げられるたびに盛り上がる

汐:このニュースについて、駒田さんはどうお考えですか?
駒:あっちむいてほい!!!!!!
笠:…負けたァ~!! 私はなんてことを…(泣) というわけでNEWS315、そろそろお別れのお時間です。皆さん315な週末をお過ごしください。それでは、あっち向いてほい!!!!
駒:○×☆…!
笠:やったァ~~~~~!!!!!!!


雨彦さんの「お掃除お願いします」

汐:(低く怪しく)さて、次のコーナーは
3人:雨彦さんの「お掃除お願いします」

~BGM「Sweep Your Gloom」~

汐:こちらはプロデューサーさんから送られてきた怖い話やお悩み相談を紹介して、供養するコーナーです
笠:そうなんです
汐:始まりました
笠:(ボソボソと)不思議な、世界へ、みなさんを誘(いざな)えるかもしれません
駒:(怪談口調で)ふすまがバンバン開くよ
SE:スッ…
駒:おっ! おおっ!(怯)
SE:…ピシャン
駒:おおっ! 閉まった!
笠:閉まった(安堵)

駒:それじゃあ…いこうか…
笠:ふみたすよろしくお願いします
汐:そうですね、ちょっと何者かがね、騒いでるみたいなんでね 供養していきたいと思います
笠:お願いします


耳元で…

メール:心霊現象の噂があるバイト先で、耳元に「Why…」とささやかれた先輩の話

笠:(スーッ)May I help you? I'm sweeper.(ピシャッ)

汐:wwwwww
汐:…えーーーーーっ!
駒:これおもろすぎやろ!
汐:なにこれ!

笠:これでも…すごいよね ほんとに心霊現象だったんだとするならばさ
汐:wwww
笠:氷を台車に載せ、厨房を出ようとしたときに、耳元で、「なんで?」って言われるわけでしょ
汐:うん
笠:Why…
駒:Why…
汐:Why……

笠:これ駒ちゃんだったらなんて言うの?
駒:これオレが言われたら?
笠:言われたら

駒:…I'm so hot.

笠・汐:wwwww
汐:「アイムソーホット」?www 暑い?www
笠:wwwwそれ今のあんたでしょ!
駒:wwwww
汐:そうじゃん! パーカー!
笠:また、またノースリーブになって!
駒:氷がほしいくらい暑いんじゃ!
汐:パーカー脱いで、首に、脱ぎかけの首にかけたまんま、タンクトップで着てるっていう よくわかんない
駒:最近ずっとこのスタイルだね
笠:そうだねwwwいっつも、いっつもそれだもんねwwww


ドイツホラー事情

汐:Tシャツで来なよもう
駒:Tシャツ…そうね…
笠:これでもすごい…、そのさ、駒ちゃんがさ、ドイツにいたときも、そういう怖い話ってあったの?

駒:あっちもホラー映画とかそういうのはあるけど、実際自分は経験してないからわかんないんだけど、あっちの家のほうがオレ的にはね、日本の古い家屋も怖いけど、あっちの家って地下室基本デフォであんのね
汐:うわ~! やだー!
笠:あー…なるほどね

駒:そう! で、地上が平屋というよりはけっこうわりかし細めの家に、3階建て地下1階ってけっこう多いのね
汐:はいはい…
駒:つまりさ、上下がけっこう深いのよ
笠:あー…
駒:たとえば寝室が3階とかにあって、下のキッチンとかが地下とかにだいたいあったりとかしたりとかすると、「お?」みたいな
笠:はあー…
駒:けっこう怖くない? 閉じ込め…なんか、オレもう洗濯物取りに行ったりとか下にものを取りに行くのめっちゃ怖かったのよ!
汐:うん!
駒:もう電気つけてさ、「ピカッ…ピカピカピカッ…」て下がだんだんとついていく(笠・汐:ああー!)あの描写もオレ嫌なの!
汐:蛍光灯みたいなね
駒:「もう地面穴開けて光さしてくれえー!」って思って
笠:wwwwwww

駒:だからあっちもたぶんおったと思う
笠:はあーなるほどね じゃあそういう逸話とかそういう怖い話はやっぱあるよね
駒:あると思う、ぜんぜんあると思う

汐:海外はしかもあれだもんね、家とかってさ、基本的に引っ越すときって売っていく感じ…なんだっけ
駒:あー! まあもちろん持ち家だったらね、とかそういうこともあるらしいし まあ日本オバケというよりも悪魔説が強いからあっちは
笠・汐:あー…
駒:まあそういうたぶんあっちの宗教的なアレとかもあるだろうけども
笠:そうだね
駒:そういう意味ではなんか、「恐怖」だよねあっちは 日本のはなんか、なんていうのこの? じわじわくる怖さじゃん
駒:ぞっとする系! そうそうそう、鳥肌系
汐:背筋が凍るようなね
笠:「ぞわぞわ…」みたいなことだよね
汐:確かに…

駒:いやこれ確かに…誰だろうね、オバケは日本語でよく「あー…」とか言うの 確かに外国語でしゃべったっておかしくないよね、あいつらの言語わかんないもんね
笠:いやそうだよ
汐:そうだねえ
駒:でもなんで「Why」…
汐:ね! 厨房を出ようとしたときでしょ、氷を台車に載せ…

駒:あ、そうだ! 氷を持っていってほしくなかった! もしくは、「ワイ…」って自己紹介しようと思ったのに
笠・汐:wwwwwwww

笠:あー…なるほど…
汐:なるほどね!
駒:氷持ってる子に対して、「若いやつ来たな、ワイその氷いっしょうけんめい作ってん」っていうその途中の「ワイ…」だけで逃げちゃったから
汐:うん あ、そうかも
笠:wwwだから「Why…」に聞こえたんだ

笠:かっこいいねでもなんか
駒:ちょっとおっちゃんやってくんない? オレ氷…「よいしょ、もうなんで氷なくなっちゃったんだよ~…」
笠:「ワイ…!」
駒:キャーーーッ!!!!!

駒:「ワイ…ワイ…ノーワイ…」
笠:「あ…行っちゃった…」

笠:ってことでしょ?
駒:そういうこと
汐:www

汐:ちょっとかわいく見えてきたね、幽霊
駒:そうね
笠:wwwww


かさまさんの体験談

笠:いや実はさあ…
駒:えっ
笠:俺も最近…
汐:えっ?
笠:ちょっと心霊現象に…
駒:ええっ!!!
笠:遭遇してさあ

笠:これ短く言うんで言っていいすか?
汐:話してみなさいよ…

笠:俺ね、夜散歩すんの好きなのよ
汐:うんうん
駒:フィオと?
笠:自分の家の周りを…いやフィオとじゃないけどww 犬じゃねえからwww
3人:wwww
笠:猫だからwww

笠:そうひとりでね、音楽聞きながら散歩して、なんかちょっとこう運動がてらウォーキングするの好きなんだけど、なんかね、うしろから、自転車みたいな明かりが、来たなって思ったのね
汐・駒:うんうん
笠:で、「ああ避けなきゃ」って思って、パッて避けたら、いつまで経っても自転車…通り過ぎていかないのよ
笠:「あれ?」って思ってうしろ向いても誰もいないし
駒:うわあ!
笠:で、「おかしいな…なんか見間違いかな?」って思ったら次の瞬間、さっきまでは自転車のひとつの明かり、だったのが今度は明らか、自動車がふたつのライトで通って行くときに、ふたつのライトで照らしてブーンっていくじゃんか あれの、車だけないバージョンみたいな明かりがスーッていって
汐:えーーーっ!

笠:「…マジか」って思って さすがにちょっとね、それ、俺基本的にあんまり信じないけど、俺宇宙人は信じるけど心霊ってあんまり信じない…
汐:うん
笠:どちらかというと、なんかそういう「人の思いがそこにとどまってる」みたいなのはあるかもしんないけど、何か意思をもってあるっていうのは俺あんまりどうかなって思うんだけど、それはね、マジで…
駒:それ1回だけ?
汐:えー…
笠:なんにも説明できないこれ、って思った 1回だけ


推理してみる

汐:こわ…
笠:それはあの、あーでもちょっと今ひらめいちゃったわ…
駒:えっ…
笠:もしかしたら、俺その散歩してたときに、周りにも住居があるからね、上の人が懐中電灯とかで道を照らしてたらそうなるかもしんないけど
汐:えーでも2本で照らす?
笠:…いやわかんないけど
汐:二刀流する? 懐中電灯

笠:にとうりゅ…
駒:うん確かに カップルがおんなじところをまとめて照らしてた可能性あるかもね
笠:そう
汐:そんなww
笠:「ほら下、人歩いてるう~やってみよ」スッ…つって
駒:wwww
汐:あー…まあまあまあ…
笠:っていうのが…
汐:振り向かなかったの?
笠:いや俺もう怖くてそんとき
汐:ああそっか…
笠:うわヤバって思って

汐:えー…
笠:それはね、俺最近体験したガチな心霊現象 ほんとに
汐:やだー…
笠:ほんとに車だけないバージョンの光の筋がスーッっていったの

駒:…それ宇宙人だったんじゃない?

笠:…そうか! 俺キャトルミューティレーションされそうになったってこと? じゃあ
汐:なにそれwww
駒:なにそれキャトルミューティレーションって
汐:キャトルミューティレーション

笠:よくあるじゃん、あの海外のさ、牛とかがさ、血抜かれて…
駒:あー!
笠:そのまま…みたいな
汐:あー…
駒:へえ~

笠:いやちょっとね、あれはびっくりしました
駒:だから最近やつれてんのかな…
笠:wwww やつれてるwww

駒:そんな感じで! じゅじゅんのような奇怪な現象を味わっちゃう人もいますけれども
駒:Pさんの場合はこれは、オバケに出会っちまったんだなと

笠:ことかもしれない
汐:まあ仲良くしてくださいって話ですね
笠:はい

駒:いい人だと思う
笠:うん! 「ワイは…」つってね、「ワイ持っていってほしくないねん」みたいな
汐:そうそう…
駒:「ワイの氷…」って
笠:そういうことだよね

汐:はい! というわけで、以上「雨彦さんのお掃除お願いします」でした。プロデューサーさんからのメールお待ちしております!
笠:(ささやき)…お待ちしています



※参考
togetter.com


エンディング

~BGM「String of Fate」~

駒:さて、315プロNight、そろそろEnd of Fate(笠:でぇす…)。番組ではプロデューサーさんからのメールを募集しています。詳しくは番組ページのコーナー紹介をご覧ください
笠:はい! 315プロNightは毎週金曜21時から。次回の放送は5月24日になります。もしその日は?
汐・駒:無理ー!!
笠:というプロデューサーさんは、ぜひタイムシフトをご利用ください!
汐:315プロNightではチャンネル会員を募集中。会員になるとこのあと放送されるオフサイドを聞けたり(駒:Off side…)、我々が書くブロマガInsiteレポートも読めちゃうので(駒:Inside…)(笠:Inside Reports…)、Insideレポート、よろしくお願いします
汐:なお、オフサイドは最初の5分はお試しで聞けちゃいますので、ぜひ聞いてみてくださいね!

駒:ラジオ放送終了後から1時間の間、営業が…
汐:1.5倍!
駒:営業が1.5倍ってヤバいねwwww
汐:wwww信頼度!
駒:めっちゃブラック!
笠:wwww確かにwww
駒:めっちゃブラッ…ラジオ放送終了後から1時間の間、営業で上がる信頼度が1.5倍アップ中です! お気に入りアイドルをマイデスクに入れて営業しましょー!

笠:はい! ありがとうございます
汐:はい~
駒:そんな感じでーす

駒:さあ4th! 直前に録っているということで、まあ終わったら
汐:うん!
駒:みんな猛烈な勢いでメールのほう送っていただければ幸いです!
汐:はあい!
笠:そうなんです それを見て僕たちこの5月24日の収録をするということですよね
汐:うん!

笠:なので
駒:はい!
笠:ほんとに僕たちも終わりたてほやほや 今度ばっかりは嘘じゃなく、終わりたてほやほやの状態で皆さんからいただいた出来たてほやほやのメールを読ませていただくという回になりますので
駒:さようです!
汐:アツアツで食べちゃいますよ
笠:頑張って送っていただければと思います どしどし
駒:すいやせん、よろしくお願いしやす
汐:よろしくお願いします!
笠:お願いいたします

駒:というわけで本日の315プロNightはここまで! お相手は古論クリス役、駒田航と
笠:葛之葉雨彦役、笠間淳
汐:北村想楽役、汐谷文康でした! それではみなさん、

3人:おやスピ~~~~~~~!!!!!!!

315プロNight#209 2019/5/10

凡例

各人の発言は文字色で分けています。
笠間さん=黒
汐谷さん=
駒田さん=
※キャラクターの個人カラーに基づいています

太字=エコーがかかった部分
駒田さんの発言におけるイタリック表記=発音がいい

※有料放送のオフサイドについては個人的に記録していますが、公開はしません


315プロNight#209 2019/5/10

寸劇

カピバラのマッサージ係「よ~しよしよし^^」

オープニングトーク

汐:プロデューサーさんおはレジェ! 北村想楽役、汐谷文康です
駒:プロデューサーさんおはレジェ! 古論クリス役、駒田航です
笠:プロデューサーさんおはレジェ! 葛之葉雨彦役、笠間淳です


カピバラさん

汐:「よ~しよしよし^^」
笠:「やめろって! わかったから」wwww
汐:「よ~しよしよし^^」

笠:あれ難しかったんだから~あれ~~~
汐:wwww
駒:いやホント
笠:もうどうしようと思って
駒:ラジオのプチストーリーに出てくるにしてはいちばんハードルの高めな
笠:だいぶwww
汐:今まで録った中でいちばん弾けてる3人だったんじゃないかな
笠:雨彦の…そうなんだよね

汐:だってクリスさんが「撫でてみては?」とか言って
笠・駒:wwww
汐:悪ノリしてる
駒:攻めすぎだよ!!
笠:これしかもさ、この文脈でいくとさ、おしりをってことでしょ?
駒:そうだよ
笠:おしりのツボを撫でてみ…wwwww
汐:wwwww

駒:ここでしょ
汐:よ~しよしよし
笠:ヤバいだろ…
汐:「あ~そこそこ」ですね

笠:これちなみにほんとにカピバラってあるんですか? こう…なんか気持ちよくなるツボが
駒:あるんだ!
笠:へえ~そうなんだ

駒:まあカピちゃんなんかはいっつもほぇ~~~ってしてて、ふみみたいだもんね
笠:wwwまあね、確かに


カピバラを愛でる

笠:あれ世界一おっきなねずみだったっけ カピバラって
汐:あ、そうなんだ
駒:そうなの!? え、ねずみなの!
笠:ねずみねずみ
汐:へえ~~~

駒:じゃあ、オレたちの大好きな
笠:wwwマッサージのツボを見せていただいて…え?
汐:あ、本当におしりの先っちょなんだ
笠・駒:へえ~~~
駒:え、こんな先っちょなんですか? これって、う、う、うんち出てくるところ…
笠・汐:wwww
汐:まあそうだよね
笠:リラックスしてね、ポンポンポンとやってたら
駒:ねえ
笠:ポンポンポンポン…うわあ! みたいなwwww
駒:wwwwカピちゃんねえ
汐:リラックスしすぎちゃった~みたいなね

(画像を見ている)
3人:あ、かわい~!
汐:ちっちゃいカピバラさん~~…
駒:なるほどね
笠:あーいい顔してますね
駒:オレカピバラ散歩したい!
笠:カピバラ散歩?www
汐:カピバラ散歩したい?

駒:かわいい!
汐:かわいい~…
笠:散歩ってできんのかな?
駒:飼っていいんですかカピバラって
笠・汐:どうなんだろうね?
駒:ダメかなあ
笠:ダメなんじゃない? まだ
駒:え、でもめっちゃインスタ映えじゃない? なんか
笠:まあね
駒:巨体…なんかインスタ始めたいもん 「巨体とカピバラ
笠・汐:wwww

笠:しかもさ、なんかけっこう水の中に入ってるイメージあるから、お風呂とかけっこうふわーっとやってそうだね
汐:あ、いいね~それ!
駒:ジャグジーとか与えてやったらどうなるんだろう
駒:ボゴオオオつって
笠:ボオオオって
汐:www一緒にお風呂…

3人:あ、かわいい~~!!
汐:てかけっこう大きくなるんだね!
笠:あ、ペットとして飼ってるお宅もあるんだ!
汐・駒:へえ~!
笠:でも日本ではない
駒:…あ、なるほどね アメリカでは
笠:アメリカとかなんだね
汐:ほあ~~うんうんうん

笠:wwwww
駒:でもなんか飼ってもいいんじゃないかね?
汐:でか!
駒:デカワイイ
汐:すごいふてぶてしい顔してる
駒:でかい!

笠:そうだよね、確か水の中で生活もしてるから泳ぎも得意なんだよ 確か
汐:へえ~~
笠:カピバラさんて
駒:サイズけっこうある
汐:でかいね
笠:でかいよね

汐:これ確かにアメリカンサイズだね
駒:でっか!
笠:え? どういうww どういう評価だったの今
汐:wwww
笠:アメリカンサイズって
汐:いやなんかアメリカって土地が広いじゃない?
笠:ああ、まあね 行きたいねアメリカね~
汐:アメリカ行きたいね
笠:行こう


けつドラムの話(2週連続)

駒:でもオレたちからしたらふーみんマジカピバラみたいなもんだからね
笠・汐:……www
汐:に、人間じゃ…
笠:そうか! だから先週言ってた
駒:そう
笠:しりドラムアハハハハwwwwww
汐:wwwww

笠:あれはだから、マッサージなんだね!
駒:そう気持ちいいの
笠:タッタカタッタカつって
駒:タッタカタッタカタッタカ
汐:ここにきて伏線回収…そう最近ね、腰のあたりがこるんですよ
笠・駒:www
汐:腰のあたりが
笠:お!
駒:じゃあまたね
笠:あらら
駒:誰かんちに泊まりに行って
笠:そうだよ ドラミングやんないと
汐:マッサージしてもらわないとね
笠:ちょうど俺も、だからもう…もうそろそろ寝そうってときにいつもやってくれるから 俺もこう寝ぼけた感じで「ああ…いいよ…」
汐:wwww
笠:「ああいい…いいリズム…」
駒:じゅじゅん…すげえ楽しそうに見てるww
笠:そうもうね、睡眠導入だからねあれ あのリズムがwww タッタカタッタカタッタカつうwww

駒:あのね、たぶん本人は叩かれてるかわかってないけど、外から客観的に音だけ聞いてるとすげえリズム刻んでんだよちゃんと
笠:けっこうすごいよ
汐:そうね叩かれてるぶんにはあれなんだよなんか、あのなんか、「ああ…叩かれてんな…」ぐらいの
笠:wwwww
駒:起きろよ!!(怒) お前起こすために叩いてんだよ!
汐:www映像で見るとね、なんか、あ、すごい、わりと…なんかショッキング、ショッキング
駒:映像があるんだよ
笠:そうそう映像が実はあるんすよwww
駒:まあ残念ながら世には晒せない
笠:世には晒せないやつだけどwww ドラミングされてる動画があるwww

駒:まあそんな感じでね
笠:はいはいはい
駒:今週もうる…っっさい3人でね、お送りしていきたいですね!
笠:はい

汐:今週も僕らと最高な夜を過ごしましょう! 315プロNight…
笠:スタートです!
汐・駒:スターート!


315コミュニケーション

汐:それでは最初のコーナーは~?
3人:315コミュニケーション!!

汐:はーいこちらはプロデューサーさんからのメールをご紹介するコーナーです!
笠:はーいいつも読めないからどんどんいこう!
汐:どんどんいきましょー!


メール:忘れられない光景

SSAのステージに立ったことがあるP

駒:めっちゃ気になる…なんの人だろうね
汐:確かにねー
駒:スタッフさん、じゃないか 演者か!
笠:ダンサーさんとかじゃない?
駒:ダンサーさん、もしくは演奏者かもしれない 楽器とか
笠:だとしたらすごいよね SSAでやるレベルのアーティストさんのバックバンドの方か、ないしは
駒:バックダンサーか
笠:そうそう ないしは、メンバーかwww
笠・汐:wwwww

駒:すごくない?!
汐:うんうんうん
笠:それはすごいよね、ほんとに
駒:なんならゲストのレベルだよ もうね
笠:いやほんとほんと! そうそうそう、すごいよね
駒:これからその光景を我々も味わわせていただくということになるんですかねえ


富士急アイランドの話

いつ行ったの?と絡むおじさん2人

駒:で、忘れられない光景ですよ
汐:うんうんうん
駒:ありますか?
汐:まあでも、もちろんね、セカンドライブ幕張に立ったときのさ、あのBeyond the Dreamの振付でさ
笠:ほう
汐:最初顔下げて体揺らしてるじゃん? そっから顔上げたときの、あの何、サイリウムのいろんな色が光り輝いてる光景ってのはめっちゃめちゃ目に焼きついてるんだけど、まあプライベートの話とかですると、最近ね、最近じゃないんだけど、富士急に行ったときに、あのー…
駒:聞いてないよ(迫真)
笠:聞いてないよ?(迫真)
汐:www
駒:何それ
笠:誘われてないけど
汐:え、けっこう前けっこう前!
駒:待って待って待って
笠:待って待ってどういうことどういうこと
駒:けっこう前っていつよ
汐:けっこう前だよ、相当
笠:いつだよ
汐:いやいやいやwww え、3、4年前ぐらいかも
駒:あ、今それなんか結構前に(設定したでしょ)
汐:もしかして会ってないかも
駒:嘘でしょ
笠:嘘でしょ
汐:wwww
駒:そんなときに行ってないでしょそれ
笠:3、4か月前でしょ
汐:そんなことないwww
駒:オーイ! 聞いてねえそれほんとに
汐:いやいやいやいや
笠:聞いてないよ
駒:一緒に行こうっていったじゃん!
笠:ハッハッハッハwwwwww
汐:wwwwwww


しおやくんの忘れられない光景・FUJIYAMAの話

笠:言ってはないかなwww
笠・駒:wwwwww

駒:で?
笠:で? 富士急?
汐:で、富士急で、FUJIYAMAっていうアトラクションがあるんだけど、すっっごい高くまで上っていくジェットコースターがあるの
駒:へえ~
笠:あれいちばん富士急でいちばんエグイ絶叫だったっけ
汐:そうエグイ絶叫 すっげえ高いところからバァーッて降りていくやつ

汐:あの高台からの、あのすっっっっ…ごいなんか…
駒:ボキャブラリーすくな…
汐:けしき…
笠:wwwwwwww

汐:山梨の、景色はすごかったですね
駒:あ、そんなに高いの?
笠:wwww
汐:「今から俺は落ちるんだ…」って
笠:wwwwww(高笑い)
駒:何メーターくらいから?
汐:あれけっこうすごいんだ マジだから風が強い日とか止まるぐらい、高いのよ

駒:富士急行ったことある?
汐:ふたりある?
笠:俺ない!
汐:ない? ないのお?
笠:ない 俺基本的にね、アミューズメントパークってかこういうところ、俺ディズニーしか行ったことないからwww
汐:あら
駒:マジですか!
笠:俺ぜんぜん知らない
駒:ディズニーはどっちも行ったことあるわけ?
笠:あ、でもこっちに来てからね! だからあのー広島とかにいたときは、今はなきスペースワールドとかはたまに行ってた
汐:うんうんうんうん

(動画を見ている)
汐:えー、行こうよだったら
駒:待って待ってこれ
笠:ヤバ!
駒:けっこう高いよ
汐:すっごい高いんだよこれ! マジで絶望するから
笠:うわあ~!! ちょちょちょ、これ、ちょっと待って太陽に向かって上っていってるじゃんこれ
汐:そうそうそう! 「今から俺は灼か…」あの、なんか
笠:灼かwwwww
駒:wwwww
汐:アトムみたいな(?)
笠:灼かれないよwww
汐:アトムみたいな感じなの(???)

笠:へえ~ マジマジ?
駒:これさ、ウワすごいねこの
笠:ウォア~、アアッ(怯)
汐:映像を見てる
駒:映像を見してもらってるんだけど
笠:そうなんです! ごめんなさいね、俺たちの、俺たちのこういう反応ばっかりwww
駒:うわあすげえ
汐:富士山が目の前にあって
笠:反応が垂れ流しみたいな

駒:オレさ、いっつもこれ乗るとさ、「脱線したらどうすんだろ」って
汐:わかる!
笠:う~~~わヤバッ! これ!!!
駒:うおーっ!
汐:えー!
駒:…あ、でも、意外にこんなもんか
汐:あれでももっと高いところから落ちてた印象なんだけど
駒:まあもうちょっと…
笠:それはやっぱその場でいるのと、映像とじゃ違うでしょ感覚が
駒:そうよね
汐:そうね

駒:あのー正直絶叫、大大だだ大好きなんで
汐:うんうん
駒:四六時中オレを乗せてほしい
汐:あはははwww わかるあれは何回でも乗りたくなる
笠:ワシも好きです
汐:お!
笠:3人で行こう
汐:行こう行こう
駒:行きたーい!


おばけやしきが怖いこまださん

笠:あ、でも駒ちゃん怖いのはダメなんだっけ あのさ、富士急だっけすげえやばい…
汐:あるよ
笠:あのー…おばけやしきがある…
汐:おばけやしき
駒:アー! なんだっけなんだっけナントカ病棟!
汐:えーっと…なんだっけ
笠:ナントカ病棟って、ほんとの病院みたいな設定
駒:ぜつびょう(絶望)病棟?
笠:ぜつびょう病棟www
汐:なんだっけ!
笠:絶望病棟だよwwwぜつびょうwww

汐:戦慄迷宮!
笠:あ、戦慄迷宮!
笠・駒:ワハハwwwwwww
笠:でもあるよ! ありあり! ありだよぜつびょ…絶望病棟
汐:wwww

駒:あれ3人で入れんの?
汐:入れる入れる
笠:いけるんじゃない?
汐:いけるいける
駒:なんかどこかのさ、区画に入った瞬間に「ひとりずつになってください」とかっていうのは?
汐:なかったと…
笠:どうだろ 俺もねずーっと行きたいと思ったけど行ったことないんだよ
汐:うんうん 確か…なかったと思うんだけどね もしかしたら最後ひとりで行けみたいな…
駒:絶対やだ!
笠:wwwwwwwww
駒:絶対やだもう 壁ぶっ壊してでも外に出る! もう絶対やだ!!!

汐:意外とそんな感じなんだね~
笠:駒ちゃんはね! だってこないだの、こないだの回? 前の前の回か
汐:うん
笠:ぐらいに、たぶん「ホラー系はいちばん苦手」っていう話が出てたじゃん
汐:あ、そうだそうだ ゆってた

笠:そうなんだよ 駒ちゃん体はおっきいし、声もおっきいし
汐:wwwww
駒:今タンクトップだけど
笠:そうwww 今タンクトップでもう非常にたくましい上腕二等筋を出してるけど、たぶんねいちばん怖がりで、いちばん辛いものが苦手 刺激がちょっと…
汐:子犬のようなハートしてるんだね
笠:フッフッフwwww
駒:でも絶叫は好きなの だから物理的なダメージは強いんだよ
汐:あ、なるほどね
笠:うーわー!
汐:精神的なダメージがダメなの
駒:うわこれさ だってもう…アカンやん
笠:うーわー!!

駒:逆に聞きたいんだけど、このぜつびょう あ、ぜつびょうじゃないやwww
汐:wwww
笠:戦慄迷宮
駒:戦慄迷宮で働いてるスタッフさんたちは大丈夫なの?
汐:すごいよねー
笠:まあもう、お仕事なんでしょう、そりゃ
駒:「さ、そろそろやりますか…」ぐらいな気持ちでいるのかな
笠:そうだよ
駒:すごくない?
笠:「そろそろ脅かしますか…ヘイ!」つってwww
駒:えー! オレ…オレ富士急に就職してたら、「じゃあ駒田くん、キミは戦慄迷宮で!」って言われたらOH!! MY!!! GOD!!!
笠:Oh my god(笑)
駒:「ムリムリムリムリ!!!」だよね
笠:wwww


今週も時間切れ

駒:え、こんなんできる?
笠:wwwwwwwヤバい!!!!
汐:ええ~~~!!!
駒:えーーーー!!! 3通読むって決めたのに!!!!
汐:タイムオーバー!
笠:つもりだったのに!!
駒:もう時間だって!!!

笠:マジか~…
駒:…まあまあこれはね!
笠:次!
駒:またいつもの
笠:次がんばろ!
駒:おまけでね おまけに回しましょ
汐:まだまだね、ありますからね
駒:まあそんな感じでね もー…ほんとにもー…

笠:というわけで、実際忘れられない光景はほとんど…wwwww
汐:俺しかしゃべってないじゃん!!!
笠・駒:wwwwwwwwwww
汐:も~~~~~だめだ~~…

笠:また何かの機会で語らせていただきます!
汐:はーいというわけで315コミュニケーションでした プロデューサーさんからのメールお待ちしております


NEWS315

駒:みなさんこんばんは! 今週も始まりましたNEWS315、こちらはサ・イ・コーなニュースをいち早く皆さんへお伝えする番組です。わたくし、キャスターのKomada Wataruです。よろしくお願いいたしまーすッ
笠:同じく、キャスターの笠間じゅんこです。よろしくお願いします。そして本日のコメンテーターは、汐谷文康さんです
汐:(さわやか)フフッ、よろしくお願いします
笠:(噴)
駒:うーん、Ikemen

駒:汐谷さんは写真集を出すほどイケメンすぎる配送員ということで
笠:はあ~…イケメンですね~
駒:その分野からの貴重な意見を伺いたいと思っております
笠:ステキ~
駒:それでは最初のNEWS

モバ:梅雨を彩るフロッグライブ※省略
駒:Dramatic Idol育成Card Game、IDOLM@STER SideMはAppStore・Google Play・Andappにて好評配信中です。現在開催中のEventは「梅雨を彩るフロッグLive」。カエルの王子様をモチーフにしたミュージカル風ライブに出演することになったCafeParadeの卯月巻緒、水嶋咲、とBeitの3人(以下略)

ステ:花盛りのFlower Parkガシャ※省略
駒:(前略)ScoutできるIdolは榊夏来とAsselin Belzebuth Ⅱ世です!!! こちらは…www
笠:デスボイス…www デスボイス!!!(デスボイスで)

駒:このニュースについて汐谷さんはどうお考えですか?
汐:はい! すごく素敵なゲームだと思います、僕もアイドルとしてプロデュースしてもら…あ、ちょっと待ってください
駒:あんた配送員ですよねィ!!
汐:再配達の、再配達の連絡が来ちゃって ごめんなさい、今行かなくちゃ
駒:今配送員ですよね! アイドルって言いました…あっっ!!! 汐谷さーん?!?!
汐:ごめんなさい!

笠:続いてのニュースです

音楽情報:THE IDOLM@STER SideM 4th ANNIVERSARY DISC 「LIVE in your SMILE / DREAM JOURNEY」

笠:配信ちゅっちゅっちゅ~! (中略)先行販売も実施っし! (中略)5月19日までっでっで!

ライブ情報:THE IDOLM@STER SideM 4th STAGE TRE@SURE GATE

笠:詳しくはオフィシャルサイトをご覧くださーい、さーい、さいさいさいね!

笠:このニュースについて、汐谷さんはどうお考えですか?
汐:ハアッ、ハアッ、すいません…今ちょっと再配達の受付してて
笠:ああお帰りなさーい
汐:ごめんなさいちょっと聞いてなかったんですけど、もう一回読んでもらっていいですか?
笠:えーっとww もう一回読ま、ないないなーい!

駒:というわけでNews315!
汐:wwwwかわいい!
駒:アジアのみなさん、お楽しみに。そろそろお別れのお時間です。皆さん315な週末をお過ごしください。それでは再配達まで
笠・駒:また来週!
汐:また来週!

笠:しゅっしゅっしゅ!


雨彦さんの「お掃除お願いします」

笠:(低くおごそかに)さて、次のコーナーは
3人:雨彦さんの「お掃除お願いします」

~BGM「Sweep Your Gloom」~

笠:…こちらはプロデューサーさんから送られてきた怖い話やお悩み相談を紹介して、供養しちゃうコーナーなんですぅ~
笠:というわけで
駒:そんなわけで
汐:ねえ

駒:大好評です
笠:大好評 ふすまが開く音大好評
汐:www
笠:んなはははwwww

駒:「ザッ…『掃除屋の力が』」
笠・駒:「必要かい?」
3人:ザンッ

3人:wwwwwwwww
駒:あれ最高だよねwwww
笠:ハハハハwwwww
駒:そんな感じで
笠:そんな感じで、また今回もご紹介して供養して参りましょう

笠:じゃあコマさん、よろしくお願いいたします
駒:…かしこまりました


深夜、異界への入口

メール:夜中にゴミ捨てに出て、帰るとドアが開かなかった(自分の部屋の階を間違えた)
※ちょっと怖い感じで読む
笠:うわ、怖そう…
汐:ガチっぽい…

笠:(スーッ)掃除屋の力が必要かい?(ピシャッ)

汐:wwwwww
笠:…ん?
汐:ん? これは?
笠:ん? ん?
駒:あのですね、すべての結論から申し上げさせていただきますと、いちばん怖かったのは5階の方です(※間違えてドアをガチャガチャされた部屋の人)
笠:そうですよね!
汐:そうだね!
駒:wwwww

笠:そうだよね、深夜にさ、ガチャガチャガチャガチャッ! っていうことだよね
駒:めちゃめちゃ怖いよこれ!!!
笠:wwwww絶対やだよ!
駒:ほんとやだよ!

汐:しかもだってさ、通路のライトついてないからさ、「誰が来たんだろう?」って…
笠:そうか、わかんない
駒:わかんないよね
汐:覗き窓から見てもわからない っていうさ…
笠:うーわ……

汐:しかも焦ってる、ほんのり見える影が焦ってるっていう
笠:焦ってるみたいな
汐:超恐怖じゃない? それ考えると
駒:ね

笠:えーと? 鍵を開けたまま出た…のかな えーと、どうだったっけ
笠:その、5階で間違った部屋の鍵穴に鍵とかはさしたりはしてない?
汐:あ、でも「震える手で鍵を開けようとした」って書いてある
駒:うん
笠:あ、そっか
汐:どんなに鍵を回しても開かなくて、さらにドアノブをガチャガチャしたっていうwww
笠:www
駒:めちゃめちゃこええよ!
汐:ダブルパンチだねwww

笠:こーわーいねえーこれ…
汐:開けようとした、開けようとしてることのほうが怖くない? 鍵穴かけて
笠:そうだよね
駒:うん、そうだね そうだよね、こっちマジで怖いやつ
笠:だって「うわほんとに鍵開けようとしてる!」って思うよね
汐:そうそうそうwww

駒:これ女性とか住まわれてたらヤバい、もう震え止まらないやつだよ
笠:しかも5階は、まあなんらかの理由で、そのー…廊下の電気がすべて切れてた
汐:それもタイミングヤバいよ
笠:ヤバいけどwww
駒:もはやお祓いとかお掃除とかじゃない、謝罪
笠:wwww
汐:そうだね、謝罪にね、行ってくださいということで

駒:でもわかんないよ これもしかしたら…
笠:えっ?
駒:6階(※投稿者の住んでいる階)だったのかもしんないよ
?:あっ
駒:(ぽつりぽつりと)6階だと思って、扉も開かず、電気も消えてて、もう一回エレベーターに乗って6階に行ったつもりだけどおんなじフロアで降りててそんときは電気がついたのかもね

笠:…はあ~
駒:一瞬違うとこ行っちゃったんじゃない?
汐:違う世界に飛んでたってこと…?
笠:だからそのときだけ…
汐:え…

駒:(か細い声)…はい、雨彦さん

笠:…wwwwwww
駒:まあそんなね 夏ってそういうシーズンですから
汐:そうだね
駒:そういうこともね、起こってくるかもしれません
汐:丑三つ時ですからねしかも
笠:みなさんあの、お疲れのこともあるかと思いますので、いろんなwww こういう世界に迷い込んじゃうことがあるかもしれませんが、はい

駒:…まあ、とりあえずみんな、おつレジェ
汐:おつレジェ
笠:そういうときはまた送って このコーナーに

駒:それではもう一通ご案内します
汐:はい、続きまして


長い髪

メール:夜中に目が覚め、ふと腰のあたりに髪の毛の手触りがあった(Pさんの髪の毛は胸のあたりの長さ)

笠:(スーッ)掃除屋の力が必要かい?(ピシャッ)

汐:なるほど…
笠:これ…さ ………え?
駒:ハッ!!! 雨彦さん! 私わかっちゃいました
笠:なんでしょう
駒:Pさんは…Cos-Playerさんなのではないでしょうか!!!!

笠:www…鋭い
汐:ああ~
駒:帰ってきたとき、かの、彼、彼なのか彼女なのかはあれですけれども、Pさんは帰られて、疲れ果てていた
笠:まあコスプレイヤーさんですもんね
駒:ものすごく長いウィッグをつけながらメイクを落とし
笠:がんばって落としたんですね
駒:服を脱いだだけで
笠:うん
駒:もうきっと体力的には限界で、彼女はそのまま寝てしまったのではないでしょうか
笠:ほうほう
駒:そして朝気づいて、髪を触っていた その反動でかつらをおもむろに取れて、鏡見たときの姿は自分はいつも通りですけど、触った感触だけは残っている
駒:そして床に落ちたウィッグには気づかず、「あれ? 私の髪の毛そういえば胸までしかない…」 っていう感じだったんじゃないすか

笠:ああ~!
汐:ん~
笠:ぶっちゃけ、わりとほんとにありそうだから、…それで


どっかの毛

駒:それで!!(驚)
笠:wwww
汐:はい! はい! はい! 雨彦さん!
駒:あ、あ、あ!

汐:あs【ととのったよ~】
※規制音

笠:おいwwwwwwwやめろwwwwwwwwww
駒:wwwwwwwww

笠:やめろー!!!!!
駒:ピーーーーーーー
汐:え? 何言ってんですか?
笠:それ、
駒:ちょっと!
笠:…「ととのったよ~」
汐:wwww
駒:「ととのったよ~」

駒:え、あs【ととのったよ~】
笠:どこの毛ですか?
汐:変なこと言った?
駒:どこの
【ととのったよ~】
笠:どこ?
駒:ああ!
笠:背中?
汐:腰あたりの、あs【ととのったよ~】

駒:腰あたりの…
笠:腰あたりに、毛ってある?
汐:あるじゃない!
駒:どこ、どこの…毛が繁殖してきてんです?
汐:??場所あるじゃないですか
笠:どういうこと? 説明すればするほど…
駒:墓穴を掘る
笠:やばい気がするよ?wwww
駒:大丈夫ですかこれは そんなに…長いんですか?【ととのったよ~】

笠:wwww
駒:おしりの毛…とかかな?
汐:そうそうそうそう! おしりの
笠:おしりの毛…
駒:おしりの毛がふさふさかな?
汐:そうそう ふさふさで
笠:を触って、「ああ伸びたなあ」って
汐:伸びたなあ~って
笠:…って思って、「ちょっと待って、私(髪の毛が)胸までしかなかった」
汐:そう、「ないんだけど!」って
笠:「もう一回触ってみよう」
汐:wwww
笠:…あるじゃん
笠・駒:wwwwww

笠:(しり毛はそこに)あるじゃん!
汐:うぅ…あるねえ あるけど、それとこれとはまたなんつうの
笠:またちょっとこう…
汐:違うの
笠:心のもちようが
汐:感覚が違かったのきっと、触ってるとき
笠:はあーーーー…
駒:なるほどね

駒:あの…この、汐谷の発言も掃除してもらってもよろしいですか
3人:wwwwwww

笠:ぜひ
駒:雨彦さん、お願いします

笠:(スーッ)さあ文康www、掃除屋の力が必要かい?(ピシャッ)

3人:wwwww
汐:wwwありがとうございます
笠:ワハハwwwww

汐:掃除してもらってありがとうございます!
笠:いやこれ俺ね、夢オチかな? って思ったんだけどね
駒:ああ~なるほど!
笠:だから夢の中で起きるって…たまにあるって言うじゃん
駒:はいはいはい
笠:夢の中で目覚めて、「え、これって夢か現実かよくわかんない。あ、夢か…」みたいな ちょっと怖い話だけどね! それも
汐:まあね

笠:「もう一回寝よう」って思って寝て、起きたって思って「これ夢じゃん!」みたいな、夢の世界から出られないみたいな それもまた怖い話だけど
駒:だからすごくリアルな感覚のまま、起きるまでの夢が実感として残ってて
笠:そうそう! で、それでまた寝て、で起きたとき、「あれ? さっき起きたとき、腰のほうで髪の毛触ったのにな…」みたいな
汐?:【ととのったよ~】
駒:そういうことだよね
笠:ちょっとwww ちょっとwww 汐谷文康さんwww 汐谷さんwwww
駒:エッジ効いてますね

笠:あの、あのー… 祓いきれない
3人:wwwww

駒:いやー…
汐:これが溜まりに溜まってる
笠:wwwwww
汐:これは一回なんかじゃ祓えねえぜ!
笠・駒:wwwww
駒:何言ってんだ、めっちゃおもしれwwwww 神回じゃねえか!

笠:じゃあそれは収録あとに思う存分祓ってやるよじゃあ!www
駒:wwww

笠:はい、ということで! 以上ありがとうございました、2通いただきました えー、以上「雨彦さんのお掃除お願いします」でした。プロデューサーさんからのメールお待ちして、(低音)います


エンディング

~BGM「String of Fate」~

汐:さて、315プロNightはそろそろEnd of Fateです。番組ではプロデューサーさんからのメールを募集しています。詳しくは番組ページのコーナー紹介をご覧ください
駒:315プロNightは毎週金曜21時から。次回の放送は5月17日になります。もしその日は無理!(汐:無理!)というプロデューサーさんは、ぜひタイムシフトをご利用ください!
笠:はーい、315プロNightではチャンネル会員を募集中。会員になるとこのあと放送されるオフサイドを聞けたり(駒:オフサイド…)、我々が書くブロマガInsiteレポートも読めちゃうので(駒:インサイド…)(汐:Insideレポート!)、Insideレポート、よろしくお願いします
笠:なお、オフサイド(汐:オフサイド…)最初の5分はwww ちょっと待って待って…なおオフサイドは最初の5分はお試しで聞けちゃいますので、ぜひ聞いてみてくださいねん!

汐:はい! ラジオ放送終了後から1時間の間、営業で上がる信頼度が…1.5倍アップ中です!
笠:wwwなんで溜めたの
笠・駒:1.5バァイ…
汐:お、お気に入り……アイドルをマイデスクに入れて営業しまs(駒:My Desk…)、な、なんで俺のとき…マイデスクいくの? あえ、営業しましょう!
笠・駒:wwww

駒:今誰としゃべってたの?ww
笠:今日すごいなあマジ…
汐:待っちゃったよ
駒:すごいじゃん今日
笠:今日も
汐:すごい、汚れが溜まって溜まって今日はね
笠:そうなんだ
汐:そうなんです あのー…やっぱ1カ月にあるんですよ周期的に
駒:ああそうなのね
汐:汚れが溜まっちゃう時期がね
笠:ああそういうことなんだ
汐:祓ってもらって、ここで汚れを落としてるんですよ

駒:海に浸かれば一発で汚れなんて取れますよ
汐:ああ、海に浸かればね
駒:うん
笠:あとはまあ、また、3人で大阪行って、葛葉神社に行きましょう
汐:そうだね!
駒:え!!! スパじゃないの?
汐:お清め行こう
笠:(神社に)行って、スパだよ 行ってスパだよ そのあと関空まで行って関空からニューヨークだ!
駒:イエ~!!

汐・駒:イエーイ!!!
笠:ニューヨーク行こう
汐:行きたいニューヨーク
駒:いきたーい
笠:まじで
汐:はい、行きましょう
笠:まあこんな感じでねwww すーぐ脱線する
駒:早く終わりなさいって言われてるでしょ! もう

汐:はい、というわけで本日の315プロNightはここまで! お相手は北村想楽役、汐谷文康と
駒:古論クリス役、駒田航と
笠:葛之葉雨彦役、笠間淳でした! それではみなさん、

3人:おやスピ~~~~~~~zzz…

315プロNight#208 2019/5/3

凡例

各人の発言は文字色で分けています。
笠間さん=
汐谷さん=
駒田さん=
※キャラクターの個人カラーに基づいています

太字=エコーがかかった部分
駒田さんの発言におけるイタリック表記=発音がいい

※なんとなくですが、寸劇については詳細な文字起こしはしません。なんとなく
※有料放送のオフサイドについては個人的に記録していますが、公開はしません


315プロNight#208 2019/5/3

寸劇

ボイストレーニングの反省と復習

オープニングトーク

駒:プロデューサーさんおはレジェ! 古論クリス役、駒田航です
笠:プロデューサーさんおはレジェ! 葛之葉雨彦役、笠間淳です
汐:プロデューサーさんおはレジェ! 北村想楽役、汐谷文康です

笠:ど~も~~~ よろしくお願いいたします~
汐:いえ~~~い ドンドンパフパフ~~
駒:うん、うん!


髪を切った話

笠:ふみん。髪切った?
汐:あ髪切った!
笠:前髪、だけ?
汐:えーとね
笠:全部?
汐:えーと、ぜんぶぜんぶ
駒:全部って言うと
笠・駒:wwwww
駒:なくなっちゃったみたい!

汐:全部切ったよ!
笠:なんか今日、少年みが増したなと思って
汐:あ、ほんと? そうそうそう、髪の毛もちょっとね色が落ちて明るくなっちゃったから
笠:あ、そうなんだ
汐:ちょっと落ち着かせました
笠:ほえーーー

汐:じゅじゅんも髪切ったよね
笠:切った!
汐:あ、切った? そうだよね
笠:いつだろう、たぶんね、一週間前くらい
汐:ちょっと経ってる
笠:そうそうそう わりとね、俺この時期になるとね、俺うしろの髪がすげえボリュームがあって
汐・駒:うん
笠:ボワッ! ってなんのよ
汐:うんうん
笠:だから、「ちょっとどうにかなんないすかねえ~」って美容師さんに言ったら
駒:その顔よ
笠:「じゃ! 切りましょう!」って言われてwww バーッてやられて
駒:オレその美容師やだ!www こわいなんか!
笠:「じゃ切りましょう!」つって、「じゃお願いします!」つって だいぶ楽になった、セットも
汐:確かに。だいぶ、髪の毛があれですね 鳥の換毛期のように
駒:オァ?!
笠:アッハハハwww
笠:なに? ディスってんの?

駒:ずいぶんな言い方だなあオイ
汐:抜けましたねみたいな
駒:自分はテュルンテュルンだからって アア?
笠:そうだよ自分テュルンテュルンでキューティクルを発揮しやがってよ
駒:なんだなんだこれ 水も弾くような髪の毛しやがって
汐:生まれ持った…才能ですよ
笠:wwww
駒:ああ?! なんだこれ、す、すげーな 見てくれこのサラサラ、サラサラー

笠:ちなみにね、今こまちゃんがふーみんの隣に座ってるんですけど
汐:あ、そうそうそう
笠:収録中…今ずっと髪触ってましたwww
駒:ツルンツルンなんだもん
笠:いやこれは確かにね あ、色も入れたんだ 暗めのやつ
汐:色もちょっと入れた! 暗めにしました
笠・駒:ほえーーー

駒:じゅじゅんって髪染めたことある?
笠:あるよ
駒:何色?
笠:一回だけ染めたことあったじゃん俺
汐:あ、茶色にしてたかちょっと
駒:あーーーー確かに
笠:そうそうそう

笠:でもねえ、なんか俺いちばんさ、カラーリングでかっこいいなって思うのがさ、インナーカラーなのよ
汐:あ~~なんか言ってたね やりたいって
笠:だけど、男(で)インナーカラーって…
汐:あんま見ない…
笠:見ないじゃん だってインナーカラーって何がかっこいいかって、ロングの人がさ、内側にハイライトを入れてるっつうのがかっこいいわけで、男がさ、なんか短い髪でやってもあんまり…
汐:うんうん
駒:ロングにしちゃえば、じゃあ
笠:wwwやっちゃう?
駒:古論みたいにさ!
笠・汐:wwwww

笠:ほんと俺ねえ、インナーカラーやりたいんだけどねえ~…ちょっとできないよね
汐:やるとしたら何色入れたいの?
駒:確かに
笠:金
汐:金か! ああ~
駒:え、黒髪に金? 内側に入れんの?
笠:黒髪に金
汐:なるほどね
駒:へえ~~~

笠:男ができるってなると、襟足のところくらいじゃんか
汐:そうだね
笠:だいたい、男の髪の長さでできるっつったらさ でもそうなるとバンドマンみたいになっちゃうからさ
汐:アハハ
笠:そ~れはちょっと違う…
駒:イケてるお母さんのもとで歩いてる小学生感あるよ
笠:wwwwww
汐:あ~~!!
駒:なんていうんだっけあの後ろだけ
笠:襟足超長いやつでしょ
汐:わかるわかる
笠:襟足超長くって、
駒:ウルフカット!
笠:ウルフカットウルフカット
汐:いたいたいた!
笠:あれでもウルフカットって昔けっこう流行ったよね
汐:流行ってた流行ってた
駒:流行ってたね
汐:10年前くらいかな
笠:10年ま…そんなもんだっけ?
汐:もっと前か!
駒:もっと前だよ オレたちがもっとちっこいころだもん
笠:そうだと思う
駒:20年くらいだよね
笠:俺がたぶん、中学とか小学校高学年くらいだもん
汐:あ、そんな前から流行ってたんだ
笠:ウルフカットって
汐:へえ~~~


遠くにいくマイク

駒:ちょっと待ってwww オレのマイクさっきから遠ざかってない?
笠:え? wwww
汐:うそ
駒:遠ざかってますよね?!
汐:やっぱ声デカイから…
笠:デカいからじゃない?
汐:声がデカいからだんだん離れてってる
駒:戻しまーす!
笠:アッハッハッハwwwww

駒:すごい動いてない?www(ズズズ、とずらす音)
笠:ハッハッハwwwwww
汐:ほんとだ!
(ゴリゴリとずらす音)
汐:あ、止まりました?
駒:止まりましたね よかったwwwww
笠:よかったよかったwwww
駒:すごいwww遠くにwwww

笠:いやびっくりしたよ それ駒ちゃんのマイクだと思わなかったもん一瞬
駒:ね、向かい側の作家さんのほうかと思った
笠:そうそうそう
駒:ヤバいヤバい

笠:というわけでww
駒:ハイ! それではプロデューサーさん、今週も僕らと最高な夜を過ごしましょう! 315プロNight…
3人:スタートです!


315コミュニケーション

駒:それでは! 最初のコーナーは?
3人:315コミュニケーション!!

駒:こちらはプロデューサーさんからのメールをご紹介するコーナーでぇす!
笠:はいはいぃ~!
汐:紹介しちゃって!


メール:葛葉神社に行った話

駒:はい!じゃあ僕から行きましょう
メール:葛葉神社に行った話

笠:大阪にあるんだね!
汐:大阪~! こないだ行ってた~!
笠:そういえばなんか行ってたよね
汐:イベントで行って来たんだよ大阪!
笠:そっかそっかそっか
駒:なんで行かなかったのお?
笠:笹くんと一緒でしょ
汐:笹翼くんと一緒で…うわあ~行けばよかった

笠:和泉市にあるんだね
汐:へえ~~~
駒:もしかしたらじゅじゅんも関西弁だった可能性があるわけだね、雨彦
笠:wwwまあそうだね これどういう成り立ちのところだったっけ?
汐:葛葉神社? わかんない…
笠:葛葉神社ってさ…ちょっと待って
駒:これかな?
(看板の画像が表示される)

笠:画像に説明もいただいてる
笠:はいはいはい…だからこの、安倍晴明のお母さんだと言われている「葛の葉」っていう狐? にゆかりがある神社ってことなんだね

汐:へえ~~~~
駒:お母さん狐なんだね
笠:いろいろこう、妄想が膨らむよね
駒:ねえなんか 九尾とかだったらね
笠:確かそうなんだよ 安倍晴明(の)お母さんね、化け狐って伝説があるんだよ
汐:人の子じゃない…おもしろーい

しおやくんの大阪観光

笠:いいね、大阪って楽しいよね どうだったの? ふーみん、観光できたの? こないだ
汐:観光ね、した! 通天閣とかはね見てきた
笠:はいはい
汐:通天閣行って、通天閣の近くにあるスーパー銭湯みたいなとこ入って、たこ焼き食べて…
笠:スーパー銭湯入ったの?www
汐:なんかね、スーパー銭湯みたいな…なんだっけ名前忘れちゃったんだけど
笠:なになに?
汐:スパワールドスパワールドだったかな? あるんだよなんか、海外のお風呂、たとえばギリシャだったかな?
駒:テルマエ?
汐:テルマエロマエみたいな雰囲気の温泉なのよ ディズニーランドみたいになってて、温泉が
笠:じゃあ結構すごいんだ
汐:そう、広いのほんとに

駒:これみんなすっぽんぽーんで入るの?
汐:すっぽんぽんでみんな歩いてる
笠:あ、そうなんだ 水着とかじゃなくて?
汐:水着とかじゃなくて タオルとかね、持ってはいるけど
駒:これ混浴?
汐:混浴じゃないさすがにwww
笠:混浴じゃないよね?

笠:ヨーロッパゾーンと、アジアゾーンと分かれてんだ
汐:そう、このヨーロッパゾーンとかが
笠:うわっ! すごっ!
汐:全部同じフロアにあんのよ
駒:えっ! 楽しそうじゃね?!
笠:行きたい! ここ
汐:行こうよ 面白かったよ

笠:俺たちさ、俺たち裸の…風呂の付き合いをしたのはさ、高尾山以来でしょ
汐:そうだね~ デビューしたてのころだね
笠:そう、デビューしたてのときwww
汐:高尾山で入ったきりだからね
笠:高尾の湯でさ、やったきりだから
駒:それ言わないとね、まるで高尾山裸で登ったみたいな
笠・汐:wwwwww
駒:ほんと危ない危ない

駒:すごいねでも!
笠:これ行きたいね
駒:青の洞窟とかあったよ
汐:そうなのそうなの
笠:青の洞窟? イタリアの? わっすごっ!
駒:青の洞窟ってスパゲッティだけかと思ってたよ
笠・駒:ワハハwwwwww

笠:だから、青の洞窟を、
汐:再現した…
笠:フィーチャーされた…あれでしょ?
駒:いいなあ~ そんなに規模がデカいの?
汐:そう! マジでデカいよ
笠:全部入ったの? ふーみん
汐:全部は入れなかった、さすがに
笠:あ、そうなんだ
汐:広いから、ほんとに

汐:でもね露天風呂もあって、露天風呂はなんか滝が流れてんの
笠:wwwwえ?
汐:滝に打たれてちょっと修行みたいなことしたし
駒:ええ~…
笠:え、マジでほんとに滝行みたいなことができる滝なの?
汐:できるできるできる!
笠・駒:へえ~~~~
汐:ドドドドってほんとに

駒:ドクターフィッシュもおるよ
汐:いるのいるの
笠:え、ひとりで行ったの?
汐:ううん、だから一緒に行った笹くんと
笠:笹くんと一緒に入ったんだ
汐:一緒に入った
笠・駒:へえ~~~~~

汐:一日1300円とかで入れるの
駒:やっす!!
笠:あ、そう
汐:いいよ
笠:へえ~~~~
駒:ふやけるまで行きたいね
汐:岩盤浴もあるし、サウナもあるし
笠:いいねえ…
汐:一日いれちゃう

笠:ご飯屋なんかもあんの?
汐:ご飯屋…でも通天閣の通りがご飯屋とかいっぱいあるから
笠:あ、そういうことね
駒:でもフードゾーンあるよ
汐:フードゾーンもあるんだ

汐:もう一日いれる
笠:すごいじゃんアミューズメント施設だね
汐:そうだね
駒:飯食って風呂入って飯食って風呂入ってだね
笠:wwwww
駒:最高

笠:駒ちゃん大好きでしょそんなの
駒:大好き!もう ほんとに、そんな人生でいい
笠:wwwwww

汐:それこそ、お風呂場の中にもカフェスペースがあって
駒:ええ?!
笠:どういうこと? なになに、すっぽんぽんでさwwww
汐:すっぽんぽんでご飯食べれんの
笠:カッカッカwwwwwwwwwww
駒:wwwwめっちゃウケてるwwww
笠:マジで?!

汐:ほんとに! でも店員さんがいて、店員さんは服着てんの ちゃんと
笠:だろうよ!
駒:wwww店員さんも脱いでたらめっちゃおもろいwwww
笠:ちょっと待って、男湯の店員はもちろん男性でしょ?
汐:もちろん男性さんだよ 俺が行ったときは若い男の方が…
笠:びっくりした…
駒:それはそうじゃないと大変でしょ はーおもしろい

笠:ちょっとなんか、いろんな意味ですごいね
汐:そうね
駒:なんか、全然もろに話脱線したけど
笠:ぜんぜん話脱線したけど、ごめんなさいね本当に
駒:大阪行きたいね
汐:大阪行きたいよ

笠:『ご用事があったらぜひ』っておっしゃってくださってるから
駒:この用事で…
笠:この用事で行きたいよwww
汐:そうね スパワールド行くっていう
笠:すごいなあ、へえ~初めて知った
駒:いやあ面白い


メール:ファンの総称

笠:はい、というわけで2通目いきましょうか
『エンジェルちゃん・エンジェルくんのようなファンの総称をつけるとしたら?』

駒:難しいな~! クリスさんね、ゆうてプロデューサーさんと魚を明確に分けてるからね
笠:そうだよね!
駒:強いて言うなら名古屋で僕がぶちかました「深海魚」かな
笠:www
汐:出た! 強いて言わなくてもお魚じゃん
笠:言ってたねそういえば
駒:あれメッチャおもしろかったよね
笠:「深海魚です!」って言って、「いやいや人間」って言ったやつでしょww
駒:言ってる本人も周りのキャストもお客さんも全員笑うっていう、プロデューサーさんも

笠:これねえ、雨彦はもう決まってるっしょ
駒:なんて言うんですか?
笠:雨彦は「お前さん」でしょ? たぶん
駒:お前さんって呼べない…要はモノとして例えなきゃいけなくなったとき何に例える?
汐:ああ~
駒:エンジェルと…
笠:だ、誰を? プロデューサーさんを?
駒:プロデューサーさんを
汐:何かに例えて言うっていうことね

笠:うーん…ふつうに今現代ね、清掃業者でやってらっしゃる方は、たぶん「リーダー」とか言うんだろうけど
駒:そうね
笠:「チームリーダー」とか言うんだろうけど、たぶん雨彦はね、「よう親方」ってwww
汐:え、待って! あれも言ってほしい、「旦那」とか「お嬢」とか
笠:あー! あ、それもあるかもね!
汐:ちょっと似合いそうだよね
駒:やー似合いそう! SPじゃん完全にね
汐:ああ、そうそうそうね
笠:そうか、「調子はどうだい? お嬢」とか
汐:ああいいね! 似合う似合う
笠:「調子はどうだい? 旦那」みたいな
汐:いいね! いいんじゃない?

駒:コロクリはね、あれよ さっきふーみんとも考えたんだけど
笠・汐:うん
駒:マーメイドちゃん
笠:ワハハwwwww
駒:マーメイドちゃん
笠:あ~なるほど!
駒:で、男の人のことを、マーマンさん
笠:マーマンさん! マーマンって言うんだ、いわゆる人魚の男性バージョンのことを
駒:そうそうそう
笠:はあ~
駒:だから「マーメイドさん、マーマンさん」…誰だ今ザーボンさんって言ったのは!!
笠・汐:wwwww
笠:そうだよ! 弊社の大先輩!
駒:弊社の大先輩www すいませんお借りしました、ちょっと違うんです

汐:じゃ俺「鉛筆くん」と「消しゴムちゃん」にするわ
笠:鉛筆くんと消しゴムちゃん?
駒:ああ、いいね
汐:「鉛筆くん、消しゴムちゃん?」って
笠:ちょっとちょっと、それライブ会場で言うの? それ
汐:アハハww

笠:「鉛筆くーん!」
汐:「鉛筆くんのみんなー!」
笠:ウオーッ!
駒:「消しゴムちゃーん!」
笠:イヤーッ! みたいなwww
駒:すげえさっきから「時間来てるよ」って煽られて
笠:そうそうごめんなさい
駒:そろそろ終わりますからね
汐:すいません

駒:そんな感じでね、315コミュニケーションでした プロデューサーさんからのメールお待ちしております!
笠:ます!


NEWS315

笠:みなさんこんばんは。今週も始まりましたNEWS315、こちらは315なニュースをいち早~く皆さんへお伝えする番組です。わたくし、キャスターの笠間淳です。よろしくお願いいたします
汐:同じく、キャスターの汐谷ふみよです。よろしくお願いいたします(笠:かわいいなふみよ…) そして本日のコメンテーターは、駒田こう子さんです
笠:よっ! こう子!
駒:よろしくオネシャイシャス、こう子と申します

笠:こう子さんはネット通販で売り切れ続出のハンドメイドアクセサリー職人さんということで、その分野からの貴重な意見を伺いたいと思っておりた、思っておったり思わなかったりしております
笠:それでは最初のニュースを

モバ:アウトドアミュージックフェス2019※省略
ステ:花咲く初夏のセレモニーライブ※省略
※合いの手で喘ぎ始めるふみよ

笠:このニュースについてこう子さんはどうお考えですか?
駒:ンァーーーーーーーーアアア素敵!
笠:ンーーーありがとう!!
汐:ンァアッ……(喘)

駒:wwww
笠:wwwwwwふみよ!!!(怒)
汐:すみませんっ
笠:息多めだな!
駒:ふみよ!
笠:ふみよ、GO!
駒:ふみよ!
汐:アウッ! 続いてのニュースです!

音楽情報:THE IDOLM@STER SideM 4th ANNIVERSARY DISC 「LIVE in your SMILE / DREAM JOURNEY」
ライブ情報:THE IDOLM@STER SideM 4th STAGE TRE@SURE GATE
※息多めで読み上げるふみよ

汐:詳しくはオフィシャルサイトをご覧くだっさい…! アァンッ…(喘)
汐:このニュースについて、こう子さんはどうお考えですか?

駒:アァンッビリーバボー!!!(喘)
汐:アアッそうですよね!!(喘)
笠:wwwwふみよOK?
汐:OK…!(喘) エス、イエス、イエェスッ…!!

笠:wwwwNEWS315、そろそろお別れのお時間です。皆さん315な週末をお過ごしください。それでは、
3人:また来週!
汐:イエッス!(喘)

笠:ちょ、大丈夫…?www
汐:エス、イエス…!!

事務所だいじょうぶかな?


伝説の偉人をプロデュース

汐:さて、次のコーナーは?
3人:伝説の偉人をプロデュース!

~BGM「Flowing Freedom」~

汐:はーい、プロデューサーさんと僕たちLegendersで新しい偉人をつくりあげていこうというコーナーです~!
駒:素晴らしい
笠:いや~さすがこの企画の発起人であるだけにね、ノリノリで
汐:ノリノリでお届けしますよ
笠:ふーみんお届けしましょうよ
汐:今日はね、テンション上がりきってますから、もうさっきの…(笑)
笠:ふはははwww
駒:ひどかったよ
汐:ニュース…俺が事故ってたもん
駒:でも楽しそうだったよ
笠:楽しそうだった
汐:wwwうん、楽しかったです
笠:なんか思いが発露してた
汐:wwwそうね、ふだんなかなかね 出せないんだよねこういうとこね
駒:今ごろ事務所で会議が行われて
3人:wwww
汐:きっと怒られます
駒:「汐谷の売り方」って
汐:www


ぬるみざわぬるみ

汐:はい、というわけで募集した偉人がありましたね、僕たち3人でつくりあげた
笠:はい!
汐:ぬるみざわぬるみという
笠:ぬるみちゃん!駒:ハッハwwwww
汐:偉人ですね これにプロデューサーさんのみんなで設定を考えてもらおう、絵をつけてもらおうというね
笠:これすごいよなあ…

汐:えーと、一応「人類史上初めてナマコを食べた人」という設定だけはあって、それをね膨らませていただいたので
笠:はいはいはい
汐:さっそくどしどし読んでいきたいと思います
笠:お願いします!
駒:任せる!


ぬるみの伝記1

メール:ナマコのおしりにストローを刺したら放出された内臓が美味しかったのでこのわたが出来、残った部分も捨ててはいけないと酢の物になった(要約)
駒:誰が「このわたる」や!
笠:wwww誰がこまわたや!

駒:まあでもね、素晴らしいね!
笠:まあでもね、ここまでね
駒:めちゃめちゃ面白いじゃん!
笠:設定をつけられるなんてね、すごいよね!
駒:偉人にも関わらず「おまけ目当てに買ったお菓子」
笠:そうだよね
駒:当時からおまけ制度があったんだね?
笠・汐:wwww

笠:ある意味これ、ぬるみのお母さんも偉人だよね
汐・駒:そうだね
笠:お母さんの教えがあったからこそ、ナマコの身を酢の物として食べるようになったわけだから
駒:厳格なおうちだったんだね

笠:これでもこのわたってさ、俺久しぶりに聞いたわ そういえばあるある
汐:ww初めて読んだかもしれない、このわた
笠:あるある酒のあてで、あるよ確かに
汐:うんうん
笠:あんまりないけどね、居酒屋には
汐:ないよね、そうだよね
駒:あんま聞かない…でもウニとからすみに並んでんだなって思うとこいつ結構なポジションにいるぜ
汐:確かに
笠:wwwそうだけどね

汐:ちょっと食べてみたいわ、このわた
笠:このわたね あ、今調べていただいてます
汐:お! 調べていただいてますか?
笠:あ、そうそうそうこんな感じこんな感じ
汐・駒:うわ~~~!!!
駒:見た目はちょっとオレ嫌だ~!!
汐:すごいぬるぬるしてる!

笠:確かねわりとね、もう海の香りムンムンなのよ
汐:ムンムンなんだ! でもお酒には合う…感じだね
笠:お酒には確かに合うかな~と思うんだけど
汐:たぶんご飯とかかけたらおいしそうだな~
笠:そうね
駒:コラ、コラーゲンすごそうね
汐:www
笠:wwwコラーゲンは…
汐:プリン体とかもけっこう入ってそうだよ
笠:プリン体はあると思うよだいぶ

笠:で、しかもすごいねこれストロー、おしりに、ナマコの? おしりにストローを
駒:入れてプーッと膨らませるんだよ
笠:プーッと膨らませてたらブワッッと出て、「アゥワッ」て食べちゃったわけでしょ
汐:「アアッ…!」(ふみよ風)つって
笠:で、「うまい…っ!」(ふみよ風)ってなったわけでしょwww
笠・駒:wwww
汐:「イエス…ッ!」(ふみよ)ってなった

駒:いやあ、名前に恥じぬきっかけですよね
笠:そもそもさ、「カエルのおしりにストローを刺して膨らませる遊びが大好き」ってかなり…かなりわりとサイコパスww
汐:wwwwそうだねww笠:な匂いがww だって確かに、これ子ども時代によくやったみたいな人ってたまにいるけど、俺の周りではいなかったもん
駒:いやねえでもねえ、そんなめったにいませんから
汐:なかなかね
駒:まああくまで設定という意味でね
笠:そうそうぬるみだからね!駒:ぬるみはすごいやつだから


ぬるみの伝記2

駒:そんな感じで次のメールいきまーす!
メール:新米海女のぬるみが海で遭難しかけ、ナマコをきゅうりのぬか漬けと勘違いして食べてしまった

※イラスト表示
笠:wwww
駒:おい! ほんとにイラストレーターか!!!!
笠:ぬるみのイラストもいただいておりますww
汐:やばいwww

笠:これ、マジガチなイラストレーターさんかもね、これねえ
駒:これわざと(ゆるめのイラスト)かなあ わざと利き手じゃない方で描いてたとかじゃめっちゃおもしろくない?
笠:あっはっはwww でもやっぱりなんか絵心がバンバンに感じるしね
汐:これちょっとCV笠間淳の香りがほのかにしますね
駒:するね なんか目の開き具合とかさ、「ぬるりぬるり」の効果音とかじゅじゅんっぽい
汐:だって…あの…

笠:「あら~結構イケるじゃない~~みんなにも教えてあげなきゃ~!」(妖怪っぽい声)(?)

汐・駒:wwww
駒:ひどいwww

笠:だってこの瞳はあんな声でしょ たぶん
汐:あんな声ww 完全にあの声をイメージして描いてもらった気がする
笠:ただひとつ言うと、遭難しかけてるくせに超元気だけど
汐:wwwwこれで元気になったんだよたぶん
笠:そうねww 食べて元気になったんだね

駒:ぬるみざわのぬるみのサインもちょっとかっこいいんだよね
汐:そうそうそうそう
笠:wwww
汐:サインかっこいいんだよね
笠:ぬるみのサインね!

駒:これちょっと、本チャンの絵描いてみてほしいね
汐:本気で描いたらめちゃめちゃうまい人の気がしますよ
笠:ぜひもしよろしければ、ガチのやつを描いてきていただけるととても喜びます
汐・駒:はい!


次回のお題「島国 波奈南」

汐:はい、ということで最後にですね、次回の!
笠:お題?
汐:偉人のお題をね、紹介していきたいと思います
笠:というわけでございます

汐:で今回は、えーっとwww僕たちが3人で協力してイラストを描きました
笠:そうなんです
汐:はい、じゃあちょっと見ますか

汐:せーの、
笠・汐:どん!

※イラスト表示
笠:はいこちら
汐:はい、こちらですww
駒:どうすか?
汐:www

笠:こちら、3人のペンネーム「本業はイラストレーター」…
汐・駒:wwwww

汐:はい、あのー僕が顔部分を担当して、駒ちゃんが髪の毛、じゅじゅんが体を
笠:体を担当しました
汐:描いてもらいました
駒:素晴らしいコンビネーションだよね
笠:も~~、なんか、すごいよねこれはね
汐:すごいですね、合作
駒:もうさ、頭がどデカいバナナが剥けてんだよね
笠・汐:wwwwww

笠:すごいよね! 絶対こんな髪型できないもん!
駒:できない、やってみたいよねこれ
笠:これでもある意味、ある意味、おろしたときちょっと萌えポイントかもね
汐:あ、確かにね!
笠:彼が
駒:wwwめっちゃ隠れてる! めっちゃ隠れてる!!
汐:綺麗な髪
笠:そう、綺麗な髪と
汐:サラッサラかもしれない

駒:ふーみんじゃない?! そういう意味じゃ
汐:ほんとに?!
笠:wwww
汐:俺の前世だったかもしれない?
笠:ふーみんもこんな体つきしてんの、脱いだらね
駒:脱いだらねえ
汐:そうそうそう

駒:名前をね、みんなにも考えてほしくて
笠:ああ、そうですね
駒:いちおう僕らも考えたんだけど、発表しちゃっていーい?
汐:じゃあ、お願いします
笠:はい

駒:あのー、島国(とうごく)
笠:はい
駒:ななまん、あっ間違えちゃったwww
3人:wwww
汐:うそうそうそwww
笠:待て待て!
駒:島国 波奈南(とうごく・ばななん)ですwww

駒:「島国」と書いて「とうごく」と読み、
笠:とうごく・ばななんね
駒:「波」に
笠:波に、奈良の「奈」?
駒:奈良の「奈」に、「南」と書いて
笠:ああ、Southの南ね
駒:「ばななん」と
汐:ばななんですね

駒:彼は、基本設定はバナナを日本という国に伝えた男
笠:あー! なるほどなるほど!
駒:偉大じゃん?
笠:はいはいはい 確かに
駒:偉大でしょ? で、彼はもちろんこんな見た目をしていますんで、バナナを伝えただけではないだろうと!
笠:なるほど
駒:この偉人のWikipediaに書かれていない
汐:数々のね
駒:みんなが知ってる彼の記憶を教えてほしい! どういう偉人だったかを! バナナを日本に伝えた以外に何があるのかを僕らに教えてくれ!

駒:そして島国 波奈南は俺たちの記憶のかけらだから、もしかして違う名前だったかも
笠:ああそうね!
駒:という意味でみんなにも名前を考えてほしい
笠:そういうことだ!
汐:考えてほしい

駒:彼のプロフィールをしっっかりと完成させていただきたい!
笠:そうね
汐:うん!
駒:という感じで今回のお題とさせていただければと思います
笠:です!
汐:お願いしまーす!

汐:ということで、以上「伝説の偉人をプロデュース」でした! プロデューサーさんからの情報お待ちしています!


エンディング

~BGM「String of Fate」~

駒:さて、しゃべりまくりの315プロNight、そろそろEnd of Fate
笠:End of Fate
駒:番組ではプロデューサーさんからのメールを募集しています。詳しくは番組ページのコーナー紹介をご覧ください

笠:315プロNightは毎週金曜21時から。次回の放送は5月10日になります。もしその日は…無理!(汐:無理!)というプロデューサーさんは、ぜひタイムシフトをご利用ください!
汐:315プロNightではチャンネル会員を募集中。会員になるとこのあと放送されるオフサイドを聞けたり、我々が書くブロマガInsiteレポートも読めちゃうので、よろしくお願いします

笠:うん!
駒:んにゃ!

汐:なお、オフサイドは最初の5分はお試しで聞けちゃいますので、ぜひ聞いてみてくださいね!
笠:キイテクダサイネ

駒:は~いそんな感じで、ラジオ放送終了後から1時間の間は、営業で上がる信頼度が1.5倍アップ中です(笠:はいはい 汐:イェス!) お気に入りアイドルをマイデスクに入れて、営業しましょう!
汐:イェ~ッス!
笠:wwww

駒:どうしたどうした? ハマってんなあ
笠:ふみ…ふみよ~
汐:ははwww はい! ンン゛ッ
笠:wwww
駒:声ガッサガサや やりすぎ注意ってやつだよ
汐:疲れた~
笠:しゃべりすぎたからね! しゃべりすぎたからってこともあり、ふみよの声もガラガラだし
汐:そう、ガラガラですよ
笠:尺もギリギリということで!

駒:伝説の偉人、また次どうなるか楽しみですね
汐:はい!
笠:待っておりまーす
駒:ぬるみ超え楽しみにしています! というわけで本日の315プロNightはここまで! お相手は古論クリス役、駒田航と
笠:葛之葉雨彦役、笠間淳
汐:北村想楽役、汐谷文康でした! それではみなさん、

3人:おやスピ~~~~~~~イヤッフゥ!!!